2024 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312024 06

鳥羽から伊勢の旅②

相差の民宿で一泊し、近鉄電車で伊勢市に向かいました。
雨はすっかり上がり、天気は上々。
風も爽やかで、ウォーキング日和です。

近鉄五十鈴川駅から伊勢神宮までの3㎞を歩きます。
朝のウォーキングにはちょうどいい距離でしょうか。

伊勢神宮の参道であるおはらい町は、平日の朝とあって人も少なかったです。
これが週末となればまっすぐ歩けないくらいの混雑となるそうですが、想像したくもありません。

おはらい町を抜け、大鳥居から五十鈴川に架かる橋を渡って、伊勢神宮内宮へ。

これまでの人生で何度も訪れていますが、さすがにパワースポット。
神宮の森はピンとはりつめた空気を感じますね。

参拝を終え、再びおはらい町まで戻って、おかげ横丁で昼食。
『豚捨』さんで名物のコロッケと牛丼を食べました。
ここは週末には大行列ができる人気店ですが、平日とあってすんなり入店できました。

満腹のお腹をさすりながらその勢いで、今度は『赤福』さんへ。
伊勢神宮に来たからには、赤福餅は外せませんね。

午後を回るとおはらい町の参道はかなりの人出になりましたが、そのままぶらぶらと通り抜け、帰路の宇治山田駅までウォーキングを。

猿田彦神社を右手に見ながら伊勢古市参道という旧街道を4㎞歩き、近鉄宇治山田駅にゴールしました。

相差の民宿から伊勢神宮を巡ったほんの二日の短い旅でしたが、美味しい魚も味わえたし、参拝もできたし、初夏を味わう楽しい旅に仕上がりました。

20240514_103345.jpg

20240514_103534.jpg

20240514_103553.jpg

20240514_103909.jpg

20240514_104456.jpg

20240514_110219.jpg

20240514_120128.jpg

20240514_120547.jpg

20240514_112935.jpg

20240514_112508.jpg

20240514_121819.jpg

20240514_115607.jpg

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ


PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーサイト



鳥羽から伊勢の旅①

忌明けもしたし、ウォーキングで伊勢神宮に参拝がてら美味しい魚料理を食べようとなりました。

雨の平日の午後、カミさんと向かったのは、三重県の鳥羽市。
近鉄鳥羽駅からの送迎をお願いした民宿のクルマで、相差へ。

女性の願いを叶えると言われる石神社近くの『民宿おくのせこ』さんで厄介になりました。
ここは料理自慢の人気の民宿ですが、平日ということもあり泊り客は私たちのみ。
大浴場も露天風呂も貸し切りでした。

そして、お待ちかねの夕食は食べきれないくらいのボリューム。
鯛とアワビ、伊勢エビの船盛から始まって、クルマエビの塩焼き、陶板焼き、茶わん蒸し、煮魚、ウニ飯、デザートまで、次々に出てくる料理を、年を忘れて食べまくりました。

私たち夫婦にとっては、新鮮な魚といえば三河湾に浮かぶ日間賀島が定番ですが、鳥羽もなかなかでした。

20240513_180014.jpg

20240513_180011.jpg

20240513_180030.jpg

20240513_180022.jpg

20240513_183519.jpg
※『名物磯舟料理 おくのせこ』三重県鳥羽市相差町412 一泊二食12000円~

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ


PVアクセスランキング にほんブログ村

百花繚乱の山里へ

岐阜県恵那市の山里にあるしだれ桃が見頃を迎えたということで、今年も出かけてきました。

ここは知る人ぞ知る隠れお花見スポットですが、つい二日前に新聞の地方欄で取り上げられたこともあり、多くの人で賑わっていました。

山里は、まさに百花繚乱。
まさに、桃源郷!

