2022 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312022 11

二度目の産業医面談

復職後一ヶ月が経過し、二度目の面談をしました。
産業医と保健師との三者面談の後、直属上長が入っての四者面談という流れです。

このひと月は多少のストレスはあったものの体調については変化なく、仕事も順調にこなせていることで、就業制限が解かれることになりました。
制限といっても、私の場合は時短ではなく、重量物についての制限のみでした。
もっとも、業務はPC操作を中心としたデスクワークなので荷物等の重たいものを持つこともありません。
その点は今もこれからも変わることはないです。

体調については、寒くなってきたことで傷口のつっぱりが気になることくらいでしょうか。
このところの血圧も上120、下80くらいで安定してきました。

昨日は14キロのウォーキングにチャレンジして、筋肉痛や疲れもなく朝を迎えました。
これから少しづつ距離を伸ばして、術前のように30キロくらいは苦も無く歩けるようになりたいと思います。

来週は病院での採血と診察。
体調を崩さないように過ごしたいと思います。

20161230001.jpg
※本文とは関係ありません


メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 病気ブログ 膵内分泌腫瘍へ

膵神経内分泌腫瘍~復職ひと月、術後140日目

ようやく仕事に慣れてきたのか、ストレスも少しばかしなくなってきたようです。
ひどかった肩こりや全身の筋肉痛、腰痛も緩和されてきました。
復職後しばらくの間は…カリカリせずに、おおらかな気持ちで、のんびりと仕事をする…このリズムが欠けていたかもしれません。
しかし体は正直で、血圧は上130台下80台で高値安定。
退院時より上下とも10くらい高くなっている状況です。
血糖値や肝機能は来月の採血で経過を見る予定です。

食生活は脂肪を摂りすぎないように注意しているつもりですが、さにあらず。
チョコレートやクッキーなど仕事中につまんでしまうし、社食のランチはどうしても脂肪分が高く、選ぶのに苦労しています。
昨日のランチは焼きそばだったんですが、油べとべとで最悪でした(泣)。
おかげで体重は退院時から2.5キロ増。
退院時がほぼ標準体重だったので、これ以上増やさないように気をつけたいと思います。

それと、このところの寒さで傷口がつっぱります。
開腹手術だったので、みぞおちからおへその下まで20センチくらい真一文字に切っていますが、これがいまだにおぞましい傷跡。
スーパー銭湯デビューは、まだまだ先になりそうです(悲)。

201611260012.jpg
※本文とは関係ありません


メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 病気ブログ 膵内分泌腫瘍へ

職場復帰から二週間

職場復帰から二週間。
不眠に始まり、肩こりと腰痛、耳鳴りまで出ています。
一日中パソコンにかじりつき、仕事に追われてカリカリしている毎日に、明らかに体がストレスを感じているようです。
早くも入院する前の生活に逆戻り。

このままじゃ、病み上がりの体によくないなぁ…と思いながら、今日はかかりつけ医院へ月一度の診察に行ってきました。
空腹時血糖値は122、Ha1cは6.4で、前月とそれほど変化はありません。
問題は血圧で、医師に最近の血圧が高くなっってきていることを問診で告げ、測ってみると、
なんと上210-下110.
『ひぇ~』
思わず倒れそうになりました(大汗)。

6年前に原発性アルドステロン症で闘病していた時に最高値として上が199までいったことがありましたが、それをはるかに上回ります。
このところは寒くなったこともあって、135-85くらいに上昇していましたが、普段は高くても上が120くらいでした。
確かに白衣高血圧もありますが、それにしても200超えとは…。

やはり思いつくのは、職場復帰をしたことと仕事のストレスしかありません。
医師も「ホルモンのバランスが崩れているかもしれませんね」とおっしゃっていました。

まずはリラックスをすること、疲れをとること、そしてストレスを感じるようなら会社を休むこと。
無理しても何の得にもなりませんから。

帰宅してから、サボっていた排水管の掃除をして、少し昼寝をしてから測ってみると、正常値の120台になっていました。
体は正直ですね。

そうそう、今日は人生初のインフルエンザの予防接種を受けました。

20151121006.jpg
※本文とは関係ありません


メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 病気ブログ 膵内分泌腫瘍へ

膵神経内分泌腫瘍~術後4カ月

昨日で術後4カ月が経ちました。
早いような、遅いような…そんな感じです。

現在の体調は、復職してからのちょっとしたストレスを感じる以外は良好です。
採血をしていないので分かりませんが、病的な症状はなにもありません。
寒くなってきたので、傷口のツッパリを感じるくらいでしょうか。

