2024 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312024 06

男はつらいよ50作目『お帰り寅さん』を観た

22年ぶりの新作となる、待ちに待った寅さん映画を見てきました。
封切二日目の土曜の夜でしたが、広い会場には20名程度しか観客はなく、ちょっと拍子抜けでした。
…予約をするほどじゃないかったですね。

22年の月日が流れ、寅さん役の渥美清をはじめ、主要な登場人物の6名が鬼籍に入っていますが、それでもスクリーンに映る年老いたさくら役の倍賞千恵子や博役の前田吟、今回の主人公である満男役の吉岡秀隆の姿を見ると、あぁ、寅さん映画が帰ってきたんだぁ…と思わずにはいられませんでした。

さて、シリーズ50作目になるという今作、これまでフィルムにこだわってきたという山田洋次監督が初めてデジタルで編集したというだけあって、過去と現在の場面がひんぱんに切り替わることにもまったく違和感がありません。
寅さんの顔のドアップも細かいシワや毛穴まで見えるくらいの鮮明な映像でした。

後半になって、走馬灯のように次々と映し出される過去の名場面や若かりしヒロインたちを見ていると、自然と涙が溢れてきました。
寅さんは満男だけではなく、私たち観客の心の中にも生きているんだと、改めて感じました。
そんな意味では、この映画のタイトル『お帰り寅さん』は間違いなく的を得ているんじゃないでしょうか。

私はけっこうな寅さんファンで、もちろん49作はすべて観ていますが、残念ながらリアルタイムでスクリーンで観たことは2作ほどしかありません。
寅さん映画は正月とお盆に封切られる定番でしたが、当時の若者たちにはなんだかダサい映画の代名詞のようで、デートになれば、私もご多分に漏れず海外の話題作に流れていました。

しかし、中年を過ぎ、還暦を迎えた今、この映画の良さがしみじみと分かるようになってきた自分がいます。
寅さんの舞台、柴又にも何度も足を運び、映像に出てくる美しく描かれたロケ地のほとんどを訪ねた今、改めて思うことは、日本という国の素晴らしさと、日本人に生まれてよかったなぁ…と。

山田洋次監督が50年の歳月をこの映画に費やしてきた志は、おそらくそこにあったんではないかと思ったりもします。


torasan251247.jpg


メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

[ 2019/12/30 ] ▼映画 | TB(0) | CM(2)

『IT』原作を完読できずに完結編を観た

復職して一週間が経ちました。
一日中PCの前に座っていることにまだ慣れないのか、腰痛と肩痛、全身の筋肉痛で思った以上にヘタレました。
土曜日の今日は気分転換がてら映画館へ。

スティーブン・キング原作のホラー映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。第二章完結編』を観ました。
2017年の第一章前編と比べると、“怖さ”はあきらかにクールダウンしたというのが最大の印象。
前作は奇想天外で不気味、圧倒的な恐怖がこれでもかと押し寄せてきましたし…。
劇場内では「ひぇ~、ひぇ~」といった小さな悲鳴も聞こえましたから。
その点は、ちょっと期待外れでしたね。

この映画は2作を観ることでストーリー全体が結びついてきますが、完結編の中に挿入される主人公たちの27年前の未公開シーンがパズルのピースのように組み込まれ、物語の全貌が見えてくる仕掛けです。
完結編を2年後に公開することが決まっていたので、未公開のエピソードやシーンはすでに前作を作るときに同じキャストによって撮られていたということでしょうね。
まぁ、この点は関心した部分でしょうか。

…とここまで書いてから気になって調べてみたら、過去シーンは2年前に撮り溜めしたものではなくて、成長した子供たちの身長や外見をデジタル修正をして小さく見せたり、若く見せたりしているようです。

これ以上、続けるとネタバレしそうなのでこのへんで止めておきますね(笑)。
実は、『IT』は1990年にテレビ版が作られDVD化されていますが、構成は映画版と違うものの、こと大人編(映画では第二章完結編)に至っては、怖さの要素はテレビ版のほうに軍配が上がりそうです。
興味がおありの方はぜひ見比べてください。

さてこの映画、スティーブン・キングの原作がもとになっていますが、1991年に出版されたその原作がいまだに我が家の本棚には“積ん読”状態になっています。
なにしろ、電話帳のような(死語かな・笑)大きさと厚みがあるので、なかなか手に取れず、これまで何度かチャレンジして挫折しております(汗)。