昨年よりも10日も遅い満開となったようです。
帰路に立ち寄った同じ恵那市にある樹齢300年の「ひよものしだれ桜」(岐阜県指定天然記念物)は、ちょっとばかし時期が遅かったのか、落花盛ん。

昨年も同じパターンで見頃を外しましたが、今年も同じ。
どうやら、この桜には縁がないようです。

ともあれ、久しぶりにカミさんと外出をして、しっかり目の保養ができました。

20240412_102021.jpg

20240412_102236.jpg

20240412_102450.jpg

20240412_102529.jpg

20240412_101849.jpg

20240412_103341.jpg

20240412_101838.jpg

20240412_104013.jpg

20240412_104023.jpg

20240412_105309.jpg
※ひよものしだれ桜

20240412_105519.jpg
※同上

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ


PVアクセスランキング にほんブログ村

ぶらぶらと、三重へ

花粉症が少しばかし良くなったので、三重県へホーロー看板を探しに行ってきました。
名二環の通行止めと東名阪の集中工事に阻まれて、国道はとんでもない渋滞。
木曾三川を渡るのに、一時間くらいかかりました。

自宅を出てから2時間以上かけてようやく三重県に入って、山里へ。

桜は散り始めでしょうか。
今年は桜の名所も行けなかったし、花見に関してはどうにも中途半端で終わってしまいました。

真珠漬の大きな看板が貼られた建物を見つけました。
伊勢の名物として有名ですが、かつてこの看板は三重県内には近鉄沿線の風景として、しつこいくらい貼られていました。
今は少なくなりましたね。

それと伊勢の国際秘宝館の看板。
これもたくさんありましたが、閉館したあと、今ではほとんど見かけなくなりました。

昭和は遠くなりにけり。
懐かしい風景がどんどん失われていくのは寂しい限りです。

20240410_114625.jpg

20240410_115234.jpg

20240410_122738.jpg

20240410_135416.jpg

20240410_134614.jpg

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ


PVアクセスランキング にほんブログ村

タコの島へ~日間賀島の旅

愛知県の三河湾に浮かぶタコの島、日間賀島に行ってきました。
毎年恒例の年忘れ旅行です。

師崎港からフェリーで10分。
一周5.5㎞のウーキングをして旅館『あさ喜』さんへ。

予約が取りずらい人気の宿ですが、5年ぶりに伺うことができました。

黒鯛とヒラメの刺身から始まり、ワタリガニ、クルマエビ、フグ、タコ刺、茹でタコ、タコこ飯…
次々に出てくる料理は食べきれないほど。

さすがに日間賀島です。
新鮮な魚を食べるには最高の島だと思います。

翌日は定番の『えびせんべいの里』に寄って帰宅しました。

20231208_141237.jpg

20231208_143209.jpg

20231208_152445.jpg

20231208_141908.jpg

20231208_144319.jpg

20231208_153130.jpg

20231208_145558.jpg

20231208_143542.jpg

20231208_142323.jpg

20231208_172949.jpg

20231208_173706.jpg

20231208_154126.jpg

20231209_085121.jpg

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ


PVアクセスランキング にほんブログ村

明治村へ

肌寒かった週末、愛知県の明治村へ行ってきました。
2年ぶりです。
今回は通常2000円の入場料がJAFの特典で500円になる特別割引券を利用しました。

あいにくの曇天、冷たい雨が時折落ちる寒い一日でしたが、教会や帝国ホテルはクリスマスの飾り付けがされており、名残りの紅葉も楽しむことができました。

20231203_125419.jpg

20231203_125843.jpg

20231203_102720.jpg

20231203_120408.jpg

20231203_102701.jpg

20231203_102656.jpg

20231203_121119.jpg

20231203_103948.jpg

20231203_130746.jpg

20231203_102540.jpg

20231203_100649.jpg

20231203_124510.jpg
※明治村 愛知県犬山市

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ


PVアクセスランキング にほんブログ村

四季桜の里へ

毎年恒例となった愛知県豊田市小原の四季桜の里へ行ってきました。

平日というのに、かなりの人出。
それも外国人観光客の姿が多いのには驚きました。

しかし、しかし、いかんせん、四季桜の群落がある山の斜面の真ん中には、無残にも緑色の工事用シートが敷かれている。
これがどうしても視野に入ってしまう。
土砂崩れの影響なんでしょうね。

