2022 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312022 09

映画『峠 最後のサムライ』原作を読んで映画を観る

司馬遼太郎の原作『峠』が映画化されたということで、さっそく見に行ってきました。

監督は小泉堯史、主演は役所広司。
原作を読んだのは20年以上前なので、すっかり筋を忘れていましたが、映画全体の印象としては、盛り上がりに欠けて終わってしまったという感じです。
俳優陣はなかなかのキャストを揃えていただけに、これは何だか勿体ない。

河合継之助という幕末当時では珍しく、時代を見据える先見性と実行性を有した人物を2時間の凝縮枠で描くには、無理があったかもしれません。
軍略家、政治家としての類まれなスケールの大きな人物像が深堀されずに、表面的で終わってしまったような気がします。

それと、最期もあっけない。

…ということで、ちょっとばかし不完全燃焼となった映画でした。

原作、もう一度読んでみようかな。

20220624001aa.jpg

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ

スポンサーサイト



[ 2022/06/24 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

スピルバーグ版『ウエストサイドストーリー』を観た

今年初めての映画を観てきました。
スピルバーグ監督『ウエストサイドストーリー』。

1961年公開の超名作のリメイク版です。
まん延防止のコロナ禍とあって座席は一人置きでしたが、金曜の平日なのにけっこう埋まっていました。

ストーリーはオリジナル版に近いですが、何といっても1960年代のニューヨークのスラムを再現したセットが素晴らしい。
スピルバークならではの緻密な映像描写や演出もさすがである。
もちろん、歌やダンスも。

そして、ヒロイン役のマリアを演じたレイチェル・ゼグラー。
清楚で綺麗な女優さんです。

久しぶりに堪能できた映画でした。
オリジナル版も、もう一度観たくなりました。

20220219001.jpg

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ

[ 2022/02/19 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

垣谷美雨『老後の資金がありません』原作を読んで映画を観る

久しぶりに原作を読んで映画を観るパターンを実行。
垣谷美雨著『老後の資金がありません』。
このところシリアスなノンフィクション系の本ばかり読んでいたので、軽いタッチのこうした小説は息抜きにちょうど良かった。

以下、感想です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
コミカルだが、笑えない。
定年を迎え年金生活に突入する私にとっては他人ごとではないのだ。
年寄りにやさしくない今の社会、老後不安がカネと直結するのはやるせないが、これが現実だからしょうがない。
カネがなければ生きていくのもままならぬ。
娘の結婚や親の介護、失業、年金詐欺など、この作品ではカネに翻弄されながらもおいそれとは壊れない主人公と家族の絆を描いているのが救いだ。
葬儀にかかるリアルな試算には、見栄を捨てることと、カネをかけない家族葬にすることを改めて学習できたことに感謝。老いた父にもう一度話しておこう。

20211117_194505.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本を読んでから封切ったばかりの天海祐希主演の同名映画を観てきました。
ストーリーは脱線し、ドタバタ劇。
正直なところ、原作が面白かっただけにちょっと残念。
救いは天海祐希と松重豊のやりとり。
良い夫婦を演じていましたね。

20211117001gtr.jpg

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ

[ 2021/11/17 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

映画『燃えよ剣』を観た

封切と同時に『燃えよ剣』(原田眞人監督)を観てきた。
コロナ禍の影響で公開が2年も延びたいわくつきの作品である。

司馬遼太郎の原作はずいぶん昔に読んだので、ストーリーを大方忘れていたが、思い出しながら楽しむことができた。
ただ、3時間近くの上映時間は長く、内容的にも冗長のきらいがあったように思う。
さらに、血なまぐさい殺陣のシーンが続くのもちょっとばかし閉口。
クライマックスの池田屋事件については相当な時間を割いていたし。

土方歳三や近藤勇は多摩の百姓の出なので、武士になり切れない野暮ったさや下品さがあったという。
それを意識してか、歩き方や言葉使い等の細かい描写など泥臭さがよく出ていたと思う。
また、幕末の雰囲気を伝える町家が並ぶ京都市内や東本願寺、清水寺、東寺、御所、二条城、五稜郭など見慣れた風景がロケ地として出てきたのもうれしい。