吊り革読書は腱鞘炎になりそうなので、仕事を辞めて隠遁生活に入ったら完読を目指します。


※前編の過去レポはこちら
 『IT』原作を完読できずに映画を観る

20191109002gtr.jpg

20191109003gtr.jpg


メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

[ 2019/11/09 ] ▼映画 | TB(0) | CM(0)

映画『記憶にございません』を観た

退院して2週間、リハビリがてら地元のイオンへ映画を見に行きました。

星野源主演『引越し大名』にも食指が動きましたが、ここは封切ったばかりの三谷幸喜監督作品『記憶にございません』へ。

劇場で見なくてもDVDを借りてまで見たくなるのが三谷作品。
自分にとっては、伊丹十三作品もそうかな。
気になる監督なんですね。

さて、結論から言うと、2時間の上映時間が短く感じるくらいの肩がこらないコメディです。
キャストを楽しませる…という、三谷幸喜らしさはあったと思いますが、ストーリーが単純すぎて“ひねり”がないので、観たあとの印象があまり残らなかったのは残念ですね。

まぁ、肩肘張らずに笑える映画としては合格点じゃないでしょうか。

20190923003fre.jpg


メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

[ 2019/09/26 ] ▼映画 | TB(0) | CM(0)

映画『万引き家族』を観た

帰省中にカミさんと、是枝裕和監督作品『万引き家族』を観ました。
『終わった人』に続いて二日連続の鑑賞です。

話題の映画だけあって、多くの人が入っていました。
貧困、非正規雇用、年金詐欺や幼児虐待など現代日本で深刻化している社会問題を取り上げながらストーリーが展開していきます。
疑似家族の絆は本物の家族よりも強く、人は一人では生きていけないというはかなさを改めて感じました。
ネタバレになりますが、"家族"が揃って音だけの花火を見上げるシーンは、後世に残る名シーンではないでしょうか。

収穫は安藤サクラ。
迫真の名演技だったと思います。

20180708001deq.jpg

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

[ 2018/07/08 ] ▼映画 | TB(0) | CM(0)

映画『終わった人』 原作を読んで映画を観る

帰省した折、内館牧子原作の話題の映画『終わった人』(中田秀夫監督)を観てきました。
主演は舘ひろし。
ストーリーも原作にほぼ習っていて、好感がもてました。

主人公は63歳で定年を迎えた東大法学部卒のメガバンクのエリート。
こうした設定から鼻につくが、これは自分とってひがみなので気にしないで欲しい(笑)。

映画はまだまだやれるという主人公の仕事への情熱と、思い通りにいかないギャップを面白おかしく描いていく。
仕事欲が満たされれば、性欲、物欲、名意欲…といった具合に、定年を迎えた男だということを忘れさせるくらいスピードをもって物語は進んでいく。

これ以上のネタバレはできませんが、あと5ヶ月で定年を迎える自分にとって、他人事でない思いで見入ってしまいました。

20180704001waq.jpg

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

[ 2018/07/04 ] ▼映画 | TB(0) | CM(0)

高畑勲監督『かぐや姫の物語』~今更ですが…

暇な週末、撮りためた録画を片っ端から。
毎週録っている『ケンミンショー』は4月分の途中から誤ってすべて削除してしまって、大汗。

見入ってしまったのが、遺作となった高畑勲監督の『かぐや姫の物語』。
見事にしてやられました。
もうすぐ還暦のオヤジの涙腺が、緩みっぱなしになるとは。
これは、アニメ映画史上最高傑作といってもいいのでは?
映像の美しさばかりじゃないですね。
かぐや姫を取り巻く登場人物の心の動きも見事でした。

さてこの映画、公開から5年も経って今さら観たのもボンクラですが、もっと早く観るべきだったかな?
日本人なら誰もが知っている『竹取物語』ですが、結末が分かっていても…最後まで漂う、何なのかなこの切なさは。

泣けましたね。

高畑監督といえば『火垂るの墓』がすぐ思い浮かびますが、観るたびに泣かされるのであえて敬遠していますが、この作品もそんなリストの仲間入りをしそうです。

kaguya001.jpg

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

[ 2018/05/27 ] ▼映画 | TB(0) | CM(0)

