2021 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312021 06

『モネの池』へ

私が住む東海地方は今日から梅雨入り。

例年より25日ほど早いそうです。
まさか5月中旬に梅雨に入るとは驚きです。
ということは、梅雨明けが早いのか、それとも梅雨の期間が長いのかどっちかですね。

気温が今年初めて真夏日を記録した一昨日、岐阜県関市板取にある通称『モネの池』を訪ねました。

モネの代表作『睡蓮』を連想する透明度の高い湧き水の池は、まさに“モネの池”。
もともとは池には名称がなく、地元では『名もなき池』で通っているようですが、口コミでこの池の評判が広がって、山の中の小さな集落に人が押し寄せてくるようになったといいます。

周囲150メートルほどでしょうか、思ったより小さな池には錦鯉も放流されて、ちょっとした森林浴と涼を求める散策にはぴったりでした。
平日なので観光客の姿はまばらでしたが、これから睡蓮の花が見ごろになる6月からはかなりの人出になるということです。
池からはウォーキングコースを歩いて、平安時代末期作と伝えられる、十一面観音像が安置されている白谷観音堂を訪ねてました。

岐阜県には古刹も多くあるので、これからの季節、人との接触を避けながらの歴史・景勝ウォーキングも楽しみたいですね。

20210516001tre.jpg

20210515002ytfd.jpg

20210515003ytfd.jpg

20210515005ytfd.jpg

20210515006ytfd.jpg

20210515004ytfd.jpg

20210515007ytfd.jpg

20210515009ytfd.jpg

20210515008ytfd.jpg


メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ

スポンサーサイト



石川文洋『80歳、歩いて日本縦断』を読む

私が住む町、今日の気温はなんと31.6度C。全国一の暑さでした。
いよいよ灼熱の我が町、夏の扉を開けたようです。

このところ自作のホームページ『琺瑯看板探検隊が行く』のリニュアル作業に追われて、読書の時間が少なくなっていますが、久しぶりに新刊を購入して一気読みしたのが石川文洋『80歳、歩いて日本縦断』。

80歳になった報道カメラマンの著者が、2018年7月から翌2019年6月にかけて、北海道宗谷岬から沖縄県那覇市までの日本列島3500キロを徒歩で縦断した記録です。

著者は65歳のときに日本海側を縦断しており、このときのルポは『日本縦断徒歩の旅 65歳の挑戦』(岩波新書2010年)として上梓されていますが、私はこの記録を読んでから、歩いて日本を縦断するというとてつもないチャレンジに興味を覚え、「いつかは、自分も」と、大いに感化されてしまいました。
65歳という年齢で縦断をしたいとう事実にも驚きましたが、それ以上に、歩き目線でゆっくりと流れていく日本の風景を見るという贅沢な旅に憧れをもちました。
3000キロという途方もない距離をひたすら歩く行為の中で、何を思い、何を感じるのか…これは体感した人でないと分からないと思います。

夢を実現するために、コロナ禍に翻弄された昨年、北海道から鹿児島県佐多岬まで94日間をかけて実際に歩いてみましたが、マメや脚の痛みに苦しみながらも、旅に同化し、ほんのわずかであるが自己の魂が浄化されていくのを感じることができました。
日本縦断は、62歳の私でもヤル気があれば挑戦できることを学んだ日々でした。

さて、前置きが長くなりましたが、本書の感想です。

80歳を過ぎた著者の二度目のチャレンジは、日本海側を歩いた前回から、今回は太平洋側を選んでいます。一日の歩行距離は平均15キロ。週に一日を休養や原稿執筆にあて、体調を整えながらの旅です。
また、青森から茨城までは津波に襲われた東日本大震災の被災地を訪問し、被災者の声を聴き、復興の現状や原発の実態をレポートしていきます。
そして、ゴールである出身地の沖縄県では基地問題を取り上げながらの旅になっていきます。
報道カメラマンとしての神髄をいたるところに発揮し、現代の日本に巣くう社会問題をえぐっていく姿は、深い感銘を覚えるルポとなっています。

歩き旅のルポでは、日本橋から京都三条大橋までの旧東海道を忠実に辿っており、これからの私のチャレンジにも参考になりました。
また、山陽道については、昨年私が歩いたルートとぼぼ同じで、岡山県の西片上で泊まった老舗旅館についても触れており、私も同じ旅館に泊まっただけに、親近感を覚えながら楽しく読ませてもらいました。