体重は退院してから2キロほど増えましたが、入院前に比べるとマイナス5キロ。
せっかく適正体重になったので、これ以上増やさないように努力をしたいと思います。

今週末にインフルエンザの予防接種をすることにしました。
脾臓を摘出しているので、免疫機能が落ちるようです。
先に肺炎球菌ワクチンを接種したので、あとは罹患しないように注意するしかありません。
通勤電車にはもちろんマスクを着けています。

食生活では脂肪分が少し増えたことと、食べる量も増えていますが、アルコールは5月以来一滴も飲んでいません。
運動量は働くようになって減ってしまいましたが、ちょっと心配な肝機能が正常化していることを期待したいです。
次の診察は12月中旬です。

20151121002.jpg
※本文とは関係ありません


メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 病気ブログ 膵内分泌腫瘍へ

復職2日目

三連休を挟んで復職2日目が終わりました。
一段と冷え込んだ今日は、朝7時過ぎに家を出て、満員電車に一時間半揺られ、会社ではPCの前に座り続け、帰りも一時間半の電車。
そしてようやく夜7時に帰宅です。
昼は社員食堂のランチですが、3種類ある定食からなるべく脂肪が少ないものを選びます。
しかし、若い社員が多いので、定食はどれもカロリーが高い揚物や肉が中心。
定番のカレーやうどん、ラーメンもありますが、こればかりだと飽きてしまいます。
今日は焼き魚と茶碗蒸しの定食がチョイスできてラッキーでした。

昼の休憩時間を見計らってか、二ヵ月前に定年退職した同僚から電話があり、復職のお祝いメッセージかと思いきや
「アンタ、まだ仕事続けるの???」
さらに、
「自由はいいぞ」
…ときた。

余計なお世話だ!!!
…と思いつつも、心では「うらやましいなぁ」…でした。

最近、カミさんと話すことは、仕事を辞めてゆったりと過ごしたいという、半ば愚痴めいたことばかり。
病気になる前はそんなことこれっぽちも思わなかった。
定年後しばらくは小金を稼ぎ、それから好きなことをやるという計画だったはず。

いやはや、自分の気持ちが変化してきたのも、人生観を変えるほどの大きな病気=膵神経内分泌腫瘍を経験したことがきっかけになったのは間違いありません。
願わくは早くこの病気からおさらばし、さらに仕事からもおさらばし、自由の身になること。

…それまでは、のんびりと、どこ吹く風でやっていきます(笑)。


メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 病気ブログ 膵内分泌腫瘍へ

職場復帰しました

本日、約4ヵ月ぶりに仕事に復帰しました。
片道一時間半の通勤も大丈夫でした。
フルタイム7.5時間のデスクワークを終えて帰宅しましたが、
思ったほど疲れませんでした。

午前中はログインできなくなったパスワードを再申請したり、山のようにたまったメールをチェックしたり…。
午後から本来の仕事にかかりましたが、PCを使ったシステムの操作はすっかり忘れてしまっていて、思い出すのに大変でした。
まぁ、時間がかかりそうですがボチボチやります。

ともあれ、第一段階はクリアです。


メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 病気ブログ 膵内分泌腫瘍へ

産業医面談をしました

本日、産業医面談をし、11月1日からの職場復帰が決まりました。
7月9日に仕事を離れてから3ヶ月弱。
ようやく社会復帰です。

面談ではここ一ヶ月間の生活記録と直近の血液検査結果を提示し、あとは産業医の問診という流れです。
私の場合は片道1時間半の通勤が大丈夫か?という点がいちばん憂慮されていましたが、このところの外出や旅行でその点は大丈夫であるということを強調し、OKをもらいました。

さて、これから面倒でストレスと紙一重のデスクワークが始まります。
入院中は職場復帰することが必ずしも目標ではありませんでしたが、ともあれ小金を稼ぐことは悪いことではありません。

まぁ、マイペースでたんたんと過ごそうと思います。

20191028001gre.jpg
※秋の若狭湾/本文とは関係ありません

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 病気ブログ 膵内分泌腫瘍へ

膵神経内分泌腫瘍~術後3ヶ月の外来

退院後二度目の外来に行ってきました。

採血の結果は肝機能のAST、ALTがどちらも基準値より少し高め、空腹時血糖が114、HbA1cが6.4でした。
肝機能については前回から変化がありませんが、術後を境に基準値を超えているので気になるところです。

