2013 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312014 01

『清州会議』 原作を読んで、映画を観る

三谷幸喜の話題の作品、『清州会議』を"読んで"、"観た"。
結論から言えば、どっちも楽しめました。

原作者と脚本・監督が同じなので、まぁ当たり前なんだけど、
文字の世界をどこまで映像で表現できるか…という観点でみれば、
この作品の及第点はかなり高いんじゃないでしょうか。

また、原作では現代語訳の口語体になっている文章も、
映画では名古屋弁丸出しの表現もあって、更に好感が持てました。

清州は名古屋と目と鼻の町。
遠く離れた仙台にいて、生まれ故郷の名古屋が妙に懐かしく感じました。

清須会議 (幻冬舎文庫)清須会議 (幻冬舎文庫)
(2013/07/26)
三谷 幸喜

商品詳細を見る

スポンサーサイト



[ 2013/12/15 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

雪の旭川から雪の仙台へ

5日間の北海道出張から帰還しました。
札幌→北見→旭川の旅です。

旭川では、突然冷蔵庫に放り込まれたような寒さ。
ヒートテックのモモヒキ履いても寒い(笑)。
会社の同僚いわく、
「こんなの序の口だよ」
…ということでした(笑)。

帰路の新千歳空港では除雪が間に合わず、予期せぬ欠航と遅れに遭遇。
結局、深夜近くになって仙台へ帰還しました。

ようやくたどり着いた仙台も、今季初の積雪となりました。

20131215001.jpg

20131215002.jpg

20131215004.jpg
※写真上から…旭川駅から続く"買物通り"。イルミネーションがきれいでした。/買物通り近くの飲み屋横丁/仙台駅から自宅までの道で。イルミネーション