細かい点では、新撰組では浅黄色のダンダラ羽織が廃止された後、いわゆる黒装束を着ていたとされており、このあたりの経緯についても描写されており、映画作りのこだわりを感じた。

さらに、鳥羽伏見の戦いや函館戦争の合戦シーンのエキストラの数も半端ではなく、迫力満点。
幕末の争乱を見事に再現してくれたと思う。

新選組が暗躍し、土方や近藤が男を上げた時代は振り返ってみると、つい140年前。
しかし時は流れ、血で血を洗う維新の革命があったことすら感じさせない文明の発達した今の世に、男たちを熱くさせる奔流を感じるものはなにもない。

さてこの映画、
これまで数多く作られてきた新選組や土方歳三を主人公とする作品の中では、文句なしに秀逸の仕上がりになったと思う。

3tw20211016a.jpg

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ

[ 2021/10/16 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

映画『キネマの神様』を観る

昨日に続いて映画のお話です。

山田洋次監督作品『キネマの神様』は原田マハの同名小説の映画化です。
実は『MINAMATA』よりもずっと先に、8月の封切とほぼ同時にこの映画を観ていましたが、ブログにアップするタイミングを外していました。

主演は現在の主人公ゴウを沢田研二、若き日のゴウを菅田将暉が演じるダブルキャストですが、元々は志村けんさんの予定だったようです。
沢田研二に志村けんを重ね合わせつつ、志村ならどうだろうか…などと観ましたが、結論から言って往年のジュリーの面影はまったくなく演技が少し荒っぽい印象を差し引いても、沢田研二は良かったですね。

そして、この映画の良さはストーリーと構成の完成度。
これは、山田洋次監督ならでは。
さすがですね。

過去と現在が交錯する忙しさのなかでもパズルのピースをはめるがごとく、最後の一片も見事に収まった完璧さでした。
更に、映画女優役の北川景子がほんとうにキレイ。

銀幕の中にすっぽりと入りこんだ映像は、往年の小津映画の原節子ばり。
ノスタルジー溢れる映像とマッチして素晴らしかったです。

この映画は下馬評では日本版『ニュー・シネマ・パラダイス』の呼び声が高いようですが、そこまでいかなくてもさすがに山田洋次監督作品。

観て損はしなかったと思います。

20210825ytds.jpg

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ

[ 2021/10/01 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

映画『MINAMATA』を観る

ジョニー・デップが製作・主演の『MINAMATA』(アンドリュー・レビタス監督・米)を観てきました。

水俣病訴訟から激化する抗議運動とそれを記録するアメリカ人写真家ユージン・スミスと妻のアイリーン・美緒子・スミスを描いた実話です。

ユージン・スミスが発表した水俣の写真集はずっと昔に見たことがあり、水俣病に侵された我が子と入浴する『入浴する智子と母』と題する作品は強烈なインパクトとして残っていました。

この映画では水俣病に苦しむ人々と共に生き、自らも危険にさらされながらも純粋な正義をもって巨大企業と闘う姿を描き切ったことに、深い感動を覚えました。
ユージン・スミスを演じたジョニー・デップはその姿かたちも瓜二つで、彼の真摯な役者魂を見た思いです。

昨年の日本縦断歩き旅で熊本県水俣市を歩きましたが、今となっては水俣病資料館に立ち寄らなかったことが残念でなりません。

日本の高度成長期の公害病訴訟を題材にしたシリアスな内容ですが、米国人写真家の視点から日本人を見つめた作品としては、異色にして一見の価値があるかと思います。

20210928001ytre.jpg

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ

[ 2021/09/30 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

映画『いのちの停車場』原作を読まずに映画を観る

実に、一年ぶりの映画です。
コロナ禍に煽られ、ずっと遠のいていた久しぶりの映画館です。

感染対策でしょうか、客席は一人置きに座る配置となっていました。

観た映画は、吉永小百合主演『いのちの停車場』(成島出監督)。
南杏子の同名小説がずっと気になっていましたが、原作を読まずに映画を先に見ることになりました。

この映画に取り上げられているのは、訪問診療医による在宅医療現場の格闘ですが、終末期の患者との対峙がどれも重く、そこには明るさが見出せません。

あげく、脳卒中後の疼痛に苦しむ父親から安楽死を懇願され、尊厳死との狭間の中で患者以上に苦しむ主人公の姿は、娘として、医師としての葛藤と、医療現場の厳しさを感じずにはいられません。

