膵神経内分泌腫瘍~術後53日目

5年前に原発性アルドステロン症(PA)の手術で左副腎を摘出、そして今回は膵臓体尾部切除、脾臓、胆嚢摘出、リンパ節郭清をした。

自分のお腹が空っぽになっていく。

人間の臓器をこんなに取って大丈夫なんだろうか。
そして、こんな状態になっても日に日に元気になっていく、自身の生命力に驚ろかずにはいられない。

この週末は自宅に戻り一泊した。
9月に入ったというのにいまだに退院できない状況にいらだちもあったが、自宅で過ごしたことでストレスも少しは軽減できた。

血液検査の結果は炎症反応もなく問題なかったが、陰圧をかけていないのに排液は結構出ている状況。

午後のCTの結果も問題なく、夕方の回診でドレーンを根元から切断した。
まだ管は出ているがこれで様子を見て、明後日に管を抜くことになった。

予定通り進めば退院は金曜日。
ようやく楽になる。

20191008002rew.jpg
※本文とは関係がありません


メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 病気ブログ 膵内分泌腫瘍へ

スポンサーサイト