2006 051234567891011121314151617181920212223242526272829302006 07

倉橋島で広島焼初体験!

倉橋島で広島に来たからにはどうしても食べたかったお好み焼き(広島焼き)を食べた。
広島の友人によると、のれんをつつましくかけた古く小さな店が狙い目らしい。
その上に焼いてくれるのはおばさんかおばぁちゃん、更にソースはオタフクソースでなければいけないという。
倉橋島から呉市内に戻る途中の小さな集落で、そんな厳しい条件にぴったりの店が見つかった。
早速入ってみると、小さな鉄板を囲んで年季が入った古い長椅子があり、壁際には待合用の椅子が置いてある。
「肉玉そば」を注文し、待合用の椅子に座って待つ。
この道27年というおばさんは、手際よく焼きソバを炒め、食欲をそそるオタフクソースで味付けしていく。
ソースが鉄板にはじける香ばしい匂いに、僕の鼻腔は「ぐぅ…」「たまらん」と反応していた。
この店のお好み焼きは、焼きそばをたまごを引いた薄い生地でくるんで、オタフクソースをたっぷりとかけ、青ネギをまぶすというシンプルなものだったが、まるで焼きそばとお好み焼きを一緒に食しているような不思議な食感だった。
ボリュームも充分でうまかった。

残念ながらこの店、店名をメモするのを忘れてしまった。
うー、悔いが残る。

2017021800048.jpg
※広島県呉市倉橋島のお好み焼き屋さんで撮影

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

スポンサーサイト