著者は65歳の挑戦後に心筋梗塞に見舞われ、病と付き合いながら四国八十八ヶ所お遍路、そして80歳での2度目の日本縦断という、圧倒的なパワーを見せてくれました。
今回のチャレンジは、報道カメラマンとしてベトナムや世界の紛争地域で活動した著者ならではの、あくなき好奇心の表れだと思わずにはいられません。

20210514001trd.jpg


メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ

[ 2021/05/14 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

久しぶりの鰻に舌鼓

2年ぶりに鰻を食べました。
一昨年に膵臓の手術をしてからずっと我慢していましたが、ようやく解禁です。

術前から術後は脂質を控えるように指導され、事実、多めに脂を摂ると、たちまち胸やけがする状態でした。
脂の塊の、鰻なんて、とんでもない。

今はふつうに脂質を摂れるようになりましたが、術後一年が過ぎてから合併症の糖尿病になり、今度は糖分を控えることに。

さて、2年ぶりに食べた大好きな鰻ですが、タレが甘くてびっくり。
甘いものを控えているので、尚更甘く感じたかもしれません。

私が住む町は、地場産業の美濃焼で栄え、窯元や製陶所が町のいたるところにあります。
鰻は職人のスタミナ源として人気があったようで、そのせいか昔からの鰻屋が多く残る町です。
名店もたくさんあり、どこの店もそれほどのハズレはありません。

その中の一軒、私のご贔屓が安政12年創業の『うなぎや』さん。

連休の最終日に訪ねましたが、店内も店外も行列の盛況でした。
溢れかえっているお客を見て、コロナ禍の状況で「これは、やばいんじゃないの」と気を揉みましたが、久しぶりの鰻の美味さに負けて、一時の心配で終わってしまいました。

次回の検査結果が良かったら、また足を運ぼうと思います。
それまでにコロナが落ち着いてくれたら良いですが。

20210513001trd.jpg
※『うなぎや』岐阜県多治見市広小路2丁目27 火・第2、4月休

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

畑仕事初体験2~苗を植えました

私が住む岐阜県のコロナ感染者が134人で最高を記録しました。
連日の100人超えです。
隣県の愛知県は600人超え。
いったいどうなってしまうんでしょうね。

さて、畑仕事の続きです。
連休が終わった週末、カミさんの実家へ行ってきました。

3週間寝かした畑に、いよいよ苗を植えます。

ホームセンターで購入したのは
・ナス
・きゅうり
・ししとう
・オクラ
・枝豆
・ゴーヤ
以上、6種類。

先生役の義母に手伝ってもらいながら、等間隔に1本づつ植えました。

飛騨地方は寒暖差が激しく、5月とはいえ霜が降りる日もあるので、ビニールで覆い、終了。

すくすくと育って欲しいですね。


20210512001trds.jpg

20210512002trds.jpg

20210512003trds.jpg

20210512004trds.jpg

20210512005trds.jpg

20210512006trds.jpg

20210512007trds.jpg

20210512008trds.jpg

20210512009trds.jpg

202105120010trds.jpg


メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ

[ 2021/05/12 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

城を見に行く

エンジンがかからぬまま、コロナ自粛の日々をだらだらと過ごしています。

痛みが出てから半年経っても、一向に良くならない五十肩(六十肩?)。
面倒なので、整形外科に通うのを止めました。
その影響は体全体に出てきたのか、全身がかったるくて、いつもそこらじゅうが筋肉痛です。

午前中はつまらないワイドショーを見て、カミさんがパートに出かけているときはお昼ご飯を作り、午後はパソコンをながめてぼんやりと過ごす…。
運動は朝夕二回の散歩(8キロくらい)。
それ以外は自宅に閉じこもっている毎日です。

何もしていないのに、その割には一日が経つのを早く感じます。
こんな生活なんとかしなきゃあ、と思っても、これに慣れてしまうと、もうどうしよもうない。
いつまでも不完全燃焼のエンジンです。

話変わって、

緊急事態宣言やまん防が出るちょっと前に、岡崎城、墨俣一夜城、大垣城を訪ねてきました。

中毒まで至っていない“にわか城マニア”ですが、城めぐりは夫婦共通の趣味といっても良いくらいのイベントなので、コロナ禍だろうが、ボチボチ続けたいと思います。

20210511001trds.jpg
※岡崎城

20210511002trds.jpg
※同上

20210511003trds.jpg
※徳川家の菩提寺・大樹寺

20210511004trds.jpg
※墨俣一夜城

20210511005trds.jpg
※同上

20210511006trds.jpg
※大垣城


メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ

[ 2021/05/11 ] 日記 | TB(0) | CM(0)