2024 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312024 04

『善き人のためのソナタ』

昨日からいきなり涼しくなった、というよりも寒くなった。
今日は朝から、長袖のTシャツの上からもう一枚羽織っている。
こういうのを驟雨というのだろうか、針のような細い雨がずっと降り続いている。
こんな日は映画に限るということで、観たのがヨーロッパ映画『善き人のためのソナタ』(2006年ドイツ)。
ベルリンの壁崩壊直前の東ドイツを舞台に、強固な共産主義体制の中枢を担っていたシュタージ(国家保安省)の実態を暴き、彼らに翻ろうされた芸術家たちの苦悩を浮き彫りにした作品。
物語は1984年に始まる。国家体制の矛盾と脅威を西側諸国に知らせようとする芸術家と、それを追う国家公安当局の盗聴による監視作戦。
共産主義国家だった当時の東ドイツでは、市民生活にまで監視の目を向ける活動が実際に行われていたという。10万人の反政府主義者と20万人の密告者がいたといわれている。
とにかく暗い映画だが、優秀なシュタージ局員だったヴィースラー(ウルリッヒ・ミューエ)が、人のプライバシーを暴く日々の悔恨と、国家体制の理不尽で暴力的な矛盾に気づき、やがて任務に背いてまで正義を貫く姿に心を打たれる。
“改めて自由とは何か”ということを考えずにはいられない、そんな映画だ。

わが国においてもプライバシー保護法によるセキュリティーが強化され、個人情報を守る権利が叫ばれて久しいが、それもつい最近のことである。
ネットでは無作為に個人情報が流れ、ある日突然に頼んでもいない出前の寿司100人前が届くことだってある世の中なのだ。
自分のことは自分で守れ、ということなのだろうか。
残念なことに、主演のウルリッヒ・ミューエは今年7月に亡くなったという。素晴らしい演技者でした。合掌。

■最近観た映画
「善き人のためのソナタ」 フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督、2006年 独 2006 DVD ☆☆☆☆★
■最近読んだ本
「男振」 池波正太郎 新調文庫 ☆☆☆☆☆
「江戸の暗黒街」 池波正太郎 新調文庫 ☆☆☆☆★

善き人のためのソナタ スタンダード・エディション 善き人のためのソナタ スタンダード・エディション
ウルリッヒ・ミューエ、セバスチャン・コッホ 他 (2007/08/03)
アルバトロス

この商品の詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト



[ 2007/09/30 ] ▼映画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://tsuchinoko2006.blog.fc2.com/tb.php/137-427394be