『IT』原作を完読できずに映画を観る

『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』を観ました。
スティーブン・キング原作の最強のホラー映画です。
1990年にテレビドラマ化されましたが、実は2017年の今年、27年ぶりに映画化された理由があります。
それは映画を観れば分かりますので、ぜひ劇場でご覧ください。
原作本は電話帳のような大きさの上下巻で、あまりのボリュームに完読できないまま本棚のこやしになってしまいました。
ストーリーもすっかり忘れていましたが、映画を観てその怖さを改めて思い出しました。
前の席のおじさんが、「ひぇ~」と何度も声を出すので、怖さを通り越して滑稽でしたが(笑)。
さて、内容はぜひ劇場で観てもらえればと思います。
ホラー映画ですが、同じスティーブン・キング原作の『スタンド・バイ・ミ―』を連想させる、"少年たちの夏"を瑞々しく描いた感性も垣間見えます。
今回は第一章ということで、2019年には続編となる第二章も封切られるようです。
今から楽しみです。

20171104001ytr.jpg

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

[ 2017/11/04 ] ▼映画 | TB(0) | CM(0)

雨の日はDVDざんまい

仙台はこの三日間ずっと雨です。
今日は台風直撃と重なってしまい、朝から電車は止まったまま。
出社できず、自宅待機になったことをいいことに、この時ばかりとDVDをずっと見て過ごしました。
自宅近くにあったTSUTAYAさんが閉店して一年。
他店へ行くのが面倒なこともあって、DVDを見ないまま過ごしていました。
しかし、見たい映画は溜まる一方。
せっかくの雨の週末です。
重い腰を上げて仙台駅前にあるTSUTAYAさんに出かけてきました。
レンタルしたのは以下の5本。
映画館で見逃していた作品です。

『アデライン100年の恋』
『この世界の片隅に』
『君の名は』
『シンゴジラ』
『超高速参勤交代リターンズ』

高校生が主人公のアニメという設定がそもそも興味なかったので、観ることもないと思っていましたが、これは食わず嫌いでした。
『君の名は』には素直に感動しましたね。
今更ですが、劇場で観ておけばよかったと後悔しきりです。
緻密なストーリーと絵の美しさは言うまでもありませんが、何といっても飛騨を描写した表現。
特に飛騨なまりが懐かしい。
カミさんが飛騨の出身なので、いつも聞いているやさしいイントネーションにぐっときました。
最後は泣けましたね。

次に、収穫は『アデライン100年の恋』。
主演のブレイク・ライヴリーはきれいな女優ですね。
スクリーンで見たかったです。

そして、おススメは『この世界の片隅に』。
これは近年にないメッセージアニメではないでしょうか。
主人公の吹き替えをしたノンの素朴な魅力が溢れていました。

他にも見たいDVDがありますが、次の雨の週末を狙ってTSUTAYAさんへ出撃するとします。

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

[ 2017/10/23 ] ▼映画 | TB(0) | CM(0)

映画『パーフェクト・レボリューション』を観た

朝から真っ青に晴れ上がった日曜。
子供たちの歓声が賑やかな運動会真っ最中の小学校を横目に、駅へ急ぎます。
目指すは映画館。
毎月1日はファーストデーで1100円なんですね。

リリー・フランキー主演、松本准平監督の『パーフェクト・レボリューション』を観ました。
脳性まひと人格障害を抱える障害者同士の恋を、実話に基づいて描いた作品です。
タブーとされていた障害者の性の問題にまで踏み込んだ内容になっています。
日常の場面で受けている障害者差別に触れながらも、一人の人間として幸せになることを望む、二人の思いがひしひしと伝わってくる映画でした。
リリー・フランキーの、どこか覚めているいつもながらの演技は健在。
そして収穫は、ヒロイン役の清野菜名。
ハイテンションの体当たり演技もなかなかですが、何といってもカワイイ。
いっぺんにファンになりました。

20171001001tres.jpg

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

[ 2017/10/02 ] ▼映画 | TB(0) | CM(0)

