親子二代、タマホームで建てる9~外構レイアウトを自作する

長男夫婦の家づくり、間取りに続いて外構レイアウトについても自作しました。
こうなりゃ、1から10までですね。

ヒマを待て余す父親の私に、家づくりの一番の楽しみの、間取りと外構のレイアウトを任せてくれたのはうれしいです。
私はデザインの経験もまったくないですが、これがまた面白い。
自宅の建て替え時も、外構は私が考えました。

外構レイアウトは間取りの作成と思いっきり連動するので、長男と何度も打ち合わせて作成しました。

今回建てる家は、少し勾配がある坂の途中にある土地なので、正面から向かって左に擁壁があり、駐車場を右に取るレイアウトになります。
スペースの関係で駐車場は前並列に普通車が2台、正面右は縦列で2台、計3台の駐車スペースとなります。縦列スペースは無理すれば縦に3台止めることもできそうです。

長男夫婦の希望は
・クルマ3台駐車スペース確保
・土間コンクリート打ち、見切りレンガ線設置
・クルマ止め設置
・外周は防草シート+砂利敷
・擁壁外周にブロック1段積み+フェンス設置
・アプローチ+階段は玄関ポーチと同じ300角タイル敷
・階段…5段幅1200でタイル敷+化粧ブロック壁
・庭に人口芝敷設
・ウッドデッキ3帖設置(下地は土間コン敷)
・花壇…化粧ブロック又はレンガ囲い
・記念樹
・造作のオリジナル門柱(門灯、表札、宅配ボックス)
・インターフォン子機設置(タマホーム支給)
・予算税込み200万円以内(先行工事込み)

…という、これまた何でもありの厳しい希望。
というか、税込み200万円の予算でできるのか…。

間取り作りと並行して、自作したレイアウトをもって外構業者に当たりました。

最初にタマホームから紹介された業者は、予算的にまったく無理とあっけなく回答。
これは想定内で、見積もりも出してくれませんでした。
もっともこの紹介業者は、自宅を建て替えた時も、土俵にも乗ることなくそっとサヨナラしましたが。

続いて地元の業者をネットで検索し、3社に見積もりを依頼しました。
その内A社は、4年前に自宅を建て替えた時にお世話になった業者です。
工事は迅速丁寧にやってもらったという印象があり、本命はA社にして、残り2社を交渉の天秤にかけることにしました。

見積もりは先行工事と本工事に分けて出してもらいました。
先行工事は3社ともバラバラで、A社65万円、B社23万円、C社47万円でした。
内訳を見るとどうやら残土処理の量で変わってくるようです。
タマホームに残土量を確認し、47万円程度が妥当な金額と判断しました。

見積もりを何度も確認し、3社と資材や設備一品一品まで値引交渉を繰り返した結果、出てきた最終見積もりは、
A社(本命)…198万円
B社…250万円
C社…先行工事はスケジュールが合わずパス、本工事のみ170万円

…ということになり、こちらの希望通り200万円を切る思い切った金額を提示してくれたA社に再度お世話になることにしました。

人口芝やウッドデッキ、造作門柱、宅配ボックス等、すべて込みでこのプライスに驚き。
予算以内に収め、契約を交わすことができました。

それにしても外構業界は厳しいです。
コロナ禍の不景気と資材の高騰のなか、価格競争に勝ち、仕事を確保することの厳しさの一端を見た思いです。
無理をいっても聞いてくれるA社の社長にはまったく頭が下がりました。

カッコいい外構になることを期待します。

外構イメージ112
※自作の外構レイアウト

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 タマホームへ


PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーサイト