日本縦断徒歩の旅【東日本編13】新崎~中条

一週間ぶりの新崎駅前に立つ。
前回は灼熱にあえいで、ほうほうの体でたどり着いたが、再スタートの今日は重苦しい曇天。
半袖では肌寒い気温だ。

交通量が多い県道3号線を歩き出すが、通学の高校生の群れと重なり、避けながら歩く。
佐々木駅を右手に見て、県道は左へ直角に曲がった。

降りだした雨の中、傘をさして黙々と歩く。
ぶどうやさくらんぼの畑が広がり、直売所にふらふらと足が向きそうになったが、(いかん、いかん)と、すんでのところで自制した。

糖尿病内科の主治医から、間食は血糖値を上げるので、旅先でも注意するようにアドバイスを受けたこともあり、今回の旅から極力パスすることにした。
昼飯はしっかりと、できれば飲食店で食べるということにするのが目標だ。
しかし、紫雲寺を過ぎても飲食店どころかコンビニさえない。
やっとのことで見つけたラーメン屋は、暖簾が出ているのに引き戸を開けたら店内は真っ暗だった。
空腹も限界に近くなり、万が一のために用意した予備食のせんべいを食べなから歩く。
紫雲寺町のはずれで食堂発見。
ようやく昼飯にありつくことができた。

落堀橋で県道を離れ、中条まで流れる舟戸川の堤防を歩く。
新潟らしい圧倒的な田園風景が眼前に広がる。

しかし、それはつかの間の感動だった。
風が出るのと同時に大粒の雨が降りだし、あっという間にずぶ濡れになってしまった。
堤防を歩く身には雨宿りする場もなく、雨具の上下を着て傘をさして、遥か先に見えている橋の下まで走る。

ラッキョウのような雨とはこのことをいうのか、凄まじい雨だった。
雨は降ったり止んだりを繰り返し、その都度、雨具を着たり脱いだり、ザックにレインカバーを着けたり‥中条の町に出るまでそんな調子が続いた。

中条は土蔵の街というようだが、期待したほどの風景を見つけることができなかった。
もっとも三度目の中条なので、今さらだが。
イオンで買い出しをし、16時に中条グランドホテルに到着。

約30キロを歩いた初日だったが、足の痛みもなく良いペースで進めた一日になった。
しかし、このところ暴れだした歯痛が気になるところ。

新潟県の歩きはまだまだ続く。

■2020年7月2日 新潟県新潟市~胎内市 45418歩 29.52キロ
■中条グランドホテル
■雨


20200702203148917.jpg
※県道3号線に沿って旧新発田街道の道が伸びていた

20200702203150c37.jpg
※バス停は雨が凌げるし、格好の休憩所になる

20200702203151b3f.jpg
※JR白新線を走る電車が遠くに見えた

20200702203153a24.jpg
※梅雨真っ盛り

20200702203154995.jpg
※聖籠町に入るとさくらんぼ畑が広がった

20200702203156ccd.jpg

2020070220315746c.jpg
※紫雲寺町に入った

202007022031598f7.jpg

202007022032008b4.jpg

202007022032049da.jpg
※これはご愛嬌

20200702203204499.jpg
※五目ラーメンを食す(きりさわ 750円)

2020070220320516b.jpg

20200702203207903.jpg
舟戸川に沿って歩く

20200702203207d76.jpg
※広大な田園風景。新潟ならではの景色

2020070220320947b.jpg
※止まない雨のなか、ひたすら歩く

202007022032110a8.jpg
※胎内市中条の町並み

20200702203212883.jpg
※同上


メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ

関連記事
スポンサーサイト



[ 2020/07/02 ] 日本縦断徒歩の旅 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://tsuchinoko2006.blog.fc2.com/tb.php/2391-30661134