2021 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312021 04

膵神経内分泌腫瘍~糖尿病内科診察

梅雨明けが遅かった分、蝉の声も一段と賑やかな暑い夏を迎えています。
ふつうなら出現時期の順に、ニイニイゼミ→アブラゼミ→クマゼミ→ヒグラシ→ツクツクホウシとなるところ、今年は梅雨明けと同時に一斉に鳴き出しました。
“蝉の命短し”…ひょっとしたら、短い夏になるかもしれません。

さて、昨年7月に膵臓の手術をして一年が経過しましたが、去年の今頃はまだベットの上でした。
膵液漏が一向に収まらず、腹部にはドレーンが下がったままで、退院が見えない不安に悶々としていたことが忘れられません。
今は日本縦断の歩き旅ができるまで回復し、発病する前よりも体力があることに少なからず驚いています。

今日はうだるような暑さの中、三ヶ月に一度の腹部CT検査と、一ヶ月半ぶりの糖尿病内科の診察に行ってきました。

血液検査の結果は、Ha1cが7.0、空腹時血糖が127でした。
前回が7.2、130だったので少し数値は下がりました。
この二ヵ月間、歩き旅と毎日のウォーキング、筋トレ、食生活の改善に取り組み、体重も減らしてきましたが、その割にはあまり改善していません。
これはかなりショックでした。

主治医曰く、旅に出ているときの外食も注意が必要とのこと。
いずれにせよ、改善傾向にあるので、引き続き投薬をせずに観察となりました。

また、前回の検査で1型糖尿病を診断する抗GAD抗体検査と膵グルカゴン/EIAをしましたが、結果は正常値で問題なしということでした。
併せて、主治医の指示で先週行った眼科の検査では、糖尿病性の出血等の病変もなく一安心しました。
いずれにせよ、膵臓切除による血糖値上昇はある程度覚悟していたので、生活習慣を変えることでまだまだ踏ん張りたいと思います。

次回の診察は10月末ですが、来週はCTの結果を聞きに外科の外来に行きます。


20200811001tre.jpg
※朝顔も狂い咲き


メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 病気ブログ 膵内分泌腫瘍へ

関連記事
スポンサーサイト




膵切除由来の膵性糖尿病なんですよね?

だとすると・・・
勿論、運動も食事療法も減量も有効ではありますが、
生活習慣病的糖尿病とは、タイプが異なるかな、と。

どちらかと言うと、
ストレス、暴飲暴食、睡眠不足、過労に注意かもですよ。
そして、膵臓の負担を軽減するためには、筋肉増量対策が有効かなと、個人的には思っています。
と言いつつ、運動嫌い、運動音痴なので、筋肉は極めて少ないのが、くちこの難点なのですが。

7年前に手術をしましたが、同じく、膵液瘻には泣かされました。
既に、ウルトラ過去となりましたが。
とっととお元気になられたようで何よりです。
[ 2020/08/13 18:10 ] [ 編集 ]

くちかずこさま

ブログ楽しく拝読しています。
検査結果では膵性糖尿病、あるいは1型ではないようです。
私の場合は術前から糖尿病予備軍だったのですが、膵臓切除の影響はあるかもしれません。
運動もかなりやっていますが、これで改善しなければ次の手を考えないと…。
膵液漏、大変でしたね。
分かります。その辛さ。
ブログでお元気な状況を見ると、うれしくなります。

[ 2020/08/13 21:23 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://tsuchinoko2006.blog.fc2.com/tb.php/2416-f8cb85a8