2020 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 08

日本縦断徒歩の旅【東日本編16】桑川~鼠ヶ関

ボリュームたっぷりの食事と親切な対応をしてくれた民宿のご夫婦に見送られて出発。
ご主人曰く、これまでに何人も徒歩縦断の旅人を泊めたそうだ。
もっとも、還暦過ぎの人はほとんどいなかったようだが。

桑川から始まる景勝地『笹川流れ』はかつての北国街道の難所として知られ、今川集落あたりの海岸線まで奇岩、岩峰が続いていた。
昨日から見守られるように離れない粟島は、歩を進めるにつれ遠くなっていった。

国道345号線は桑川から越後寒川までの10キロくらいの区間で歩道がなくなったが、日曜とあって交通量が少ないのが救いだった。
さらにトンネルが連続したが、トンネル内には幅50センチほどの歩道があり、念のためザックに蛍光ステッカーを貼り、肩に蛍光たすきをかけて歩いた。

鼠ヶ関の手前で県境を突破し、山形県に入った。
南北に長い新潟県を突破するのに延べ9日を費やしたことになるが、今となっては長野県を越えて新潟県に入ったときの感動はすっかり忘れている。

今日の行程は22キロほどなので、宿がある鼠ヶ関には14時頃に着いた。
今夜泊まる民宿を電話で予約する際に、女将さんから頑なに15時以後にチェックインして欲しいと言われ、返す言葉もなかったが、理由は毎日くたくたになるので、休み時間が必要だということだった。

‥ということで、鼠ヶ関に早く着いてしまってもすることがなく、弁天島が見える公園でぼんやりと海を眺めることになった。

晴れない梅雨空に一日中捕まった日だったが、今日も雨具を着ることなく歩くことができた。
宿に着いたときに雨が降りだしたのは、昨日と同じラッキーなパターンだった。

■2020年7月5日 新潟県村上市~山形県鶴岡市 35692歩 23.19キロ

20200705195336094.jpg
※桑川の民宿を出ると、笹川流れの景色が始まった。

202007051953338f4.jpg
※トンネルが連続する国道345号線

20200705195335044.jpg
※トンネル内には歩道があった

2020070519533895d.jpg
※粟島は今日もずっと寄り添ってくれた

20200705195339921.jpg
※今川の集落を歩く

20200705195341b62.jpg

20200705195342555.jpg
※海岸にはゴミが目立つ

2020070519534547e.jpg
※歩道に落ちていたフグ。釣り人が捨てたのだろうか

20200705195344214.jpg

20200705195347fc3.jpg
※粟島が遠くになった

20200705195348dd4.jpg
海岸線を走る羽越本線の車輌

202007051953500b2.jpg
※県境の指標

202007051953518c8.jpg
※新潟県は長かった。山形県に突入

20200705195354cb3.jpg
※鼠ヶ関の公園から粟島を見る

20200705195353492.jpg

20200705195330bbf.jpg
※民宿で。雨が降っているのに夕日が見えた


メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ

スポンサーサイト



[ 2020/07/05 ] 日本縦断徒歩の旅 | TB(0) | CM(0)

日本縦断徒歩の旅【東日本編15】村上~桑川

時間に追われたり、気にする生活はこの春の退職で終わりを告げたはずなのに、脳内時計は相変わらず時間を気にしている。
休憩していても、(あと10分で出発しよう)
歩いていても(60分歩いたら休憩しよう)‥こんな感じだ。

毎日規則正しく満員電車に揺られていた、長年のサラリーマン生活の性は簡単には消えないようだ。
今日は18キロの行程しかないので、時間を気にせずに、時計を見ずにのんびり歩くことにした。
景色の良い場所があったらザックを下ろし、腹が減ったら飯を食い、気が向いたらカミさんにLINEをする。
時間を忘れることで非日常の楽しさを味わう。
これこそ旅の醍醐味だ。

歩く旅はなんとも贅沢だとつくづく思う。
時間配分はすべて自分の足が決めるからだ。

今日は明け方まで強く降っていた雨が止んでからの遅い出発となった。
村上の市街地から日本海に出ると海上に粟島の姿があり、ずっと島を見ながらの歩きである。
潮の香りが鼻をついて離れない。

国道345号線は整備された歩道がついており安心して歩くことができた。
海ばかりでは飽きるので、集落が出てくるたびに横道に逸れると、小さな発見もあった。
集落内には津波の避難経路の表示や防火水槽が目につき、民家の玄関先には水汲み場も。
まだまだ知らないことは多い。

