映画『記憶にございません』を観た

退院して2週間、リハビリがてら地元のイオンへ映画を見に行きました。

星野源主演『引越し大名』にも食指が動きましたが、ここは封切ったばかりの三谷幸喜監督作品『記憶にございません』へ。

劇場で見なくてもDVDを借りてまで見たくなるのが三谷作品。
自分にとっては、伊丹十三作品もそうかな。
気になる監督なんですね。

さて、結論から言うと、2時間の上映時間が短く感じるくらいの肩がこらないコメディです。
キャストを楽しませる…という、三谷幸喜らしさはあったと思いますが、ストーリーが単純すぎて“ひねり”がないので、観たあとの印象があまり残らなかったのは残念ですね。

まぁ、肩肘張らずに笑える映画としては合格点じゃないでしょうか。

20190923003fre.jpg


メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

スポンサーサイト



[ 2019/09/26 ] 映画 | TB(0) | CM(0)