2022 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312022 11

植物画講座終了!

昨年から10か月間にわたって続けてきた植物画(ボタニカルアート)の通信講座の終了証が送られてきました。

鉛筆スケッチや彩色の自由課題など6回の課題を提出しましたが、あろうことかすべて【優】の合格を貰うことができました。
還暦オヤジの手習いなので、採点を甘くしてもらったかもしれませんが、素直に嬉しいですね。

高校生以来45年ぶりに絵筆を握った一年でしたが、透明水彩での色の表現の難しさと楽しさを味わうことができました。
これからも季節の野草を描くつもりです。

まずは甥の新築祝にチャレンジかな。

この年になっての新たな趣味の出会いは、人生の幅がまた少し広がったような気がします。

20220516_085911.jpg

20220516_090510.jpg
※卒業課題で提出したシデコブシ

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ

スポンサーサイト



[ 2022/05/16 ] 植物画 | TB(0) | CM(2)

植物画を始めました~終了課題提出

10ヵ月間に渡った植物画(ボタニカルアート)の通信講座もいよいよ終了課題の提出となりました。
最後は、自由に好きなモチーフを描くということです。

選んだのは、シデコブシの花。
私が住む岐阜県の里山に自生する天然記念物です。

純白に薄紅のラインが可憐ですが、白をどう表現するかが難題です。
透明水彩には、もとより白の絵の具はありません。

陰影を出しながら紙の色を使って白を表現しなければ…。
スケッチから始まって、格闘すること3日。

ようやく完成しました。

雪を散らしたような可憐な花のありのままの姿を捉えることの難しさ。

植物画は奥が深いですね。
うまく描けませんが、これが今の実力です。

無事に合格し、修了証書が貰えますように…。

20220411_150901.jpg

20220412_162959.jpg

20220412_171458.jpg

20220413_143807.jpg

20220411001a.jpg

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ

[ 2022/04/13 ] 植物画 | TB(0) | CM(0)

植物画を始めました~野草を描く

色づいた紅葉の絵が描きたくて、近くの雑木林へ。
時期が遅かったのでしょうか、そこには冬枯れの寒々とした風景が。
紅葉はすっかり終わり、茶色に変色した落ち葉ばかりです。

ようやく見つけたのが、黄色のベースに汚く茶色に変色した葉っぱ。
よく見るとブドウのような小さな実もついていました。

これを少しばかし持って帰り、いざスケッチを。

今回は彩色前に葉脈を安全ピンでなぞるという裏技をしてみました。
植物画のサイトに出ていましたが、これって、邪道なんじゃないかと…。

確かに葉脈には絵具がしみ込んではっきりとしますが、よく見ると銅板に彫ったエッチングのようで、バランスが悪く柔らかさがない。

やはり筆でしっかり描ける技術を身につけなければなりません。

集中すること3日間で完成。
枯れ葉の絵は運気が落ちるというので、壁にかけることはせずにお蔵入りにするつもりです。

正月も近づいたので、次はカミさんから注文されている南天(ナンテン)にチャレンジしてみようと思います。

 ※アオツヅラフジ(ツヅラフジ科)
ツヅラフジ科のつる性落葉木本。有毒の植物で、別名カミエビとよばれる 。昔は丈夫なつるをオオツヅラフジなどとともに「つづら」の材料としたり、鳥もちを塗って鴨猟に使った。物を縛るのに使われたり 、買い物かごや、背負いかごなど多角的な用途がある。

20211220_084247.jpg

20211219_200654.jpg

20211220_151838.jpg

20211220_213619.jpg

20211221_110610.jpg

20211221_110852.jpg

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ

[ 2021/12/21 ] 植物画 | TB(0) | CM(0)

植物画を始めました~彩色画課題提出

ここ一週間ほど、部屋にこもって絵を描いていました。

通信講座の植物画を始めて6ヵ月。
来月に提出しなければならない彩色画の課題に取り組んでいました。
今回の課題はお手本通りにスケッチして、彩色をするというものですが、
手始めに書いてみたミヤコワスレはまったく描けず、正直言ってめげそうになりました。
今回は目先を変えて、難易度は高そうですが、ベゴニアにチャレンジすることにしました。

毎日3時間ほど絵筆を握って、ようやく完成です。
お手本と比べてみると、スケッチが甘いし、色も違う。
花や茎、葉っぱの色がうまく出せていないです。
ぼかしの技術もまだまだ。

自分としては納得いく出来ではありませんが、
これが今の実力だとわきまえて、提出することにしました。

合格するといいんですが…。

植物画は、思った以上に奥が深いです。

20211213_143544.jpg
※ベゴニアを描く…左がお手本

20211215_145559.jpg

20211216_150644.jpg

20211217_124309.jpg

20211217_125705.jpg
※完成 2021.12.17

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ

[ 2021/12/17 ] 植物画 | TB(0) | CM(0)