映画『関ヶ原』原作を読んで映画を観る

原田眞人監督『関ヶ原』を観てきました。
原作は司馬遼太郎。
かれこれ20年前に読んだ作品です。
すっかり忘れていたのですが、細部まで描かれた合戦描写は原作に近いところ。
観ていくくうちに、原作を思い出しました。
関ヶ原の戦いは司馬遼太郎ばかりでなく、これまでも数々の小説や映画、TVで取り上げられています。
今更、映画かぁ…と思わないでもなかったんですが、結論から言って観る価値はありました。
ちょっと出過ぎの感がある役所広司や岡田准一といった配役もなかなかでしたが、収穫は島左近役の平岳大。
平幹二郎の息子さんですね。
いわゆる武将顔というのでしょうか、オヤジさんに顔もそっくりです。
そして、有村架純。
毎日、朝ドラを見ていますが、カワイイし、存在感がありますね。
スケールの大きな合戦シーンを始め、製作費も相当なものだったと思いますが、最後までたるむことなく楽しめました。

201709100010rewa.jpg

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

[ 2017/09/12 ] ▼映画 | TB(0) | CM(0)

映画『スパイダーマンホームカミング』を観た

久しぶりに夏空を見ました。
気温34度。
ムシ暑く、それでいて青く晴れ上がった東海地方です。

さて、帰省中の楽しみといえば映画。
しかし、今夏はそそる作品はないですねぇ。
…と思いつつ、やっぱり夫婦50才割引きは使いたい。
…ということで、ジョン・ワッツ監督『スパイダーマンホームカミング』を観てきました。
このシリーズ、劇場で観るのは初めてですが、さすがにハリウッド映画。
楽しませてくれましたね。
ストーリーは単純だけど、見せ場はたくさん。
ちょっと音量がデカかったかな。

20170818001.jpg

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

[ 2017/08/19 ] ▼映画 | TB(0) | CM(1)

映画『美女と野獣』を観た

連休後半は自宅に帰省し、関西地方を回る小さな旅と映画を観てきました。
ディズニーの話題作『美女と野獣』ですが、
さすがに連休とあって満席でしたね。
それにしても主演のエマ・ワトソンはキレイな女性になりましたね。
ハリーポッターシリーズで、その美少女ぶりを見ていましたが、いやはや。
さて、映画ですが、映像は文句なしに素晴らしいですね。
ストーリーのテンポが速く、あっという間の2時間でした。
完成度の高さも含めて、一見の価値があると思います。

00001451.jpg


★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

[ 2017/05/08 ] ▼映画 | TB(0) | CM(0)

映画『LALALAND』を観た

デイミアン・チャゼル監督の話題作『LALALAND』を観ました。
封切2日目でしたが、アカデミー賞有力候補と謳っているだけあって、お客の入りは良かったですね。
さて、ネタバレなしの内容ですが、
映画そのものは、よくあるラブストーリーです。
それを補っても演出が素晴らしい。
そしてミュージカル映画だけあって、圧倒的なダンスと音楽。
ぐいぐいと映画の世界に引き込まれました。
主演のエマ・ストーンの美しさも際立っていました。

もっとも、この映画。
50のオヤジが独りで観るには、まったく場違い。
カミさんと観ることができたら良かったと思います。
…辛いなぁ、単身赴任(笑)。

2017022600010.jpg

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

[ 2017/03/02 ] ▼映画 | TB(0) | CM(0)

映画『沈黙-サイレンス-』を観た

マーティン・スコセッシ監督の話題作『沈黙-サイレンス-』を観ました。
封切日の初回ですが、154席の会場の入りは3割ほど。
三時間近くの長い作品も、あっという間に終わってしまったという感じ。
トイレを我慢することもなく、久し振りに映画の世界に引き込まれました。

この作品は江戸時代初めの長崎が舞台。
幕府のキリスト教弾圧に苦しむ切支丹と宣教師の物語です。
原作は遠藤周作の同名小説。
40年以上前の高校生の頃に読みましたが、内容はすっかり忘れていました。
改めて映画を観てみると、胸に迫るものがありましたね。
当時の日本がキリスト教を邪宗と決めつけ、なぜそこまで排除しようとしたのか考えさせるものがありました。
ハリウッドデビューとなった隠れ切支丹キチジローを演じた窪塚洋介の演技も素晴らしく、若手女優の小松菜奈もよかっですね。
久し振りに見ごたえのある作品でした。

chinmoku5125.jpg

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

[ 2017/01/24 ] ▼映画 | TB(0) | CM(0)

『海賊とよばれた男』原作を読んで映画を観る

大晦日、カミさんと視た映画です。
夫婦50才割引なんで、一人1100円で観ることができるんですよ。

原作は百田尚樹著『海賊とよばれた男』。
さすがにCGを操る山崎貴監督作品らしく、細部までこだわる緻密さとスケールです。
キャストやスタッフも『永遠の0』チームということで、スケールはお墨付きですね。