血糖値については術前と変わらず、投薬なしの要観察となりました。
病気が発覚するまで境界型糖尿病で、HbA1cは6.0~6.5くらいを上下していましたが、腫瘍(グルカゴノーマ)を切除したことによる変化はいまのところありません。
このまま境界型で推移するのでしょうか。

また、この日は肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス)を接種しました。
脾臓の摘出をしているので、免疫機能の低下による肺炎リスクを回避するためには致し方ありません。
効果は5年間のようです。

術後三ヶ月が経過しましたが、毎日のウォーキング(7000歩)は日課として継続しています。
傷口の痛みはなくなりましたが、お腹をひねったりすると、傷口がどうしても突っ張ります。
食生活については徐々に脂肪を増やしていますが、大好きだった揚げ物やラーメンは食べていません。
ただ、大福や餅など甘いものが好きなので糖分を摂り過ぎているきらいもあり、体重が1.5キロほど増えました。

次回外来予定は12月です。

20151018008.jpg
※本文とは関係ありません


メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 病気ブログ 膵内分泌腫瘍へ

膵神経内分泌腫瘍~胃カメラ

9月12日、退院後、外来で胃カメラを実施した。

術前検査で軽い十二指腸潰瘍と診断され、術後を含めてそれからずっとクスリ(ネキシウム)を飲んできた。
その経過を探る検査だが、結果は異常なし。
ピロリ菌もいなかった。
とりあえず、クスリは予防を考慮して継続となり、今後は近くのかかりつけ医院に通院し、処方されることになった。

退院後6日経ったが、体調はいたって良く、毎朝6時からウォーキング(7000歩)も始めた。
運動が功を奏したのか、傷口の痛みもほとんどなくなり、体重も1キロ増加した。
まだ万全とまではいかないが、術前の体調に確実に戻ってきているようだ。

明後日は長男の結婚式。
なんとか間に合うことができた。

20151018011.jpg
※本文とは関係ありません


メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 病気ブログ 膵内分泌腫瘍へ

膵神経内分泌腫瘍~最初の外来

9月10日、退院してから初めての消化器外科外来に行ってきた。

採血の結果は概ね問題なし。
肝機能数値が基準値より少し高く、空腹時血糖は114で膵性糖尿病については大丈夫のようだ。

ずっと気になっていた食生活については、徐々に脂肪を取り込んでOKということになり、これでラーメンやカレー、カツ丼も食べられると思うと素直に嬉しい。

今後の通院については、来月に肺炎球菌ワクチンの接種を行い、その後3ヶ月に一回程度で観察していくということ。

会社の産業医に提出する復職申請書と、健保に提出する傷病手当金の請求書に主治医からサイン捺印をもらって外来を後にした。

20151018012.jpg
※本文とは関係ありません


メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 病気ブログ 膵内分泌腫瘍へ

膵神経内分泌腫瘍~退院

9月6日。
待ちに待った退院の日を迎えた。
看護師さんやヘルパーさんが病室に入れ替わり顔を出して、「良かったですね」と声をかけてくれた。

消化器外科の病棟では、どうやら私が一番長くいたようだ。
なんせ、2ヶ月だもんなぁ…。
40数人いる看護師さんの顔と名前も大方覚えてしまったから、別れは名残惜しいけど、
もう二度とこの病棟に戻ってきたくない…そんな気持ちで、リストバンドを切ってもらった。

退院後は5日後の外来診察と一週間後の胃カメラ。

膵神経内分泌腫瘍…罹ってしまった本人ですら、この病気のことがよくわかっていない。
これからどんな展開になるのだろうか。
再発や転移の不安も少なからずある。
願わくは何事もなく、このまま根治したい。

闘いはまだまだ続く。

20151018009.jpg
※本文とは関係ありません


メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 病気ブログ 膵内分泌腫瘍へ

膵神経内分泌腫瘍~退院前日

ネタ切れで閑話休題も書けず、闘病記が続きますがお許しを。

朝の血液検査の結果は問題なく、明日(9月6日)の退院が決まった。
ここまでが長かった。
思えば、梅雨の真っ盛りに入院して、いつのまにか夏も終わった。
看護師さんやヘルパーさん、リハビリスタッフは親身になって尽くしてくれたし、カミさんは毎日足を運んでくれた。
病気になって人のありがたみを改めて感じている。

退院後は外科外来での定期的な診察と、内科外来で胃カメラを行うようだ。
これから観察期間が始まるが、大らかな気持ちでこの病気と向き合っていこうと思う。

職場復帰については、会社の保健師と相談して11月1日の復帰を目指すことにした。
それまでは自宅療養期間となるが、私傷病休暇と有給休暇は9月末で終わるので、10月からは休職扱いとなる。

