蔵書管理を始めました

巣ごもり生活が長引いています。
今日が何日か、何曜日なのか分からなくなりました(笑)。

時間を持て余しているので、“巣ごもり部屋”の蔵書をデジタル整理することにしました。

まず、現在の本の数がいったいどれぐらいあるのか。
ざっとみて、1500冊くらいかな…と思いますが、正確な数が分かりません。
それと、読了した本の数と未読の数。
未読とはいわゆる積読本ですね。
これもかなりありそう。

もうひとつは、過去に処分した本。
これまでに1000冊くらい売却・廃棄していますが、これもできるだけ思い出して記録したい。
…というのは、ダブリ買いや予期せぬ再読を何度もやっているので、これを防止しなければならない。

売却については買取額が低いブックオフや古本屋は利用せずに、アマゾンマーケットプレイスやヤクオフで処分していました。
しかし、双方とも現在アカウントがなくなってしまい、出品記録が残念ながら分かりません。
過去、どんな本を読み、持っていたのか、それを知るのは1999年から続けてきた読書記録と、売却を始める前に撮影した本棚の写真。
これを手掛かりに、読書管理のアプリを使って、整理することにしました。

使用したアプリは2つ。
読書メーター』は昨年から利用していますが、主に日々の読書記録と読みたい本の情報を得るために使っています。
利用者数も多いので、本の購入には多くの投稿者のレビューが参考になり、使い勝手が良いアプリです。

そしてもう一つが、『ブクログ』。
これを今回、蔵書管理に使うことにしました。
蔵書数や読了本、未読本の内訳はもちろん、過去に売却・廃棄した本も極力思い出して登録しようと思います。
本の画像が本棚に並ぶデザインと、様々なタグで検索できるので蔵書管理がしやすいアプリです。
これを使えば、ダブリ買いや予期せぬ再読もなくなるかと思います。

カミさんからは増え続ける本に対して、相変わらず「何とかしてよ」と口癖のように言われていますが、過去に処分したことに対して今更ながらに後悔しており、これからは処分しないことにしました(怒られるかなぁ…)。

本との出会いは一期一会で、売却した本の中には地質学や古生物学の貴重な専門書、もう手に入らないであろう大量の山岳関係の本がありました。
また、山岳小説のB級作家・太田蘭三の全巻揃い踏みや、藤沢周平、司馬遼太郎、新田次郎、池波正太郎などの時代小説、第一巻から20年以上買い続けたコーンウェルの検屍官シリーズ、その他大量の海外ミステリ…数え上げたらきりがありません。
今これらが、自分の書棚に整然と並び、飾っていたらと思うと寂しい気持ちになります。

本棚を自作し、日がな一日眺めていても飽きないという私の本質は、読書家ではなく蒐集家(といっても、レベル低いですが)なんだろうと思います。
モノに固執するタイプなんでしょうね。

書斎ならぬ、“巣ごもり部屋”で過ごす毎日は、好きな本に囲まれ、長年憧れていた晴耕雨読の生活を手に入れた今、自分にとってこの上なく精神的な安定を得ることができる環境に違いありません。
増殖した本の行く末は考えずに、相変わらず、ぼんやりと過ごそうと思います。

さて、二つのアプリを使用することで、蔵書管理とこれからの読書管理を進めていきますが、三日かかって登録したのはようやく400冊。
あと一週間くらいかかりそうです。

まぁ、巣ごもり生活にはちょうど良い暇つぶしでしょうか。

20210127002utr.jpg

20210127001utr.jpg
※現在の“巣ごもり部屋” 本はすべての背表紙が見えるように整理しています

20210127004utr.jpg
※ダブリの一例。『天璋院篤姫』は下巻がないのに、上巻が3冊も(笑)。

20210127003utr.jpg
※2006年当時の本棚。本は二重に詰め込まれ、天井まで山積み。この後、大量に処分しました。


メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ

スポンサーサイト



[ 2021/01/27 ] 読書 | TB(0) | CM(12)