そんな意味では、重く苦しい内容にちょっとばかしネガティブな気分で、エンドロールを目で追うことになりました。

そして、主演の吉永小百合さんですが、
さすがに大女優、圧倒的な存在感がありますね。
しかし、それとは裏腹に吉永さんの映画を観ていつも感じるのは、“役になり切れない中途半端”さです。

今回は初の医師役ということでしたが、当たり役には程遠い。
むしろ、医療場面が全くなかった院長役の西田敏行さんのほうがはるかに医者らしかったと思います。

おかしな表現かもしれませんが、吉永さんには『吉永さんの役』しかできないのでは。
まさに“only one”ではないでしょうか。

私は一回り以上年が離れていますが、昔から吉永小百合さんのファンです。
これまでにもたくさんの作品を見てきましたが、少女の頃に主演した『キューポラのある町』(1962年)や『若い人』(1962年)、マドンナ役で出た『男はつらいよ』シリーズなどでは、役になり切った自然体の姿を見ることができたと思っています。

とはいえ、76歳の吉永小百合さんは、日本を代表する名女優には間違いありません。

いつまでも気になる存在でいて欲しいと思います。


inochi0145.jpg


メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ

[ 2021/06/05 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

映画『ジョジョ・ラビット』を観る

昨日、歩き旅を一時中断し秋田から自宅に戻りましたが、居座った梅雨前線のおかげで東海地方は雨の中。
一夜明けた今日も一日中降り続いています。
今回の旅であれだけ雨に辟易したのに、自宅に帰ってもこれではほとほと雨を恨みますね。

そんな中、パートに出かけるカミさんを見送ると何もすることがなくなり(笑)、久しぶりにレンタルDVD屋に行きました。

でもって、レンタルしたのが『ジョジョ・ラビット』(タイカ・ワイティティ監督 2019 米)。
この春、見逃していた映画で、ぜひ見たかったんです。

ナチスやホロコーストをモチーフにした作品はたくさんありますが、そのほとんどが暗く重たい内容といってもよいと思いますが、ユーモアあふれるコメディタッチで戦争を描いていることがこの映画の魅力ですね。

しかし、ヒットラーユーゲントに入隊した主人公ジョジョのナチスに洗脳された偏ったファシズム思想や、ユダヤ人の迫害や戦争シーンにいたってはかなりシリアスな場面も多くあります。
観終わった後、目をそむけたくなるような暗いシーンを帳消しにしてしまうのは全編に流れるユーモアにあると思いますが、監督の狙いはおそらくそこにあったんではないかと感じました。

ナチスやホロコースト関連の作品はその多くが被害者のユダヤ人側の視点から描かれたものが多いですが、そんな意味では加害者側のドイツ人の少年の目を通して描き切ったことに拍手を送りたいと思います。

ネタバレになりますが、戦争が終わってジョジョがナチの洗脳から覚醒し、ダンスで自由を表現した最後のシーンは痛快でした。


20200714001ytre.jpg


メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ

[ 2020/07/14 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

映画『Fukushima50』原作を読まずに映画を観る

緊急事態宣言が解除されて初めての映画を観てきました。
門田隆将原作のノンフィクション『死の淵を見た男』の映画化『Fukushima50』(若松節朗監督)です。

東日本大震災の津波による福島第一原発の事故に基づいた映画化ですが、あの時の再現をまるでリアルタイムで観ているような手に汗握る展開でした。
所長の吉田昌郎氏(2013年死去)のリーダーシップがなかったら、おそらくこの災害を収束することができなかったのではないかと改めて思いました。
そして、被爆を恐れずに原子炉に突入していく現場の作業員たちに、職人魂を見た思いです。
現実に、こうした決死の展開がされていたんですね。
吉田所長を演じた渡辺謙、伊崎当直長の佐藤浩市、どちらも迫真の演技だったと思います。

