ずんだ餅を作りました

秋のお彼岸です。
台風の影響ですっきりしない天気でしたが、退院報告を兼ねて母の墓参りに行ってきました。

カミさんが毎年続けているおはぎ作りに、今年は私も参戦しました。
ぜひ作りたかったのが、この時期ならではの旬の味、ずんだ餅。

仙台の単身赴任時代に、とりこになってしまったずんだ餅が忘れられなくて、作ってみることにしました。

本当なら甘味も味も最高の山形県鶴岡産の『だだちゃ豆』を使いたかったところですが、東海地方では手に入りません。
仕方なく地元岐阜県産の枝豆を使うことにし、いざ。

まずは、柔らかめに茹でた豆をひたすら剥きます。
これがけっこう面倒。

続いてフードプロセッサーを使って細かく砕き、すり鉢へ。

砂糖と隠し味の塩を入れ、ひたすらすりこぎで練っていきます。
これは腕が筋肉痛になりますね。

一晩冷蔵して、翌朝からお餅作りです。
炊き上がった餅米に夫婦二人三脚で、ずんだ餅、おはぎ、きなこ餅の順で作っていきます。


出来上がりを味見した結果は…言うまでもありませんね。

20190921001grds.jpg

20190921002grds.jpg

20190921003grds.jpg

20190921004grds.jpg

20190921005grds.jpg

20190921006grds.jpg

20190921007grds.jpg

20190921008grds.jpg

20190921009grds.jpg


メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

スポンサーサイト