2006 051234567891011121314151617181920212223242526272829302006 07

あぁ、学生服

写真は名古屋市内のど真ん中で見つけた学生服のホーロー看板。
今でこそジャケットが主流のようだが、昭和40年代までは学生服といえば、黒の詰襟、セーラー服と決まっていた。
かくいう僕も6年間に渡って着たわけだが、詰襟が窮屈で首がすれてどうにもなじめなかった。高校生になると、襟の内側に付ける白いカラーをはずしていたが、これがちょっとばかしツッパリのよう見えて、服装検査でよく注意された。
僕が高校生の頃の昭和50年前後は、どおくまんの漫画、「嗚呼、花の応援団」が売れていた時期であり、曲では宇崎竜童の「港のヨーコ・ヨコハマ ヨコスカ 」(1975年)が大ヒットしていた。
ツッパリ達は学ランの裏地に虎や龍、花札をあしらった派手な刺繍をほどこしたり、ズボンの裾をマンボズボンのように絞ったりしていた(スカマンと呼んだ)。髪型も蝿のスベリ台のようなリーゼントだった(笑)。
一方で、制服の裾をラッパズボンにする奴もいた。これは中村雅俊の「俺たちの旅」の影響。
マンボだろうがラッパだろうがまったく興味もなく、騒いでいる連中を冷ややかな目で見ながらで僕は過ごしていた。遅刻しそうなときにはそれこそパジャマの上に学生服を着ていった。その上、毎日同じものを着ていても平気という着るものに無頓着な性格で、洗濯もせずに同じシャッを1ヶ月くらい着ていた。このだらしなさは今だに治らず、不惑の齢になっても「また、同じ服着ているの!」と相変わらずカミさんに注意されている。
さて、そんな学生服だが、ホーロー看板の世界では20ブランドくらいはあるようで、デザインの違いを入れれば50~60アイテムはあるようだ。
官公と富士ヨットが二大メーカーだが、官公は桜田淳子、富士ヨットは山口百恵をCMに起用した。森昌子を入れて花の中三トリオとか高一トリオとか騒がれていた時期で、同じ年齢の僕は、そんな華やかな別世界にいるタレントたちと全く対照的に、好きな女生徒にも声をかけれず、太宰治の文庫本なんぞを学生服のポケットにしのばせ、うつむきながら学校に行き、帰ってくるという、けっこう暗い日々を過ごしていた。
ここまで書いて思い出したが、そういえば、高一トリオと同じ頃に「スター誕生」でデビューした歌手に藤正樹という奴がいた。後年、事件を起こして変なところで有名になったが、薄紫色(藤色というのか)の学生服を着て歌っていたのが、キモかった。
スポンサーサイト