植物画を始めました~彩色にチャレンジ その2

提出課題の彩色画の1枚目を作成しました。
モチーフはミヤコワスレ。

お手本を見てスケッチしたものを彩色しますが、色がどうもうまく出せません。
花芯の黄色が出ないし、花びらの明るい紫も表現できない。
葉っぱのボカシも難しい…。

何度も色を重ねて格闘すること3日間。

ようやく完成。

しかし、似ても似つかない…。
これではとても提出できません。

このままではめげそうなので、気持ちを入れ替えて、次のモチーフにチャレンジしようと思います。

20211207_110621f.jpg
※左が手本

20211208_112626aa.jpg
※左が手本

20211208_122003.jpg
※完成

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ

[ 2021/12/09 ] 植物画 | TB(0) | CM(0)

植物画を始めました~彩色にチャレンジ

6月から始めた植物画(ボタニカルアート)ですが、3ヵ月ほどサボっていました。
鉛筆デッサンまで終了し、彩色に入るところでモチベーションが落ちてしまい、エンジンストップです。

9月に提出した自由課題のアルストロメリアのスケッチは【合格】でした。
手が止まってしまったのは、それで安心したのかもしれません。
来月は彩色模写の課題提出のタイムリミットなので、なんとしてもやらなければなりません。

…でもって、ようやく絵筆を握りました。

まずは単色と混合色の色見カードを作る作業。
2色を組み合わせる混合色は難しく、水の分量が多すぎても少なすぎてもいけまん。
さらに3色を混ぜるカードを作成。
これが彩色する上での基本となります。

そして、次の作業は彩色する植物の模写です。
これは鉛筆で見本を参考にして忠実に書きました。

とりあえず今週の作業はここまでです。
次回はいよいよ彩色にチャレンジです。

20211201_164114bbb.jpg

20211202_195150aaa.jpg

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ

[ 2021/12/02 ] 植物画 | TB(0) | CM(0)

植物画を始めました~鉛筆画課題提出

6月から始めた植物画(ボタニカルアート)通信講座も3ヶ月目に入りました。
彩色はまだ先ですが、今回は葉と花のスケッチ学習の総仕上げとして、好きなモチーフを鉛筆で描いたものを提出します。

自由課題なので、マリーゴールド、ヤマユリ、宵待ち草など庭先の花や野の花を摘み取っていろいろチャレンジしてみましたが、どれもうまく描くことができません。
特に花が難しいですね

花弁が多く複雑になればなるほど、詳細に陰影をつけて描くことのレベルが上がります。
今回、提出用に選んだ課題は、アルストロメリアという南アメリカ原産のユリズイセン科の花。
カミさんの実家の花壇から切り取ってきましたが、形状はユリの花に似ている薄いピンクの可憐な花です。

実際に描いてみると、花弁の重なり部分とかは陰影をつけるのが難しくて、出来栄えは今一つ。

まだまだ発展途上なので、こんなもんかなぁ…と思いながら【再提出】覚悟で宿題を終えました。

20210810_172124ww.jpg

20210911_071920gtr.jpg

202109110001tr.jpg

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ

[ 2021/09/12 ] 植物画 | TB(0) | CM(0)

植物画を始めました~葉のスケッチ

この一週間、ほとんど何もせずオリンピック観戦にうつつを抜かしていました。
コロナの感染爆発の現状では、自宅にこもっていたのはある意味良かったかもしれません。

そして、昨日は半年に一回の腹部CT検査で病院へ。
結果は来週の診察です。

6月から始めた植物画(ボタニカル・アート)の通信講座ですが、一回目の提出課題が添削されて戻ってきました。
ハナショウブを描いた模写課題は、優・良・可・再の採点でなんと【優】でした。陰影の濃さについては、使用する鉛筆をHBとHの2種類の使い分けを指摘され、どちらか一方で使うのが良いということでした。
また、45年ぶりに絵筆を握って彩色した外来有毒植物のワルナスビを描いた自由課題も【優】でした。
自分としては、実物には程遠い色でうまく描けませんでしたが、まぁ、ヤル気を出させてくれるためのオマケかと思います。

さて、ここからは更に学習は進んで、葉と花の鉛筆スケッチに入っていきます。
まずは身近にある葉っぱをどんどん描く練習です。

葉っぱは単子葉や双葉など形状も様々。
実際に描いてみると、特徴を掴むのも難しいいし、何よりも陰影を捉えて立体感を出すことができません。
キクやアサガオよりも、ユリの葉のようにのっぺらとした単子葉の陰影は難しいですね。