さて、この映画、劇場の入りは30人ほど。
席を思いっきり開けて、マスクをつけて座りました。

ついでに、原作は積読本のままです。
映画の余韻が覚めたら手に取ろうと思います。


20200529001tr.jpg

20200528001re.jpg

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ

[ 2020/05/29 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

映画『パラサイト 半地下の家族』を観た

今年度のアカデミー賞作品、ポン・ジュノ監督『パラサイト 半地下の家族』(2019年韓国)を観ました。
受賞が決まってすぐの雨の日曜とあって、広い会場は満員の盛況でした。

経済大国になった韓国の貧富の格差を描いた作品ですが、そこに受験戦争や若者の就職難といった韓国が持つ深刻な社会問題が盛り込まれています。
半地下という住居があることすら知りませんでしたが、さらにその下に存在する地下生活者がいるという実態についても描がかれており、現代の韓国が抱える貧困層の実態を知るうえでは貴重な作品になったと考えます。

2018年に公開された是枝裕和監督作品『万引き家族』とどこか似ている点も感じましたが、どちらの作品もするどくえぐった視点で現代の闇を切り取ったことで成功した作品になったのではないでしょうか。

ネタバレになるのでこれ以上書きませんが、映画はやっぱりハッピーエンドじゃないと後味悪いですね。
この映画がアカデミー賞にふさわしいかどうかは別として、私的にはアカデミー賞作品は『何度観ても飽きない』『繰り返し観たい』という映画じゃなければ、と思っています。
ずいぶん勝手な基準ですが、そんな意味ではこの映画、二度目はないかな。

昨年のアカデミー賞作品『グリーンブック』は劇場で観て、DVDでも観て、忘れたころにまた観てみたいと思うし、2017年に作品賞を逃すも大ヒットした『ラ・ラ・ランド』にいたっては繰り返し何度も観ています。

映画は、ハッピーエンドですね。

20200216001rews.jpg

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ

[ 2020/02/16 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

映画『CATS』を観た

今年最初の映画は『CATS』(字幕版)。
言わずと知れたミュージカルの最高傑作の映画化です。

口コミではずいぶん酷評されているようですが、これは文句なしに楽しめましたね。
音楽とダンスのスケール、ミュージカルにはない映像美は映画でしか表現できません。

ヒロイン猫のヴィクトリアを演じるフランチェスカ・ヘイワードが何といってもキュートで可愛い。
さすがに世界を代表するバレエダンサーだけあって、その踊りも素晴らしい。
そして、見どころはグリザベラを演じるジェニファー・ハドソンがクライマックスで歌う『メモリー』。
圧倒的な歌唱力と表現力に鳥肌が立ちました。
年甲斐もなく泣けましたね。
この場面を見ただけでも価値があったと思います。

ミュージカルの『CATS』は25年ほど前にニューヨークのブロードウェイで観ました。
ストーリーは大方忘れてしまい、今回の映画版との比較もできませんでしたが、劇中歌『メモリー』については強く印象に残っていいます。
映画版といえども『メモリー』が流れたときに、25年前の感動がよみがえってしまい、条件反射のように涙が出てきました。

酷評された内容に猫のメイクが気色悪い、といったものが多かったようですが、メイクも凄いし、耳やしっぽの動き、それ以上に猫の動きを表現した役者魂に驚きました。

ぜひ見て欲しい映画だと思います。

※入場時に貰ったポストカード貼っておきます

20200201002gtr.jpg

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

[ 2020/02/01 ] 映画 | TB(0) | CM(2)

男はつらいよ50作目『お帰り寅さん』を観た

22年ぶりの新作となる、待ちに待った寅さん映画を見てきました。
封切二日目の土曜の夜でしたが、広い会場には20名程度しか観客はなく、ちょっと拍子抜けでした。
…予約をするほどじゃないかったですね。

