鳩吹山へ~カタクリと桜の競演

岐阜県可児市の鳩吹山(313㍍)に登ってきました。
コロナの感染リスクを避けて三連休を外したのに、けっこうな人出にびっくり。
元気のよいお年寄りや、学校が休みの子供連れが多かったですね。
さて、登山はというと…マスクをつけ、登山道では「こんにちは~」の挨拶もあえて交わさず、登ってきました。
快晴のこの日は、山頂からの眺めも素晴らしく、眼下を流れる木曽川が一望のもとでした。

実は、鳩吹山を訪ねた大きな理由があります。
麓の登山口にはカタクリの群落が広がり、今がちょうど見ごろを迎えています。
昨年に続いて、カタクリの花を見ることが目的です。
可児市の公報で開花状況を日々発信しているので、今年は外すことなく期待通りの風景を見ることができました。

それと、桜も見ごろです。
コヒガンサクラという早咲きの品種ですが、これも素晴らしい。
帰路にNHK大河ドラマの舞台になっている、明智光秀ゆかりの明智の荘に立ち寄ると、岐阜県東濃地方の天然記念物で有名なシデコブシが薄いピンクの可憐な花でお出迎え。
コロナ騒ぎで辟易している身には、一服の清涼剤になりました。

…といいつつ、帰宅してから可児市で2人の感染者が出たことに驚き。

感染者が少なく静かだった岐阜県にも、忍び寄る嫌な気配が漂ってきました。


20200323001tre.jpg

20200323003tre.jpg

20200323004tre.jpg

20200323005tre.jpg

20200323002tre.jpg

20200323006tre.jpg

202003230010tre.jpg

20200323009tre.jpg

20200323008tre.jpg

202003230016tre.jpg

202003230017tre.jpg
※撮影/Canon Power Shot SX50HS 岐阜県可児市


メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ

関連記事
スポンサーサイト



[ 2020/03/23 ] 登山/自転車 | TB(0) | CM(2)

おはようございます、

カタクリの群生地ですね。
子供の頃は裏山にカタクリかせあり、掘って片栗粉を作りましたが、肝心の砂糖が入手困難で難儀をした思い出があります。
今は片栗粉といってもジャガイモが原料になっておりますが、都会の子供はカタクリは珍しい植物かと思います。
[ 2020/03/24 06:19 ] [ 編集 ]

春駒さんへ


コメントありがとうございます❗
カタクリの群落は近くにはないので、貴重です。
カタクリ粉になることは知っていましたが、今はじゃがいもなんですね。
[ 2020/03/24 16:52 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://tsuchinoko2006.blog.fc2.com/tb.php/2340-1330f9bf