いつもなら尾根伝いに山道を登って行けますが、それも通行禁止に。

四季桜は満開だというのに、いやはや残念ですが、すごく中途半端な見物となってしまいました。

20231122_102709.jpg

20231122_102756.jpg

20231122_103611.jpg

20231122_102529.jpg

20231122_103320.jpg

20231122_104213.jpg

20231122_104346.jpg

20231122_104257.jpg
※『四季桜の里』愛知県豊田市小原町川見

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ


PVアクセスランキング にほんブログ村

福井から琵琶湖への旅

20年来のライフワークとしている、ホーロー看板を探しに旅してきました。
自宅を出て福井、琵琶湖、岐阜の山奥をめぐる一泊二日です。

暑さと大雨、そして雷鳴…目まぐるしく変わる天気に翻弄されながら600㎞を走りました。
ホテル代をケチって道の駅でテントを張ったまでは良かったのですが、暑くて寝苦しい。
蚊が侵入して耳元でぶ~ん。

深夜になってようやくうとうとしたころ、雷鳴がとどろき、土砂降りの雨。
暑かったのでフライシートをかけていなかったのが失敗です。
テントはあっという間に水びたし。

這う這うの体でクルマに逃げ込んで、あえなく車中泊となりました。

おかげで翌日は寝不足と筋肉痛。
いやはや、もう若くもないので無理することもありませんね。

でもって、目的のホーロー看板ですが、やはりというか、なかなか見つかりません。
それでも山の中の小さな集落で見つけた金鳥の看板は、まさに正しい田舎の絵になる風景。

そこだけが光り輝くようでした。

稲刈りが始まった黄金色に輝く田んぼ、白く咲き乱れる蕎麦畑、淡くかすむ琵琶湖の風景…。

しっかりと目に焼き付けて、一人で走った短い旅を終えました。

20230919_165103.jpg

20230920_062652.jpg


20230920_062337.jpg

20230919_145757.jpg

20230920_080738.jpg

20230920_133859.jpg

20230920_134233.jpg

20230920_063339.jpg

20230920_063344.jpg

20230920_062628.jpg

20230920_133439.jpg

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ


PVアクセスランキング にほんブログ村

ぶらり町歩き~蒲郡へ

体がなまってきたので町歩きをしてきました。
JR東海道本線に乗って蒲郡へ。

9月とはいえ相変わらずの暑さ。
炎天下の町を歩きます。

蒲郡駅北口を出ると、ロータリーの広さと対照的に閑散とした風景がありました。

さながら廃墟のような、【閉店】の貼り紙がベタベタと貼られた駅前の雑居ビルを見ながら本町へ。
古い薬局やシャッターが下りた酒屋、路地には居酒屋もあって、昔の賑わいを想像できました。

小一時間、あてもなくぶらぶら歩く。

お目当てのホーロー看板を貼った肥料屋を見つけたことを除いて、中途半端に残っている古い町に心がときめくこともなく駅に戻りました。

ちょうど昼時ということもあって、食べるところを探しましたが、北口にはラーメン屋が1軒あるだけで何もありません。
仕方なく南口に出てみるとアピタがありました。

ここなら何かあるだろうと思いフードコートへ。
ほとんど客の姿もない、思った以上に寂れたフードコートに驚きました。

中華そばとミニチャーハンのセット(650円)を注文。
まるで冷食のような味わいにがっかり。
これなら北口のラーメン屋にしたほうが良かったと反省。

どこの駅もそうですが、空洞化が進んだ地方の駅前は寂れる一方のようですね。

20230913_122657.jpg

20230913_123132.jpg

20230913_114746.jpg


20230913_124206.jpg

20230913_112425.jpg

20230913_123700.jpg

20230913_123753.jpg

20230913_123809.jpg

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ


PVアクセスランキング にほんブログ村

夏の終わりの北陸の旅② 白山ホワイトロードへ

北陸の旅二日目は白山ホワイトロードをドライブして、白川郷に抜けて帰宅しました。

以前は白山スーパー林道と呼ばれていましたが、今はホワイトロードと名を改めて夏の期間限定で開通しています。
山中温泉に泊まると通行チケット(1700円)の無料サービスが受けられます。
事前にチェックしておいたのでフロントで申請し、チケットを受け取ることができました。

さて、ホワイトロードですが、全長約33.3㎞、標高500m~1450mの運上のドライブができる山岳コースです。
さすがに日本を代表する山岳ロードだけあって、見どころはたくさんあります。
日本の滝百選の姥ヶ滝は足湯や露天風呂を楽しみながらの絶景に驚き、落差86㍍のふくべ大滝の迫力も半端ではありません。
これを見ただけでも来た甲斐がありました。