暇つぶしから始めた植物画ですが、少しづつ面白さが増して、けっこうのめりこんでいます。

20210811001uytr.jpg

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ

[ 2021/08/11 ] 植物画 | TB(0) | CM(0)

植物画を始めました~提出課題完成

2回目のワクチン接種をして1日が経った昨日、副反応が少し出たようです。
まず、腕が筋肉痛。
じっとしていると何ともありませんが、抑えると痛いというレベルです。痛みは1回目よりも強く感じます。
そして、24時間が経過した夕方、なんだか体がだるくなり、少し悪寒が。
熱を測ってみましたが、平熱です
横になりたい気持ちが先立ち、念のためにロキソニンを飲んで、早々に寝ました。
昨日は老父を病院に連れていき、冷房が効きすぎる待合に半日いたのがいけなかったようです。
その上、寝不足もあったので、体調が少し崩れたかもしれません。

クスリが効いて、夜中に寝汗をかきましたが、今朝起きると体調は戻っていました。
腕の筋肉痛も和らぎ、いつも通りのウォーキングをすることができました。

何はともあれ2回目の接種が終わり、あとは抗体ができるのを待つだけです。

さて話を変えて、60の手習いで始めた植物画です。
本日、通信講座の1回目の課題を提出しました。

ハナショウブの模写と、自由課題を1枚。
自由課題は6月に描いた名も知らぬ花を彩色し直して完成。
この花は植物図鑑で調べても名称が分からなかったのですが、偶然にブロ友さんのブログで画像付きで取り上げられているのを発見。
『ワルナスビ』という外来植物で、なんと有毒性があるということです。
小さな実はナスビに似ているので、間違って食べると食あたりを起こすとあります。
これにはびっくりです。
今になって思うと、この花を採取するとき、するどい棘が指に刺さって大変でした。
なんでも花、茎、葉、実すべてに毒性があるということで、二度びっくりしました。

まぁ、体は何ともありませんが、かわいい可憐な花に惑わされてしまいましたね。
まさに“美しいモノには棘がある”
『悪女』のような花ですね。
知らないということは、怖いことです。

それはそうと、課題の絵ですが、まったくうまく描けません。
「まぁ、一回目だからこんなもんかなぁ…」
めんどうそうに横目で見ながら、カミさんは、
「うん、うん」と頷いていました(笑)。

20210721001tre.jpg
※左がお手本。右が模写

20210721002tre.jpg
※完成した模写

20210721004tre.jpg
※自由課題。前回6月に描いた絵を彩色します。

20210721005tre.jpg
※コントラストがはっきりしましたが、思い通りの色にならないし、陰影や遠近感、葉脈の描き方が難しく、まったく描けていません。

20210721006tre.jpg
※提出した完成画。

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ

[ 2021/07/21 ] 植物画 | TB(0) | CM(0)

植物画を始めました~模写練習その2

北陸地方が梅雨明けしましたね。
東海地方はまだ少し先でしょうか。
今日も大気の状態が不安定で、夕方には雷が鳴り、バケツをひっくり返したような雨が降りました。

さて、植物画の勉強ですが、今日は二回目の模写練習をしました。
テキストのスズランの絵を忠実に描きます。

前回のスイセンからは少し難易度が上がったようで、構図も取りづらいです。
花も小さいので遠近感や陰影のつけ方も難しかったですね。

次回は更に難易度が上がる、ハナショウブに挑戦です。

20210714005trd.jpg
※左/テキストのお手本  右/描いた絵(1枚目の画像)

20210714004trd.jpg
※今回描いた絵

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ

[ 2021/07/14 ] 植物画 | TB(0) | CM(0)

植物画を始めました~模写練習

60の手習いで始めた植物画。
毎日、コツコツと練習するつもりが、初めの勢いはどこへやら、いつの間にか2~3日置きになってしまいました。

線書き練習の次は、模写練習です。
テキストを参考に模写をしますが、最初はトレーシングペーパーで上からなぞって輪郭を書いてみます。
陰影をつけるのは、テキストを見ながらの作業です。
約2時間かかって終了。

3日後、テキストを食い入るように見て模写をします。
今度はケント紙なので、上からなぞることはできません。
構図を頭に入れながら大きさ、形、陰影を忠実に描きますが、定規で測るわけではないので、さすがに難しいです。
2時間かかって完成。

