モノクロが似合う町、小樽を歩く その2

民家が密集する一角を抜けると、酒蔵がありました。

明治34年創業の北の誉酒造です。
「酒泉館」という酒造りの歴史を辿る展示室もあり、立派な蔵です。

しかし、そんな近代的な蔵も裏側に回ってみると、歴史を感じる石造りの建物が残っていました。
水蒸気が煙のようにもくもくと出てくる風景に、思わず「やった!!」とつぶやきました。

こんな光景、滅多に見れません。


20141206001.jpg

2014120500718.jpg

20141205002132.jpg

20141206003.jpg
※『北の誉酒造 酒泉館』 北海道小樽市奥沢1丁目21番15号
※撮影 Canon PowerShot G9  2014年11月30日


★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

スポンサーサイト