石川県と岐阜県の県境にある三方岩駐車場の展望台からは、眼下に広がる白川郷が一望。

温泉と自然の絶景を楽しんだほんの二日間でしたが、夏の終わりの思い出として良い旅に仕上がったと思います。

20230901_104054.jpg

20230901_105220.jpg
※姥ヶ滝に向かう遊歩道

20230901_110054.jpg
※姥ヶ滝

20230901_105731.jpg
※姥ヶ滝を望む露天風呂

20230901_112944.jpg
※ふくべ大滝

20230901_113827.jpg
※白山ホワイトロードを望む

20230901_115016.jpg
※白山主稜線

20230901_121200.jpg
※三方岩の展望台から白川郷を見る

20230901_170102.jpg
※飛騨高山のカミさんの実家に立ち寄ると、稲穂が垂れて色づいていた

20230901_170032.jpg
※同上

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ


PVアクセスランキング にほんブログ村

夏の終わりの北陸の旅① 山中温泉へ

石川県の山中温泉から白山ホワイトロードを巡る旅をしてきました。

山中温泉は6月に夫婦旅に行き、現地目前で私の体調不良のためキャンセルしたいとう曰く付き。
今回はそれもあってのリベンジの旅です。

山中温泉へのアクセスは、岐阜の自宅から国道を乗り継いで郡上八幡に出て、そこから越美国境を越え、九頭竜湖、永平寺を経由しての完全下道のアプローチで向かいました。

途中の道の駅で鮎の塩焼きや越前おろし蕎麦に舌鼓みし、自宅を出てから6時間ほどで山中温泉に到着しました。

ホテルのチェックインまでの時間を温泉街の散策で時間を潰しました。
人気ルートのこおろぎ橋からあやとり橋までの約600㍍続く渓谷沿いの散策路を歩き、森林浴を楽しむことができました。

この日の宿は、湯快リゾート系列のホテルへ。
バイキングと温泉をのんびりと楽しむことができました。

とりあえずはこれで、山中温泉でのカミさんへのリベンジは終了。
翌日は、後半戦の白山ホワイトロードのドライブに向かうことになります。

20230831_151107.jpg
※山中温泉あやとり橋

20230831_151749.jpg
※同上

20230831_150941.jpg
※散策路を歩く

20230831_145609.jpg
※改修中のこおろぎ橋

20230831_152333.jpg
※山中温泉街の湯気ロード

20230831_143604.jpg
※山中温泉の菅原神社境内にある栢野大杉(樹齢1300年)

20230831_111612.jpg
※郡上八幡『道の駅やまと』アユの塩焼き(1匹600円)

20230831_124948.jpg
※『道の駅荒島の郷』越前おろし蕎麦(舞茸天ぷら付780円)

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ


PVアクセスランキング にほんブログ村

田んぼアートを観に行く

岐阜県恵那市に田んぼアートを観に行ってきました。
今年のテーマは『爪切り地蔵尊と花火』です。

明智鉄道と田んぼアートが見える展望台からベストショットを狙いました。
今にも雨が落ちてきそうな曇天で残念でしたが、カラフルな一輌電車がトコトコと走る様子は絵になりますね。

帰路には爪切り地蔵尊にも立ち寄ってきました。
恵那市久保原にある爪切り地蔵尊は伝承によると鎌倉時代末期(実際の作は江戸時代)の作と伝えられている石造線刻の地蔵菩薩像で、弘法大師が一夜で建立したものといわれています。
地蔵尊にちなんだ奉納花火は360年の伝統があるそうです。

20230817_103700.jpg

20230817_105829(0).jpg

20230817_103714.jpg

20230817_113709.jpg
※爪切り地蔵尊

20230817_113630.jpg
※同上

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ


PVアクセスランキング にほんブログ村

百花繚乱の山里へ しだれ桃を見に行く

岐阜県恵那市串原という山間の小さな集落へ、今が盛りのしだれ桃を見に行ってきました。
ここは知る人ぞ知る隠れスポットです。

昨年は4月下旬に訪ねましたが、すでに開花の時期は終わっており、今回はリベンジです。

古民家を背景に、白、ピンク、紅色のしだれ桃がぐるりと取り囲む景色は、まるで桃源郷のようです。
水が張られた棚田に映る桃の花が素晴らしい。

この日はフルートとピアノのコンサートも開かれるということでした。
12年前に植樹した2000本のしだれ桃が育ち、この数年からようやく見ごろとなってきたと地元の方がおっしゃっていました。