越後早川駅を過ぎると粟島の島影はどんどん近づき、ゴールの桑川に着いたときには手に届く近さとなった。
持ちこたえてくれた梅雨空は、この旅初めての民宿の暖簾をくぐると同時に、申し合わせたように雨になった。

■2020年7月4日 新潟県村上市 29167歩 18.95キロ

202007041907106a4.jpg
※明治時代の最後の即身成仏が安置されている村上の観音寺

202007041907115c5.jpg
※観音寺で。仁王像があった

2020070419071201f.jpg
※日本海に出ると三面川と海岸線がすっきりと見えた

202007041907144d3.jpg
※国道沿いに佇むお地蔵さま

20200704190716284.jpg

202007041907176ed.jpg
※粟島が遠くに見えた

202007041908408a9.jpg
※集落の民家には水汲み場があった

2020070419084207d.jpg

20200704190843e51.jpg
※国道345号線の歩道は広く快適

202007041908457a5.jpg

20200704190846b41.jpg
※バス停の休憩場。しばし昼寝

20200704190848a77.jpg
※越後早川駅。

20200704190849ba8.jpg
※粟島が近づいてきた

2020070419085166c.jpg
※集落を歩く

20200704190852daf.jpg
※旅人は北を目指す

2020070419085483b.jpg
※粟島が更に大きくなった

20200704191021fbd.jpg

20200704191023eba.jpg
※この注意書き、豊富な海の幸があることを教えている

202007041910265ed.jpg

20200704191024d9a.jpg
※景勝地笹川流れの桑川に到着

20200704191028dd7.jpg
※民宿の食べきれないほどの夕食に舌鼓を打った


メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ

[ 2020/07/04 ] 日本縦断徒歩の旅 | TB(0) | CM(0)

日本縦断徒歩の旅【東日本編14】中条~村上

放浪画家の山下清は線路に沿って歩いたという。
海援隊が歌った「思えば遠くに来たもんだ」では、歌詞の中にレールに耳を当てるフレーズが出てくる。
今でこそ線路内の立ち入りは許されないが、その昔はおおらかな時代だった。

私も線路に沿った道を歩いている。
トラックが行き交う国道は、歩いていても騒々しくて落ち着かないし、何といっても無機的だ。
生活感が漂う線路沿いは、歩くたびに景色が変わり、それを見ているだけで心が踊る。

今日は中条から坂町までの区間を羽越本線に沿って歩いた。
カタコトと走る普通電車や貨物列車が田園風景に見事に映えていた。

鮭が遡る荒川を渡り、広域農道から仕方なく国道7号線に入ると1台のクルマが私の横に止まった。
「どこまで行くんですか?乗ってきませんか」
親切な中年の女性から声をかけられた。
「歩いてるんです。ありがとう」‥と、返答すると、女性は「お気をつけて」と言葉を残して去っていった。

声をかけられたのは初めて。
素直に嬉しく、歩くペースも一段上がったほどだった。
そうそう、今日は真っ黒に日焼けした自転車の女の子にもすれ違った。
声をかけれなかったが、荷物満載のツーリング仕様だった。

今日は20キロほどの行程なので、道の駅でのんびりと昼寝をしたり、ゆとりをもって歩くことができた。
昨日とは打って変わった晴天の下、汗を拭きつつ村上市に到着。
ホテルのチェックインまで時間があるので、市内をぶらり。
さすがに鮭の町、軒から吊るされた鮭を初めて見た。
これを見れただけでも、この町を訪ねてよかったと思う。

さて、気になるのはコロナの状況。
東京の感染者が124人を数えた今日、今後の旅に暗雲が立ち込めないことを祈りたい。

■2020年7月3日 新潟県胎内市~村上市 39493歩 25.67キロ

2020070319355680b.jpg
※中条を出て、まっすぐに伸びる広域農道を歩く

202007031935578aa.jpg
※地方ではありふれた風景

20200703193558b44.jpg
※やさしく流れる胎内川を渡った

202007031935595d7.jpg
※夏真っ盛りの新潟

20200703193608a5a.jpg

20200703193601d47.jpg
※線路に沿って歩く

20200703193602313.jpg

20200703193604270.jpg
※平木田駅前で見つけた廃屋

20200703193605b2a.jpg
※坂町の駅前通り

20200703193607e2c.jpg
※荒川は鮭の町

202007031936112dc.jpg
※430メートルの荒川橋を渡る

20200703193613b59.jpg
※荒川は鮭が遡上する川だ

202007031936146a0.jpg
※道の駅でしばしの昼寝

202007031936166f9.jpg
※村上の町を歩く

202007031936191ac.jpg

20200703193620de1.jpg
※鮭の町、村上ならではの風景

20200703193622e43.jpg
※鍛冶町の鍛冶屋さん

20200703193623ee7.jpg
※造り酒屋もあった


メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ

[ 2020/07/03 ] 日本縦断徒歩の旅 | TB(0) | CM(0)

