日本縦断徒歩の旅【東日本編6】妙高~直江津~大潟

妙高市新井のホテルを7時に出発。
国道18号バイパスを北上。

バイパスには歩道の代わりに側道があり、クルマも通らないので鼻唄混じりに歩く。
側道は国道8号線と交差する直江津まで続いていた。
背後には雪を抱いた妙高山がそびえ、いよいよ日本海が近づいてきた。

8号線を約5キロ歩き、犀潟駅前から県道129号線に入ると、旧街道特有の古い町並みが続いていた。
屋根つきでベンチがあるバス停で、靴下を脱ぎ足のチェック。
休憩するごとにチェックをしているが、小さなマメがいくつもできていた。
毎日30キロ近くを歩き続けている代償か、マメとの闘いは終わらない。

16時、本日のねぐらとなる大潟キャンプ場に到着。
管理事務所にはコロナの影響で休園の貼り紙。
声をかけると管理人の女性が出てきた。
歩いて旅をしており、もうこれ以上は歩けないので、テントを張らして欲しい‥と泣き落とし。
料金もいらないということで、テントを張ることができた。

‥ということで、今回の旅、初テント。
松林の広いサイトには私のテント一張りのみ。
なんと、貸し切りだ。

目の前には鉛色の日本海。
まずは日本海を見るという最初の目標をクリアできた。
これからいくつもの目標を目指していく果てしない旅の通過点だ。

足の痛みを気にしながら黙々と歩く。
(何でこんなことやってるんだろう‥)
自問自答しながらのひとり旅。

明日は雨の予報。
海鳴りを子守唄代わりに、ぐっすりと眠ろう。

■2020年6月18日 新潟県妙高市~上越市
■46154歩 30.00キロ
■大潟キャンプ場でテント泊
■曇り

202006181929206dc.jpg
※国道18号線バイパスには快適な側道が並行している

20200618192922e22.jpg
※振り返ると妙高山がそびえていた

202006181929265c4.jpg
※さすがに米どころ新潟。田んぼには米の銘柄が。

20200618192929db5.jpg
※日本の原風景です

2020061819293134f.jpg
※日本海まで8キロの表示

202006181929346d3.jpg
※国道18号を離れ、8号線に入った

20200618192937a53.jpg
※今日の昼飯はスーパーの弁当

20200618192935b16.jpg
※直江津付近で

2020061819294177f.jpg
※犀潟駅近くのバス停。ビバークできそう

20200618192942912.jpg
※信越本線の1両電車

202006181929426a7.jpg
※渋柿浜付近の町並みを歩く

202006181929421de.jpg
※ついに日本海に出た

202006181929433cd.jpg
※今回の旅での初テントを張った

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ

スポンサーサイト



[ 2020/06/18 ] 日本縦断徒歩の旅 | TB(0) | CM(0)