集落の周りも、まさに春本番の百花繚乱。
満開のしだれ桜のピンクが目にまぶしい。

帰路に立ち寄った同じ恵那市にある樹齢300年の「ひよものしだれ桜」(岐阜県指定天然記念物)は、ちょっとばかし時期が遅かったのか、落花盛ん。

来年のリベンジを誓いました。

このところ病に臥せっていましたが、ようやくエンジンがかかり始め、気分転換の一日となりました。

20230404_090355.jpg

20230404_090835.jpg

20230404_092503.jpg

20230404_091054.jpg

1680655693220.jpg

20230404_092828.jpg

20230404_090604.jpg

20230404_093211.jpg

20230404_093249.jpg

20230404_093520.jpg

20230404_095421.jpg
※ひよものしだれ桜

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ


PVアクセスランキング にほんブログ村

福井、冬の名残旅

ホーロー看板を探しに福井を旅してきました。
若狭から越前へ、自宅を出てから1泊2日の800㎞のドライブです。

福井県にあっても若狭地方は比較的暖かいのか、北陸地方に春一番が吹いたこの日、気温はぐんぐん上がって17度C。
ダウンも脱いで、薄着でハンドルを握りました。

一転して翌日は、まだ深い雪が残る越前の山岳地帯へ。
道路を除いて、集落は雪の中。

春はまだまだ先のようです。

20230227_160033.jpg
※若狭の町並み

20230228_082356.jpg
※福井の山奥の春はまだまだ遠い

20230228_104317.jpg

20230228_102306.jpg

20230227_152711.jpg
※こうした看板もまだ残っていました

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ


PVアクセスランキング にほんブログ村

昭和日常博物館へ

愛知県北名古屋市にある『昭和日常博物館』に行ってきました。
オープン間がない10年以上前に見学したことがありましたが、展示スペースも拡大されて充実した内容になっていました。

特にホーロー看板の充実ぶりは一見の価値があります。
2020年に、愛知県のホーロー看板収集家で有名な佐溝力さんのコレクション5000点が寄贈されたということで、これを目的に見にきたとうわけです。

壁一面に貼られたクスリの看板は圧巻です。
ホーロー特有の輝きに魅了されました。

2020年代になり、ホーロー看板と出会う機会もめっきり減りました。
私自身、20年来にわたりホーロー看板がある風景を探して全国を旅し、それをホームページに記録している変わり者なんで、だれよりも看板の稀少性を分かっているつもりです。

自然の状態では滅多に見ることができなくなった昭和の残像ともいえるホーロー看板ですが、盗難や消失を免れて、こうした博物館で大切に保管されていることを思えば、それも良しとしたいと思います。

展示物としては、地下スペースには往年の名車もずらりと並んでいました。
初代カローラやスバル360が懐かしかったですね。

さて、この博物館ですが、入場無料です。
これほどの展示がタダで見れるとは、嬉しいかぎりです。

20230211_134959.jpg

20230211_141036.jpg

20230211_135323.jpg

20230211_135408.jpg

20230211_135528.jpg

20230211_135800.jpg

20230211_140411.jpg

20230211_140812.jpg

20230211_140830.jpg

20230211_140211.jpg

20230211_135702.jpg

20230211_135630.jpg

20230211_135640.jpg

20230211_141722.jpg

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ


PVアクセスランキング にほんブログ村

三河大野を歩く

愛知県の奥三河の町、大野を歩いてきました。

大野は鳳来寺山と秋葉神社を結んだ秋葉街道の宿場町で、鳳来寺鉄道(現JR飯田線の一部)の駅も設置されたことから、交通の要衝として繁栄したといわれています。
しかし、令和の今は、当時の賑わいはすっかり影を潜め、ネコさえ横切らない静かに時を刻む町並みがありました。

町の中心部にあるシンボル的存在である鳳来館は1924(大正13)年に大野銀行の本店として大正時代に建設された洋風建築の鉄筋コンクリート造りで、東三河地方の金融の拠点としても栄えた名残として目を引きます。
今は、カフェとしても使われています。

大野の町は、宿場町の名残と思われる旅館や商家の建物などがいくつも軒を並べ、歴史の重みがある町歩きを楽しむことができます。
愛知県の奥三河という交通不便な山間に、足を運んだ甲斐がありました。

20230201_121916.jpg

20230201_121807.jpg

20230201_121632.jpg
※鳳来館(旧大野銀行本店)

20230201_121612.jpg

20230201_121352.jpg

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ


PVアクセスランキング にほんブログ村

日本のシンドラー、『杉原千畝記念館』へ

カミさんの実家がある飛騨高山に帰省した帰りに、ずっと以前から気になっていた岐阜県八百津町にある『杉原千畝記念館』に寄ってきました。

千畝は“日本のシンドラー”ともいわれた外交官です。
1940年夏、リトアニア日本領事館に勤務する千畝は、ナチスの迫害によりポーランドから逃れてきたユダヤ人たちに対して、日本政府の許可がないまま独断でビザを発給し、日本に逃したという人物です。
その数、6000人。
これが『命のビザ』として、後世に語り継がれたようです。

千畝の出身地である八百津町に、人道博愛の精神を発信する目的で作られたのが、この記念館ということでした。

残念ながら館内は撮影禁止でしたが、『命のビザ』を発給することを決断した執務室である『決断の部屋』も再現されており、なかなかの見ごたえがありました。

昨年11月に福井県の敦賀市を旅した時、敦賀港にあるユダヤ人上陸の地を見学しました。
千畝がビザを発給し、日本に逃したユダヤ人たちは、敦賀から神戸、横浜に渡り、アメリカ、カナダを始めとした世界各国に亡命していくことになります。
これで、ストーリーがつながったように思いました。

さて、杉原千畝については唐沢寿明主演で映画化もされたし、ノンフィクション本もいくつか出版されています。
私も2冊所蔵していますが、画像の『千畝』と『命のビザ』は、長らく本棚の肥やし状態。

これを機会に手に取ろうと思います。

ちなみに、“千畝”とは、八百津の言葉で、段々畑や棚田の意味があるということでした。

20230107_135345.jpg
※杉原千畝記念館(入館料300円)

20230107_135517.jpg
※記念館前にある人道の丘モニュメント

20230107_135611.jpg
※杉原千畝の像

20230108_105922.jpg
※パスポートを模した記念館のパンフレット。

20230108_110003.jpg
※千畝関連の本。まだ未読です。

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ


PVアクセスランキング にほんブログ村

2022年最後の旅② 日間賀島を歩く

常滑の『やきもの散歩道』でウォーキングを楽しんだ後、知多半島の先端・師崎港へ。

ここから高速フェリーで日間賀島に向かいました。
ほんの10分ほどで西港到着。

お世話になった宿は、民宿『吉浜荘』さん。
宿泊料金は2名で1泊2食が、なんと11,760円でした。
そして、さらに愛知県限定の3,000円のクーポン券が2枚、6,000円分がついてきました。

全国旅行支援のおかげです。
ありがたや~。

この日の宿泊客は平日とあって、私たち夫婦の他には家族連れの5人のみ。
コロナ対策もあって、食事の部屋も別々で、館内で顔を合わせることがないように配慮されていました。

食事はさすがに日間賀島。
鯛のお造りから始まって、カマスと車エビの塩焼き、エビフライ、フグのフライ、サザエ、そして日間賀島では定番のゆでタコとタコ飯など。
新鮮な海の幸をがっつりと味わうことができました。