傷口にはまだ痛みやつっぱりがあるし、体重も8キロ落ちた。
筋力も低下しているだろうし…今は体力を回復させることが先決。

焦らずに過ごしていこうと思う。

20151018010.jpg
※本文とは関係ありません


メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 病気ブログ 膵内分泌腫瘍へ

膵神経内分泌腫瘍~術後55日目

9月4日。
2ヶ月近くも体の一部になっていたドレーンが抜けた。
管を抜くのはほんの一瞬で、あっけなかった。

術後すぐに膵液瘻が発生して、それから数えること55日。
化膿による熱と痛みにも苦しめられたが、今はいたって元気だ。

ここまでが長かったが、ようやく入院生活に終止符を打てる。

何もなかったら退院は明後日。
床屋にも行きたいし、カミさんと少しばかし美味しいものを食べたい。

20151018016.jpg
※本文とは関係ありません


メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 病気ブログ 膵内分泌腫瘍へ

膵神経内分泌腫瘍~術後53日目

5年前に原発性アルドステロン症(PA)の手術で左副腎を摘出、そして今回は膵臓体尾部切除、脾臓、胆嚢摘出、リンパ節郭清をした。

自分のお腹が空っぽになっていく。

人間の臓器をこんなに取って大丈夫なんだろうか。
そして、こんな状態になっても日に日に元気になっていく、自身の生命力に驚ろかずにはいられない。

この週末は自宅に戻り一泊した。
9月に入ったというのにいまだに退院できない状況にいらだちもあったが、自宅で過ごしたことでストレスも少しは軽減できた。

血液検査の結果は炎症反応もなく問題なかったが、陰圧をかけていないのに排液は結構出ている状況。

午後のCTの結果も問題なく、夕方の回診でドレーンを根元から切断した。
まだ管は出ているがこれで様子を見て、明後日に管を抜くことになった。

予定通り進めば退院は金曜日。
ようやく楽になる。

20191008002rew.jpg
※本文とは関係がありません


メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 病気ブログ 膵内分泌腫瘍へ

膵神経内分泌腫瘍~術後49日目

台風で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
ラグビースコットランド戦、凄かったですね。
ニッポンに元気を与えてくれる最高のプレゼントになりました。

闘病記の続きです。

8月28日、11回目のドレーン交換をした。
排液の状況を観るため、管の先端についてる計量カップには陰圧をかけていない。
圧をかけなければ排液は管を伝って落ちてこない理屈になる。

私の場合、ドレーンを長期間体内に入れていたため、瘻孔化により孔がふさがるのに時間がかかるようだ。
これで数日間様子を見て、発熱や血液検査での炎症反応がなければ週明けに管を抜くことになる。

長い道のりだったが、ようやくここまできたという感じ。
管を抜いたあとは抗菌剤を使いながら予後をフォローするようだ。

来週は待ちに待った退院!?
何事もなく、無事に退院できますように…。

20150927012.jpg
※本文とは関係ありません


メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 病気ブログ 膵内分泌腫瘍へ

膵神経内分泌腫瘍~術後46日目

空は青く、高く澄んでいる。
いつのまにか秋が近づいてきた。

週末の一時帰宅がストレス解消になったのか、眠剤なしでもよく眠れるようになった。
毎日の検温と血圧測定、シャワー、リハビリ(バイク)、三日毎の採血、一週間に一度のドレーン交換…と単調な日々が過ぎていく。

午前中に一ヶ月(一時期違う部屋にいたが)を共にした同部屋の患者が退院していった。
若い看護師をよくからかっていたスケベなおっさんだが、いなくなるとちょっと寂しい。
おそらく消化器外科病棟にいる患者の中では私が一番の古株になってしまったのではないだろうか。
自分だけが取り残されたような気がする。

明日の造影CTの結果次第でドレーンが抜けるかも…と主治医の弁。
しかし、その後に回診でやってきた違う医師は「まだかかりますね」

いったいどっちがホントなの?