左/テキスト、中/トレーシングペーパー、右/ケント紙の順番に並べてみると、ケント紙に描いた模写は葉の輪郭やカタチ、陰影が微妙に違っていました(画像)。

高校生の頃、鉛筆や木炭で石膏デッサンをしたことがありましたが、小さな花の模写と言えども45年ぶりの手習いです。
忠実に写し取ることの難しさを実感しました。

模写の練習はしばらく続けようと思います。

20210709001trd.jpg

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ

[ 2021/07/09 ] 植物画 | TB(0) | CM(0)

植物画を始めました~線描き練習

60の手習いの植物画、飽きずに続けています。

平行線、タテ平行線、円弧、ギザギザ線ときて、いよいよ葉っぱの線書き練習です。
テキストのお手本を見て、書き方の番号順に線を描きます。

単純でいて、複雑な双子葉。
葉脈も違うし、模写するだけでも難しい。
なかなか思うような線が引けません。

素早くスムーズな線が引けるようになるでしょうか。

まだまだ先は長い。

20210701002tre.jpg

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ

[ 2021/07/03 ] 植物画 | TB(0) | CM(0)

植物画を始めました~45年ぶりの絵筆

『ドラゴン桜』全部見ちゃいました。
最終回は前回メンバーも出演して盛り上がりましたね。
最後に出てきたガッキーは結婚して奥様になっただけあって、落ち着きと大人の色気を感じました。
日曜の毎週の楽しみがなくなってちょっと寂しいですが、まぁ、その分は好きなことができる時間に充てることにします。

…ということで、最近始めた好きなことです。
以前のブログで植物画(ボタニカル・アート)の通信講座を始めたと書きましたが、
今日はテキスト1巻目の最初の提出課題、自由作画をしてみました。

これは身近な草花を題材に、自由に描くという趣旨ですが、鉛筆描きで彩色は自由です。
本格的な描き方の学習に入る前に、まずはどの程度の実力(?)があるかを添削者が確認するための宿題です。

高校時代に少しばかり油絵をかじっていたことがありますが、絵筆を持つのも、絵を描くのも実に45年ぶりです。
花や植物の絵は描いたことがないし、水彩画もやっていません。
油絵ではもっぱら静物や風景画でした。

ウォーキングの途中で見つけた棘がある白い小さな花(名称が分かりませんが・笑)を透明の瓶に入れて、いざ。
植物画をやる以上、モチーフの花の名前くらい知らないといけないのですが、こちらの知識もほぼゼロ。
今度、植物図鑑でも購入することにします。

さて、スタートです。
じっくり見ながらHBとHの鉛筆を使い分けて描いていきます。

構図の取り方、バランス、遠近感…思った以上に、難しい。

テキストによると、消しゴムはなるべく使わないでということなので、線が思うように描けなくて焦ってしまいます。
濃淡をつけながら2時間かかって鉛筆描きが終了。

まったく表現できていない。
植物を描くことがいかに難しいのか、早くも壁にぶつかってしまう。

どうせうまく描けないなら、気を取り直して、彩色もしてみることに。
絵具を溶くのも、筆を持つのも45年ぶりなので、色の配合がうまくいかない。
葉っぱの色が似ても似つかぬ色になってしまいました。

まぁ、最初だからいいか。
これから勉強するんだから…などと思いながら1時間。
ようやく完成。

カミさんに見せたら、
「最初は、これでいいんじゃない」
という返答。

植物画はモチーフそのままを細密に表現する画法ですが、実物とはほど遠い仕上がりになりました。

60の手習いです。
これからの学習で果たしてうまく描けるようになるのか、はなはだ疑問ですが、楽しくやろうと思います。

20210627001trd.jpg

20210627002trd.jpg

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ

[ 2021/06/27 ] 植物画 | TB(0) | CM(0)

60の手習い~植物画を始めることにしました

60の手習いで、植物画(ボタニカル・アート)を始めることにしました。
ずっと昔から、いつかはやってみたいと思っていたアートです。

半月ほど前、新聞の広告で植物画の通信講座があることを知り、さっそく申し込みを。
本日、テキストと教材が届きました。
講座期間は10ヶ月で、その間に課題の絵を描いて送り、添削をしてもらうという仕組みです。

費用は4万3千円。
無職の定年オヤジには厳しい出費ですが、日がな一日をぼぉ~と過ごしている自分にとっては、刺激になるかなぁと思います。

まったく知りませんでしたが、植物画には定義があるようです。
・実物大に描く
・背景を描かない
・人工的な物(植木鉢や花瓶等)は描かない
・植物の持つ特性を変えない

植物図鑑(図譜)を見られた方は分かるかと思いますが、忠実に細密に描くことが基本です。

自分にできるかどうか分かりませんが、楽しくチャレンジしようと思います。

20210618002ytd.jpg

20210618001ytd.jpg

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ

[ 2021/06/18 ] 植物画 | TB(0) | CM(0)