22年の月日が流れ、寅さん役の渥美清をはじめ、主要な登場人物の6名が鬼籍に入っていますが、それでもスクリーンに映る年老いたさくら役の倍賞千恵子や博役の前田吟、今回の主人公である満男役の吉岡秀隆の姿を見ると、あぁ、寅さん映画が帰ってきたんだぁ…と思わずにはいられませんでした。

さて、シリーズ50作目になるという今作、これまでフィルムにこだわってきたという山田洋次監督が初めてデジタルで編集したというだけあって、過去と現在の場面がひんぱんに切り替わることにもまったく違和感がありません。
寅さんの顔のドアップも細かいシワや毛穴まで見えるくらいの鮮明な映像でした。

後半になって、走馬灯のように次々と映し出される過去の名場面や若かりしヒロインたちを見ていると、自然と涙が溢れてきました。
寅さんは満男だけではなく、私たち観客の心の中にも生きているんだと、改めて感じました。
そんな意味では、この映画のタイトル『お帰り寅さん』は間違いなく的を得ているんじゃないでしょうか。

私はけっこうな寅さんファンで、もちろん49作はすべて観ていますが、残念ながらリアルタイムでスクリーンで観たことは2作ほどしかありません。
寅さん映画は正月とお盆に封切られる定番でしたが、当時の若者たちにはなんだかダサい映画の代名詞のようで、デートになれば、私もご多分に漏れず海外の話題作に流れていました。

しかし、中年を過ぎ、還暦を迎えた今、この映画の良さがしみじみと分かるようになってきた自分がいます。
寅さんの舞台、柴又にも何度も足を運び、映像に出てくる美しく描かれたロケ地のほとんどを訪ねた今、改めて思うことは、日本という国の素晴らしさと、日本人に生まれてよかったなぁ…と。

山田洋次監督が50年の歳月をこの映画に費やしてきた志は、おそらくそこにあったんではないかと思ったりもします。


torasan251247.jpg


メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

[ 2019/12/30 ] 映画 | TB(0) | CM(2)

『IT』原作を完読できずに完結編を観た

復職して一週間が経ちました。
一日中PCの前に座っていることにまだ慣れないのか、腰痛と肩痛、全身の筋肉痛で思った以上にヘタレました。
土曜日の今日は気分転換がてら映画館へ。

スティーブン・キング原作のホラー映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。第二章完結編』を観ました。
2017年の第一章前編と比べると、“怖さ”はあきらかにクールダウンしたというのが最大の印象。
前作は奇想天外で不気味、圧倒的な恐怖がこれでもかと押し寄せてきましたし…。
劇場内では「ひぇ~、ひぇ~」といった小さな悲鳴も聞こえましたから。
その点は、ちょっと期待外れでしたね。

この映画は2作を観ることでストーリー全体が結びついてきますが、完結編の中に挿入される主人公たちの27年前の未公開シーンがパズルのピースのように組み込まれ、物語の全貌が見えてくる仕掛けです。
完結編を2年後に公開することが決まっていたので、未公開のエピソードやシーンはすでに前作を作るときに同じキャストによって撮られていたということでしょうね。
まぁ、この点は関心した部分でしょうか。

…とここまで書いてから気になって調べてみたら、過去シーンは2年前に撮り溜めしたものではなくて、成長した子供たちの身長や外見をデジタル修正をして小さく見せたり、若く見せたりしているようです。

これ以上、続けるとネタバレしそうなのでこのへんで止めておきますね(笑)。
実は、『IT』は1990年にテレビ版が作られDVD化されていますが、構成は映画版と違うものの、こと大人編(映画では第二章完結編)に至っては、怖さの要素はテレビ版のほうに軍配が上がりそうです。
興味がおありの方はぜひ見比べてください。