ドレーンを抜いた後に炎症が起こらないように、そのリスクを鑑みて抜くタイミングは慎重になるようだ。

もともとは9月初めに復職する予定だったが、すでにひと月ズレてしまった。
嘱託(契約社員)の身では、私傷病休暇と有給をすべて消化したとしても9月いっぱい休むのが限度。
10月に復職できなければ、自動的に休職となり、3ヶ月後には退職となってしまう。
このまま辞めてもいいかな…と思う反面、本音はしつこく残りたいと思う気持ちが勝る。

どちらにしてもここを出ることが今の目標だ。

20151018005.jpg
※本文とは関係ありません


メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 病気ブログ 膵内分泌腫瘍へ

膵神経内分泌腫瘍~術後45日目

前日に9回目のドレーン交換をした8月最後の週末、外泊許可をもらって帰宅した。

ひとり暮らしになっているカミさんとのんびり過ごす。
妹夫婦も遊びに来て、夕食を共にしながら会話が弾んだ。
自宅ではリラックスできるのか、一週間ぶりに眠剤なしで眠れた。

ドレーンに流れる排液は格段に減り、所々に混濁があるが、その色も無色透明に近くなってきた。
管が抜けるのも近いと思うが、どうなるかな…。

テレビには恒例の24時間テレビが流れているが、思えばこの番組はもう40年ほど続いている。
思い出したが、初めて見たのは北海道を一人旅していた19才だった頃。
大雪山から下りてきて、麓にあるラーメン屋で番組を見た。
何とも懐かしいが、青春時代はあっという間。

今では還暦のおとっつぁんである(笑)。

20151018001.jpg
※本文とは関係ありません


メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 病気ブログ 膵内分泌腫瘍へ

膵神経内分泌腫瘍~術後40日目

8回目のドレーン交換をした。

造影CTの結果も良好で、排液の量は明らかに減っており、管の先端についてる計量カップには一滴も落ちていない。
管を見ると、透明な排液と白灰色の粘液が交互に出ている状態。
これが最後の交換になるだろうか。

気がつけば8月も後半となり、いつのまにか夏も終わる。
なかなか退院できないことへのストレスが作用しているのか、ここ5日間ほど眠れない状態で毎晩、睡剤の世話になっている。

1日1750キロカロリー、脂肪30グラム制限の病院食を続けることも苦痛になってきた。
米と野菜中心の変化のない食事は術後の体重を4キロ減らし、更にここ数日で1キロ減った。
なんと20代の頃の体重に戻ってしまったが、筋力も同時に減ったみたいで、腕や太腿のシワシワになった皮のたるみを見ると、我ながら情けない。

今日は雨。その影響もあってか、傷口がうずく。

2019100206hg.jpg


メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 病気ブログ 膵内分泌腫瘍へ

膵神経内分泌腫瘍~術後35日目

8月15日終戦記念日。

日本海に去った台風の余波で、朝から雨と強風。
台風一過は望めそうもない。

昨夜は夕食後に自宅から病室に戻ったが、貸切と思った大部屋はまた満杯状態になっていた。
いやはや回転がいいこと(笑)。

このところ両足の脱力感に悩まされている。
太腿から下の力が抜けていくような嫌な感覚。
ベットで寝ていても同じ体勢では辛いので、何度も寝返りを打たなければならない。
筋力低下からくる腰痛が起こす神経症状のようだ。

ロキソニンテープを足の付け根と腰に貼るが、あまり効果はない。
入院する前には滅多に出ることがない症状だったが、やはり歩いていないことが遠因にあると思う。

術後の傷の痛みについてはじっとしているとほんどないが、傷口に触れると相変わらず痛む。
天気と連動するのだろうか、雨降りは痛みが少し増すようだ。

週明けの月曜日に8回目のドレーン交換が決まった。
いつまで続くのか、出口のないスパイラル…。

この週末は本でも読みながら病床でのんびりと過ごそう。

20191001004htr.jpg
※五木寛之『百寺巡礼』


メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 病気ブログ 膵内分泌腫瘍へ

膵神経内分泌腫瘍~術後34日目

お盆に合わせたかのように台風の襲来。

私が住んでいる地方は影響もないので、日帰りの帰宅を決める。
朝の血液検査では炎症反応もなく、懸念していた血糖値は100。
術後の数値もほぼ同じくらいで、どうやら膵性糖尿病の可能性は低いようだ。

一昨日7回目のドレーン交換を行い排液は格段に減った。
あと少しの辛抱だろうか。

早く楽になりたい。

私がいる4人部屋は昨日、退院や手術で次々と3人が退室し、貸切状態で一夜を過ごした。
マナー知らずのおっさんたちは全員いなくなった。
それが返って災いしたのか、昨夜は午前2時過ぎから朝まで目が冴えてしまい、眠れなくなってしまった。

さて、今日の外出、帰省している娘とカミさんと、久しぶりに旨いそばでも食べに行こう。

20191001001htr.jpg


メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 病気ブログ 膵内分泌腫瘍へ