原作を読んだ2012年の感想を読み返すと、
~物語の主人公は日本の石油王と呼ばれた出光興産創業者の出光佐三氏。
裸一貫から日本を代表する企業である出光グループを作り上げるサクセスストーリーだが、その波乱万丈の“熱い”物語に、血肉が踊るほどの感動を味わうことができた。
人を信じるがゆえに、馘首をしない、出勤簿なし、定年制無し…という破天荒な社風は、社員を家族の一員として信頼していく佐三氏(作品内では国岡鐵三)の信念に、武士道を漂わせた明治男の頑なな正義が見える。
こうした社風は平成にまで受け継がれ、出光興産は唯一の民族系石油会社として存続をしてきている~
…と書いていますが、感動的に読了したことを思い出します。
映画も原作の世界を忠実に再現してくれてうれしかったです。

kaizoku.jpg

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

[ 2017/01/03 ] ▼映画 | TB(0) | CM(2)

『聖の青春』原作を読んで映画を観る

森義隆監督作品。
1998年に29歳の若さで亡くなったプロ棋士・村山聖(さとし)の生涯を描いた大崎善生による同名のノンフィクション小説の映画化です。
2000年に上梓されたこの小説を読んで強く印象に残っていましたが、16年の時を経て映画化されたと聞いて早速観てきました。
村山聖を演じたのは松山ケンイチ。
村山に似せるために体重をかなり増やした体当たり演技で、生前の村山の癖をまねるなど雰囲気もそのままだったようです。
そして、村山の終生のライバルになった羽生善治は東出昌大が演じていますが、こちらもなかなか似合っていました。
久し振りの映画でしたが、笑いや涙もあって素直に楽しめました。

ところで、原作の『聖の青春』(大崎善生著)ですが、2000年4月に読書評を書いていますので貼っておきます。

■『聖の青春』 大崎善生(ノンフィクション/講談社) ☆☆☆☆★ 4/30読了
ちょっと泣けてしまった。将棋に多少でも興味のある人だったら、関西の天才棋士・村山聖(さとし)の名は聞いたことがあるはず。この本は29才で癌のため亡くなった村山氏の素顔をあますことなく描いている。
実は僕も将棋が好きで、村山氏の強さを驚きをもって見ていた。東の天才・羽生に勝てるのは村山しかいないと言われたほどの逸材で、頂点に最も近い男であった。しかし、それを目前にしながら平成10年、氏はついに帰らぬ人となった。幼い頃からネフローゼという不治の病に侵され、入退院を繰り返し高熱と体調の悪さと闘いながらも対局に挑む姿は、あまりにも壮絶であり、真摯で崇高でもある。
将棋という勝負の世界に棲む“魔物”はこれほどまでに人の心を支配するものなのか。人生を太く短く駆け抜けたひとりの棋士の生き方は、読む側に壮絶なまでの美しさと感動を与えることだろう。
余談であるが向かうところ敵なしと言われたアマチュアの無頼漢棋士を描いた『真剣師・小池重明』(団鬼六)もオススメである。

201612040029.jpg

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

[ 2016/12/04 ] ▼映画 | TB(0) | CM(0)

横山秀夫著『64(ロクヨン)』原作を読んで映画を観る

2012年に上梓され、ずっと気になっていた作品だが、文庫化されるまで読むのを待っていた。
上巻を読み始めてすぐ映画『64前編』が始まり、とうとう我慢できずに映画館へ。
瀬々敬久監督の映画も前編後編の2本立てということで、前編を観た感想は、まったく頭に入ってこないストーリーと登場人物の多さに辟易。
改めて原作を読む必要性を感じることになりました。

映画の後編は6月11日に封切されるということで、それまでの二週間、文庫本が出張の友となった。

そして読了した翌日、それに合わせるかのように封切日を待って映画の後編へ。
ほぼ原作に忠実ながら、ラストには原作にないエピソードが付け足され、ちょっと不完全燃焼。
前編は主人公のセリフも含め、原作通りだったたげに、これはちょっと…という感じでした。