さてこの映画、スティーブン・キングの原作がもとになっていますが、1991年に出版されたその原作がいまだに我が家の本棚には“積ん読”状態になっています。
なにしろ、電話帳のような(死語かな・笑)大きさと厚みがあるので、なかなか手に取れず、これまで何度かチャレンジして挫折しております(汗)。

吊り革読書は腱鞘炎になりそうなので、仕事を辞めて隠遁生活に入ったら完読を目指します。


※前編の過去レポはこちら
 『IT』原作を完読できずに映画を観る

20191109002gtr.jpg

20191109003gtr.jpg


メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

[ 2019/11/09 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

映画『記憶にございません』を観た

退院して2週間、リハビリがてら地元のイオンへ映画を見に行きました。

星野源主演『引越し大名』にも食指が動きましたが、ここは封切ったばかりの三谷幸喜監督作品『記憶にございません』へ。

劇場で見なくてもDVDを借りてまで見たくなるのが三谷作品。
自分にとっては、伊丹十三作品もそうかな。
気になる監督なんですね。

さて、結論から言うと、2時間の上映時間が短く感じるくらいの肩がこらないコメディです。
キャストを楽しませる…という、三谷幸喜らしさはあったと思いますが、ストーリーが単純すぎて“ひねり”がないので、観たあとの印象があまり残らなかったのは残念ですね。

まぁ、肩肘張らずに笑える映画としては合格点じゃないでしょうか。

20190923003fre.jpg


メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

[ 2019/09/26 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

映画『万引き家族』を観た

帰省中にカミさんと、是枝裕和監督作品『万引き家族』を観ました。
『終わった人』に続いて二日連続の鑑賞です。

話題の映画だけあって、多くの人が入っていました。
貧困、非正規雇用、年金詐欺や幼児虐待など現代日本で深刻化している社会問題を取り上げながらストーリーが展開していきます。
疑似家族の絆は本物の家族よりも強く、人は一人では生きていけないというはかなさを改めて感じました。
ネタバレになりますが、"家族"が揃って音だけの花火を見上げるシーンは、後世に残る名シーンではないでしょうか。

収穫は安藤サクラ。
迫真の名演技だったと思います。

20180708001deq.jpg

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

[ 2018/07/08 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

映画『終わった人』 原作を読んで映画を観る

帰省した折、内館牧子原作の話題の映画『終わった人』(中田秀夫監督)を観てきました。
主演は舘ひろし。
ストーリーも原作にほぼ習っていて、好感がもてました。

主人公は63歳で定年を迎えた東大法学部卒のメガバンクのエリート。
こうした設定から鼻につくが、これは自分とってひがみなので気にしないで欲しい(笑)。

映画はまだまだやれるという主人公の仕事への情熱と、思い通りにいかないギャップを面白おかしく描いていく。
仕事欲が満たされれば、性欲、物欲、名意欲…といった具合に、定年を迎えた男だということを忘れさせるくらいスピードをもって物語は進んでいく。

これ以上のネタバレはできませんが、あと5ヶ月で定年を迎える自分にとって、他人事でない思いで見入ってしまいました。

20180704001waq.jpg

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

[ 2018/07/04 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

高畑勲監督『かぐや姫の物語』~今更ですが…

暇な週末、撮りためた録画を片っ端から。
毎週録っている『ケンミンショー』は4月分の途中から誤ってすべて削除してしまって、大汗。

見入ってしまったのが、遺作となった高畑勲監督の『かぐや姫の物語』。
見事にしてやられました。
もうすぐ還暦のオヤジの涙腺が、緩みっぱなしになるとは。
これは、アニメ映画史上最高傑作といってもいいのでは?
映像の美しさばかりじゃないですね。
かぐや姫を取り巻く登場人物の心の動きも見事でした。

さてこの映画、公開から5年も経って今さら観たのもボンクラですが、もっと早く観るべきだったかな?
日本人なら誰もが知っている『竹取物語』ですが、結末が分かっていても…最後まで漂う、何なのかなこの切なさは。