これまで毎年のように日間賀島の民宿に泊まり、料理を味わっていますが、どこもハズレがなくコストパフォーマンスは良いと思います。

翌日。
チェックアウト後、いつものように島内一周のウォーキング。
約5㎞をのんびりと一時間半かけて歩きました。

名物の風に揺れるタコ…タコの干物を造る風景には出会うことができませんでしたが、小さな漁船が係留された港や穏やかな海岸の風景を満喫。

師崎港に戻り、ドライブがてら豊浜の『さかな広場』や美浜の『えびせんべいの里』、常滑の『かねふくめんたいパーク』に寄って帰宅しました。

暮れも押し迫っての小さな旅でしたが、良い思い出ができました。

20221226_155355.jpg
※日間賀島の西港へ。いつものようにタコがお出迎え

20221226_180946.jpg
※民宿『吉浜荘』の夕食

20221226_180950.jpg
※同上

20221227_085839.jpg
※島の丘から見える伊勢湾の風景

20221227_091526.jpg
※童心に帰ったカミさん。島の名所『恋人ブランコ』で

20221227_091226.jpg
※タコのモザイクアート

20221226_180954.jpg
※久淵港に係留された漁船

20221227_085606.jpg
※日間賀島といえば、タコとフグのマンホール

20221227_085636.jpg
※同上

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ


PVアクセスランキング にほんブログ村

2022年最後の旅① 常滑『やきもの散歩道』を歩く

暮れが押し迫って、今年を飾る最後の旅に行ってきました。

…といっても、自宅からクルマで1時間半ほどの近場ですが、せっかくなのでウォーキングがてら美味い魚を食べようということで、知多半島を歩き、三河湾に浮かぶ日間賀島で泊まることにしました。

ついでに言うと、日間賀島は毎年のようにこの時期に訪れています。
まったく飽きないくらい、大好きな島なんですね。

まずは初日の常滑から。

常滑駅周辺には日本遺産に認定された常滑焼で有名な『やきもの散歩道』というウォーキングコースがあります。
2012年にも歩いていますが、10年ぶりのコースは、休憩所もできて更に整備されており、新たなスポットも増えてまた違った顔を見せてくれました。

ほんの1.6㎞の短いウォーキングでしたが、路地の中にうねるように続く古い町並みや、登り窯のレンガ煙突。小さなギャラリーや土管の坂。
見どころはたくさんあり、クルマの心配もないので散歩コースとしては最高でした。

寒さでこわばっていた体もゴールした時にはポカポカになっており、楽しい1時間半を過ごすことができました。

20221226_130743.jpg
※窯のある風景

20221226_131123.jpg
※常滑のマスコット。巨大な招き猫の『とこにゃん』

20221226_131322.jpg
※古い町並みを歩く

20221226_132107.jpg
※廻船問屋瀧田家の前にある土管が埋め込まれた坂

20221226_132409.jpg
※『ふるさとの坂道30選』に選定された土管坂

20221226_134123.jpg
※登窯。昭和49年まで実際に使われていた。昭和57年に国の重要文化財に指定された

20221226_134309.jpg
※登窯内部

20221226_134334.jpg
※同上

20221226_134603.jpg
※登窯周辺には窯元が軒を並べる

20221226_134640.jpg
※同上

20221226_134910.jpg
※同上

20221226_134938.jpg
※陶器が埋め込まれた道

20221226_135404.jpg
※レンガ煙突がある風景

20221226_135616.jpg
※同上

20221226_140051.jpg
※土管の石垣の上に建つ家

20221226_140204.jpg
※常滑を象徴する煙突のある風景

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ


PVアクセスランキング にほんブログ村

初冬の奥三河を旅する

ライフワークのホーロー看板を探しに、愛知県の奥三河を旅してきました。

刈り取りが終わって、ハゲ坊主のようになってしまった四谷千枚田(日本の棚田百選)は、冬を待つ風景に。

奥三河からJR飯田線に沿って静岡県天竜に抜けた最奥の町・浦川は静かさの中にひっそりとたたずむ集落の風景がありました。

すぐそこまでききている冬の扉を感じる、爽やかな旅をどっぷりと味わうことができました。

20221207_103854.jpg
※日本の棚田百選の四谷千枚田

P8280135.jpg
※ちなみにこれは夏の風景(2010年8月撮影)

20221207_103935.jpg
※同上 手前には人の姿が…。

20221207_103950.jpg
※同上 よく見ると人形でした(怖)

20221207_102621.jpg
※東栄町の町並みを歩く

20221207_112424.jpg
※地酒のホーロー看板を見つけた

20221207_115706.jpg
※浦川の町並み

20221207_115813.jpg
※同上

20221207_113139.jpg
※山の斜面にへばりつくような集落

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ


PVアクセスランキング にほんブログ村