日本縦断徒歩の旅【東日本編13】新崎~中条

一週間ぶりの新崎駅前に立つ。
前回は灼熱にあえいで、ほうほうの体でたどり着いたが、再スタートの今日は重苦しい曇天。
半袖では肌寒い気温だ。

交通量が多い県道3号線を歩き出すが、通学の高校生の群れと重なり、避けながら歩く。
佐々木駅を右手に見て、県道は左へ直角に曲がった。

降りだした雨の中、傘をさして黙々と歩く。
ぶどうやさくらんぼの畑が広がり、直売所にふらふらと足が向きそうになったが、(いかん、いかん)と、すんでのところで自制した。

糖尿病内科の主治医から、間食は血糖値を上げるので、旅先でも注意するようにアドバイスを受けたこともあり、今回の旅から極力パスすることにした。
昼飯はしっかりと、できれば飲食店で食べるということにするのが目標だ。
しかし、紫雲寺を過ぎても飲食店どころかコンビニさえない。
やっとのことで見つけたラーメン屋は、暖簾が出ているのに引き戸を開けたら店内は真っ暗だった。
空腹も限界に近くなり、万が一のために用意した予備食のせんべいを食べなから歩く。
紫雲寺町のはずれで食堂発見。
ようやく昼飯にありつくことができた。

落堀橋で県道を離れ、中条まで流れる舟戸川の堤防を歩く。
新潟らしい圧倒的な田園風景が眼前に広がる。

しかし、それはつかの間の感動だった。
風が出るのと同時に大粒の雨が降りだし、あっという間にずぶ濡れになってしまった。
堤防を歩く身には雨宿りする場もなく、雨具の上下を着て傘をさして、遥か先に見えている橋の下まで走る。

ラッキョウのような雨とはこのことをいうのか、凄まじい雨だった。
雨は降ったり止んだりを繰り返し、その都度、雨具を着たり脱いだり、ザックにレインカバーを着けたり‥中条の町に出るまでそんな調子が続いた。

中条は土蔵の街というようだが、期待したほどの風景を見つけることができなかった。
もっとも三度目の中条なので、今さらだが。
イオンで買い出しをし、16時に中条グランドホテルに到着。

約30キロを歩いた初日だったが、足の痛みもなく良いペースで進めた一日になった。
しかし、このところ暴れだした歯痛が気になるところ。

新潟県の歩きはまだまだ続く。

■2020年7月2日 新潟県新潟市~胎内市 45418歩 29.52キロ


20200702203148917.jpg
※県道3号線に沿って旧新発田街道の道が伸びていた

20200702203150c37.jpg
※バス停は雨が凌げるし、格好の休憩所になる

20200702203151b3f.jpg
※JR白新線を走る電車が遠くに見えた

20200702203153a24.jpg
※梅雨真っ盛り

20200702203154995.jpg
※聖籠町に入るとさくらんぼ畑が広がった

20200702203156ccd.jpg

2020070220315746c.jpg
※紫雲寺町に入った

202007022031598f7.jpg

202007022032008b4.jpg

202007022032049da.jpg
※これはご愛嬌

20200702203204499.jpg
※五目ラーメンを食す(きりさわ 750円)

2020070220320516b.jpg

20200702203207903.jpg
舟戸川に沿って歩く

20200702203207d76.jpg
※広大な田園風景。新潟ならではの景色

2020070220320947b.jpg
※止まない雨のなか、ひたすら歩く

202007022032110a8.jpg
※胎内市中条の町並み

20200702203212883.jpg
※同上


メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ

[ 2020/07/02 ] 日本縦断徒歩の旅 | TB(0) | CM(0)

旅を再開しました

ドクターストップもなかったので、歩き旅を再開することにしました。

今日はパートに行くカミさんを送り出してから名古屋駅に向かい、高速バスで新潟に移動。
明日は前回のゴール地点の新崎に戻ってスタートです。
梅雨前線が北上し、これから歩く東北地方はぐずついた天気が続きそうですが、それも想定内です。

