2008 031234567891011121314151617181920212223242526272829302008 05

『脱出記』は凄い!

久々にすごいノンフィクションに出くわした。
『脱出記』(スラヴォミール・ラウイッツ著 ヴイレッジブックス)というのがそれ。
第二次世界大戦の中、シベリアの強制終了所を脱走して、チベットを越えインドまで歩いた男たちの実話である。
このところの通勤の友ですが、あと少しで読了となってしまうのも惜しいくらい、これは凄い本としかいいようがない。
嘘だと思ったら、一度手にとってみてくだされ。
決して、裏切らないと思います。

脱出記―シベリアからインドまで歩いた男たち (ヴィレッジブックス N ラ 1-1)脱出記―シベリアからインドまで歩いた男たち (ヴィレッジブックス N ラ 1-1)
(2007/11)
スラヴォミール・ラウイッツ

商品詳細を見る
スポンサーサイト



[ 2008/04/09 ] ▼読書 | TB(0) | CM(2)