三上広報官役の主演の佐藤浩市は好印象。
彼はこれまで脇役が多かったと思うが、主演も十分行けますね。
そして、脇を固めるキャストたち。
捜査一課長役の三浦友和を始め、何といっても誘拐事件の父親役の長瀬正敏の演技が素晴らしかった。

警察小説としても原作の素晴らしさは一級品だが、前編後編の長編となった映画もなかなかでした。


20160611003.jpg


メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

[ 2016/06/12 ] ▼映画 | TB(0) | CM(0)

『エヴェレスト神々の山巓』を観た

平山秀幸監督『神々の山巓』を観ました。
夢枕獏が1997年に上梓したの同名小説の映画化です。

原作については発行と同時に読んで、その書評を『山と渓谷』2002年11月号の特集『山の名著に親しむ』に書かせていただきました。
映画は原作を超えることができないというけど、登場人物始め、原作の内容を曲げられてしまうと、正直辛いものがありますね。

しかし、クライミングの描写である、谷川岳一ノ倉沢滝沢第3スラブ、穂高岳屏風岩のシーンは迫力があってなかなかでした。

山登りに夢中になっていた頃、屏風岩には何度か登ったことがあります。
登攀中に見下ろすと、横尾谷を流れる梓川の支流が眼下に小さく細く見えますが、映画では町や民家がたくさん写っていた。
おそらく人里に近い伊豆か関東あたりの岩場で撮影したものと思いますが、屏風を登攀したことがあるクライマーならすぐに見破れるシーンだったので、少々興ざめでしたね。
逆に評価したい点としては、登山の軽量化を図るために、鉛筆を半分に折ったり、ノートの表紙を剥がしたり、トイレットペーパーの芯を外したりするシーンですね。これは私も登山準備で同様なことをしていたので、山を知っている人しか描けないと思います。
また、主人公の羽生丈二がクライミング中に被っているヘルメットについても、時代の経過とともに、1970年代(ミレー)、80年代(ガリピエール)、90年代(?)に流行したメーカーの人気ブランドに変わっていくことも感心しました。
こうした細かい描写は、山屋が監修していなくてはできないこだわりだと思いました。

いずれにしても、山岳映画は久しぶりなので、何もこだわらずに観れば、それなりの出来になっていたと評価したいと思います。

それと、改めて思いましたが、阿部寛は絵になる役者ですね。


015824005.jpg


メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

[ 2016/03/19 ] ▼映画 | TB(0) | CM(2)

原田眞人監督作品『日本のいちばん長い日』を観た

あたかも8月15日の終戦記念日に観ました。

気になっていた映画ですが、これまでよく知らなかった終戦の舞台裏を曲がりなりにも理解できたことが収穫でした。
いかに戦時下とはいえ、広島、長崎に原爆が投下され、ソ連が宣戦布告してきてもなお、一億総玉砕を叫ぶ軍部の姿は"戦争の狂気"ならではと思います。
軍部の狂騒と国民感情の大きな乖離が、8月15日に集約されていたのではないかと感じました。
結果的には真夏の世の夢に終わってしまったクーデターですが、こうした事実を知らずに育った戦後生まれの我々にとって、大きな犠牲を払って今の世があることを知っておくべきではないかと思います。

阿南陸軍大臣を演じた役所広司の演技はもちろんですが、昭和天皇役の本木雅弘の円熟味を増した演技に感服しました。
もう一つ、東条英機を演じた中嶋しゅうという俳優、あまりのそっくりさに驚きました。


20150816014.jpg


メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

[ 2015/08/19 ] ▼映画 | TB(0) | CM(0)

河瀨直美監督作品 『あん』を観た

久しぶりの有休を取って、映画を観た。
わずか58席の小さな劇場ですが、平日だというのに満席でした。

『あん』は樹木希林、永瀬正敏主演、監督は河瀨直美。
どら焼き屋を舞台に、元ハンセン病患者の老女が尊厳を失わず生きようとするひたむきな姿を描くストーリー。
大御所、樹木希林の演技は素晴らしいを通り越して、もはや神業的な凄味が加わっていた。
更に、永瀬正敏の演技も光る。

ハンセン病という、かつてはタブー視されていた病の業の深さと、いまだに存在する差別社会の現実。

社会派監督、河瀨直美が描く世界が強烈なメッセージを与えてくれました。

この夏、おススメの映画です。


an.jpg


メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

[ 2015/07/21 ] ▼映画 | TB(0) | CM(0)