コロナの動向も気になるし、どこまで行けるか分かりませんが、焦らず、のんびりと旅を楽しもうと思います。


メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ

[ 2020/07/01 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

膵神経内分泌腫瘍~糖尿病内科診察

初めて糖尿病内科を受診してから一ヶ月が経ち、本日、二度目の診察に行ってきました。

血液検査の結果は、Ha1c7.2、空腹時血糖130でした。
前回はそれぞれ7.6、153だったので、少し下がりました。

この一ヶ月で体重を2キロ減らし、歩き旅を始めとする運動をかなりやったのに、思ったほど下がっていなかったことに少なからずショックでした。
もっとも、Ha1cは2ヶ月間の平均値なので、もう少し下がっているかもな…と良いように解釈していますが。

結果は来月になりますが、今回の血液検査で1型糖尿病を診断する抗GAD抗体検査と膵グルカゴン/EIAをしました。
私の血糖値上昇の原因が神経内分泌腫瘍(グルカゴノーマ)の膵臓切除によることを含めての検査です。

診察では引き続き食生活に注意することと運動の継続を行うことを確認し、投薬なしでの観察となりました。

次回診察は8月。
術後一年の腹部CT検査と合わせて行います。


メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 病気ブログ 膵内分泌腫瘍へ

タコ焼きパーティ

先週帰宅してからつかの間の休養をしています。

昨夜は長男夫婦が来てタコ焼きパーティをしました。
思い返してみても、ずいぶん長いことタコ焼きは食べていない。
何年振りか分からないくらいです。

長男夫婦が二人三脚で出際よく作る、出来上がったばかりのアツアツのタコ焼きを「ふぅーっ、ふー」しながら食べる楽しさもなかなかでした。

ハローワークにも行ったし、あとは病院の定期診察。
ドクターストップがなければ、旅の続きです。


20200628001tre.jpg

20200628002tre.jpg


メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ

[ 2020/06/28 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

日本縦断徒歩の旅【東日本編12】新潟~新崎

昨夜遅くに、新潟駅から名古屋行高速バスで自宅に帰還。

旅を中断した理由は、定期診察とハローワークの認定日出席のため。
費用のこともあるし、旅を続けたい気持ちは山々だが、こればかりは致し方ない。
来月は長期間歩けそうだが、真夏の歩きに耐えられるかどうか…。
今回の旅で、うだるような炎天下の中を歩く厳しさを、いやというほど味わった。

さて、昨日はバスの時間もあり、ほんの10キロ程度しか進まなかったが、新潟の大河・阿賀野川を越えることができた。
新潟駅からスタートし、県道3号線を東進し、長さ1キロ以上もある泰平橋を渡ってJR新崎駅にゴール。
朝から気温はぐんぐん上がり、橋を渡るころには29度になっていた。

橋には爽やかな川風が吹き、気持ちの良い歩きとなったが、そこから新崎駅までの1キロが反動からか怒涛の暑さ。
滴り落ちる汗は、駅に到着しても引くことはなかった。


コロナ自粛のなかスタートした日本縦断のチャレンジは、滋賀県彦根(鳥居本)から今回の新潟県新潟市まで約600キロを歩き、東西に線を伸ばしてきた。
県またぎの移動が解除されたとはいえ、コロナの影響は想像以上である。
長野県や新潟県の地方では民宿や旅館が長期休業し、閉店した飲食店や小売店をいくつも見た。
入浴施設の休業や、頼みの綱のキャンプ場でさえ今シーズンは休業という状況だった。

今後の旅を考えると、宿や食料が確保できなければ、荷物が増えるのは必須。
宿がなければ野宿が連続するケースも出てきそうだ。
これから迎える本格的な真夏に、大型ザックを背負っての旅が耐えられるかどうか…。

旅を続けるにあたってどうすればいいのか、じっくり考えたい。
うーん、悩ましい。

■JR新潟駅~JR新崎駅  14132歩  9.18キロ


20200625002tre.jpg
※新潟駅を出て県道3号線を歩く。早くもうだるような暑さになった

20200625003tre.jpg
※阿賀野川を渡る

20200625004tre.jpg
※JR白新線を走る電車が見えた

20200625005tre.jpg
※JR新崎駅にゴールした

20200625001tre.jpg
※10日間歩いた足。痛めた爪は黒くなり、テーピングをする毎日だった


メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ

[ 2020/06/25 ] 日本縦断徒歩の旅 | TB(0) | CM(0)