泣けましたね。

高畑監督といえば『火垂るの墓』がすぐ思い浮かびますが、観るたびに泣かされるのであえて敬遠していますが、この作品もそんなリストの仲間入りをしそうです。

kaguya001.jpg

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

[ 2018/05/27 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

『IT』原作を完読できずに映画を観る

『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』を観ました。
スティーブン・キング原作の最強のホラー映画です。
1990年にテレビドラマ化されましたが、実は2017年の今年、27年ぶりに映画化された理由があります。
それは映画を観れば分かりますので、ぜひ劇場でご覧ください。
原作本は電話帳のような大きさの上下巻で、あまりのボリュームに完読できないまま本棚のこやしになってしまいました。
ストーリーもすっかり忘れていましたが、映画を観てその怖さを改めて思い出しました。
前の席のおじさんが、「ひぇ~」と何度も声を出すので、怖さを通り越して滑稽でしたが(笑)。
さて、内容はぜひ劇場で観てもらえればと思います。
ホラー映画ですが、同じスティーブン・キング原作の『スタンド・バイ・ミ―』を連想させる、"少年たちの夏"を瑞々しく描いた感性も垣間見えます。
今回は第一章ということで、2019年には続編となる第二章も封切られるようです。
今から楽しみです。

20171104001ytr.jpg

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

[ 2017/11/04 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

雨の日はDVDざんまい

仙台はこの三日間ずっと雨です。
今日は台風直撃と重なってしまい、朝から電車は止まったまま。
出社できず、自宅待機になったことをいいことに、この時ばかりとDVDをずっと見て過ごしました。
自宅近くにあったTSUTAYAさんが閉店して一年。
他店へ行くのが面倒なこともあって、DVDを見ないまま過ごしていました。
しかし、見たい映画は溜まる一方。
せっかくの雨の週末です。
重い腰を上げて仙台駅前にあるTSUTAYAさんに出かけてきました。
レンタルしたのは以下の5本。
映画館で見逃していた作品です。

『アデライン100年の恋』
『この世界の片隅に』
『君の名は』
『シンゴジラ』
『超高速参勤交代リターンズ』

高校生が主人公のアニメという設定がそもそも興味なかったので、観ることもないと思っていましたが、これは食わず嫌いでした。
『君の名は』には素直に感動しましたね。
今更ですが、劇場で観ておけばよかったと後悔しきりです。
緻密なストーリーと絵の美しさは言うまでもありませんが、何といっても飛騨を描写した表現。
特に飛騨なまりが懐かしい。
カミさんが飛騨の出身なので、いつも聞いているやさしいイントネーションにぐっときました。
最後は泣けましたね。

次に、収穫は『アデライン100年の恋』。
主演のブレイク・ライヴリーはきれいな女優ですね。
スクリーンで見たかったです。

そして、おススメは『この世界の片隅に』。
これは近年にないメッセージアニメではないでしょうか。
主人公の吹き替えをしたノンの素朴な魅力が溢れていました。

他にも見たいDVDがありますが、次の雨の週末を狙ってTSUTAYAさんへ出撃するとします。

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

[ 2017/10/23 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

映画『パーフェクト・レボリューション』を観た

朝から真っ青に晴れ上がった日曜。
子供たちの歓声が賑やかな運動会真っ最中の小学校を横目に、駅へ急ぎます。
目指すは映画館。
毎月1日はファーストデーで1100円なんですね。

リリー・フランキー主演、松本准平監督の『パーフェクト・レボリューション』を観ました。
脳性まひと人格障害を抱える障害者同士の恋を、実話に基づいて描いた作品です。
タブーとされていた障害者の性の問題にまで踏み込んだ内容になっています。
日常の場面で受けている障害者差別に触れながらも、一人の人間として幸せになることを望む、二人の思いがひしひしと伝わってくる映画でした。
リリー・フランキーの、どこか覚めているいつもながらの演技は健在。
そして収穫は、ヒロイン役の清野菜名。
ハイテンションの体当たり演技もなかなかですが、何といってもカワイイ。
いっぺんにファンになりました。

20171001001tres.jpg

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

[ 2017/10/02 ] 映画 | TB(0) | CM(0)