2024 031234567891011121314151617181920212223242526272829302024 05

小倉『きつね』焼うどん

振り返ってみると一週間の九州の旅では麺類ばかり食べていました。

肉ごぼう天うどんから始まり、博多ラーメン、久留米ラーメン、そして焼うどん。

小倉で食べた焼うどんは、もちろん小倉名物だとは知る由もなし。
雨に煙る小倉駅前を歩いて、ついふらふらと入ってしまった店です。

午後5時を回ったばかりの中途半端な時間とあって、客は私一人のみ。
居酒屋のような店内なので、酒を飲まない(中断中の)私としてはなんだか落ち着かない。

焼うどんは果たして小倉名物なのか?
店員に尋ねると、焼うどんはうどんと同じくらい昔から人気があったという。

で、勧められるまま注文したのが鯖のぬかだきが付いた定食『小倉名物セット』(1091円)。

待つこと5~6分。
ジュージューと鉄板を焦がしながら出てきた焼うどんは、いかにも熱々で美味そうなビジュアル。
麺のボリュームもかなりだし、ごはんもどんぶりメシ。
もう若くもない自分に、こんな量が食べれるか。

テーブルには追いソースの瓶が置かれていますが、まずはそのまま食べてみます。
ソースは甘辛く、香ばしい。
味はじゅうぶんに濃いので追いソースは不要です。

きしめんを細くしたような麺は弾力があって、これは文句なしに美味い。
乾麺の感触が弾力の元になっているんでしょうか。
トッピングの紅ショウガと七味で更に味に深みが出ました。

それと、鯖のぬかだき。
これは絶品ですね。
甘味がしみ込んだほくほくの柔らかさがご飯によく合います。
これだけで何杯もいけそうでした。

気づいたときには、ぺろりと完食しました。
雨の中20㎞近く歩いたことへの反動からでしょうか。
消費したエネルギーを欲する体は正直でした。

まだまだ食用旺盛。
若いなぁ…と、思わず苦笑いでした。

20240323_174940.jpg

20240323_174923.jpg

20240323_175259.jpg

20240323_174151.jpg

20240323_174005.jpg
※『焼うどん専門店 きつね』福岡県北九州市小倉北区魚町1-6-13 不定休

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ


PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーサイト