2021 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312021 06

捨てるのが苦手

読書管理のアプリを使って、所有している本の登録を始めたことは昨日のブログに書きました。

本棚に並んだ本の群れを見て改めて思うのは、自分はモノが捨てられない人間なんだなぁ…ということ。
性格的にも、モノを捨てるのが苦手みたいです。

どうやら“もったいない”“あとで必要になる”という気持ちが優先してしまい、「とりあえずとっておこう」ということになってしまいます。
衣服についても、今の季節なら20年くらい着ているフリースがあったり、ダウンがあったりします。
大事に着ているのではなく、「まだ着れるから、捨てるのがもったいない」。
これが先立ちます。

なので、衣類についてはあまり買わないし、ヨレヨレになるまで着るという貧乏性です。

辰巳渚『捨てる!技術』(宝島社新書2000年)には、捨てるに捨てられない物のベスト3を挙げており、
 男性…1位・本、2位・雑誌、3位・服
 女性…1位・服、2位・本、3位・写真
…だそうです。なんとなく分かる気がしますね。

どうやらモノを捨てられないのは、自分の気持ちがそのモノに寄りかかっているからではないだろうか。
私の場合、特に本に関してはその傾向が強いようです。
引っ越しをした時、泣く泣く処分した本にはいまだに未練があり、おそらく読まないのに、今になって買い戻したこともあるくらいです。

そういえば、先日、カミさんと二人でクローゼットの整理をしようということなり、バッサ、バッサとゴミ袋に服や下着、靴下を捨てました。
穴が開いた靴下もあったし、襟元がほころんだシャツもありました。
こういう時のカミさんは思い切りが良い。
私に代わって、どんどんゴミ袋へ(笑)。

まだ使うかな…と残しておいた僅かながらのネクタイもバッサリでした。
考えてみると、サラリーマンは卒業したのでネクタイもスーツも要らないよな…。
必要ならまた買えばいいんだ…。

この気持ちになるのにはしばらく時間がかかりましたが、「捨てる」ということは、そういうことなんだろうと気づきました。
大げさに言うと、わが家の隣にブックオフやユニクロがあれば、本や服を持たなくてもいいではないか…。
大きな書斎や、大きなクローゼットをもっていると思えばいいのだ…。
まぁ、極論ですが(笑)。

昨年、鬼籍に入った会社の先輩ですが、奥様のお話では、余命を宣告されてから終活するにあたり、まず最初にやったことは、大量の蔵書を処分することだったそうです。
それこそ、墓場まで持っていけないということなんでしょう。

本は自分にとって価値のある宝物でも、他人にはゴミとしか映りません。
死ねば、みんなゴミになるということを忘れてはならないと思います。

本にしろ、服にしろ、思い出の品や写真にしろ、“とりあえずとって”とおかれたモノは、結局はゴミになる前にワンステップ置かれただけであり、“とりあえず”は「捨てる」ことからの“逃げ”だといえるのではないでしょうか。

思い切った断捨離までとはいかなくても、そろそろ老いの入口に立った私にとって、「捨てる」ことをとっかかりに終活の準備を始めるのは、ごく順当なんだろうと思います。


20210128001htre.jpg

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ

関連記事
スポンサーサイト



[ 2021/01/28 ] 日記 | TB(0) | CM(4)

娘達へ

 こんにちは。
断捨離は人それぞれでしょうね。
 ・一気に捨てる。
 ・ボチボチ捨てる。
 ・断捨離はしない。
私はボチボチ派です。

しかし、断捨離よりも残された者が必要な手続きに困らないよう準備しておく
方が大事だと思っています。
私には娘が二人います。
財産があるわけではないのですが、それでも相続の手続きは必要です。
また、保険、電気、ガス等、諸々の契約解除に必要な連絡先などを娘達は知り
ません。
手続きには税金、年金に関することや、その他把握しておかないと出来ないことが色々あります。
親戚住所録・電話番号、年賀状差し出し先リストも今後の付き合いで必要です。

そこで娘達が困らないよう、各種手続きに必要な重要書類、印鑑等の保管場所や
連絡先リスト等を記載した文書を作成しました。
読めば分かるように全ての事項を網羅した文書を作成し、2部印刷して文書の
保管場所を二人に伝えています。
必要な事項はできるだけ詳細に記載したのでA4用紙9枚になりました。
文書内容は娘達に説明したので、諸手続きに困ることはないと思っています。

遺言ではありませんが、心身ともに健全なときでないとできませんし、親の務めと考え作成しました。
変更事項があれば都度改訂し、1年に一度全体を見直し最新版を保管するように
しています。
最新版を何度も作成できることが望ましいのですが・・・
[ 2021/01/29 15:24 ] [ 編集 ]

歩き旅さんへ

コメントありがとうございます!
終活でなくとも、書類やパスワード、保険、預金等の整理は必要だね、とカミさんと話しています。
私は一昨年長期の入院をしたとき、IDやパスワードを整理したメモをカミさんに渡しました。
最近始めたのは、画像整理です。
ほとんどのデータはPCのハードディスクに入っているので、バックアップをまめに取ることにしました。
印画紙の写真はほとんどなくなりましたね。
暇を見て、今度はアルバムの写真をデジタル化しようかと思っています。
[ 2021/01/29 20:12 ] [ 編集 ]

凄い数の書籍にただただ圧倒されます(笑)これはすごいですね!!
ブログを拝見していると色々と言葉の表現の使い方とか勉強になりますよ。
本を読んでこなかった僕にはまだまだ知らない日本語はいくらでもあると思います。

衣類の話、僕もどっちかと言うとかみさん派です!色褪せしたものや破れたものはすぐ捨てますよ(愛着のない冷酷な考えかもしれませんが)大事に獲っておくのも良し、断捨離するのもよし、まぁ人それぞれだと思います!!
[ 2021/01/29 20:16 ] [ 編集 ]

ナベさんへ

コメントありがとうございます!
本を読んでも、なかなか文章が上達しません。
こればかりは才能なしと諦めています。
老婆心ながら、読書することはきっと役立ちますよ。
[ 2021/01/31 19:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://tsuchinoko2006.blog.fc2.com/tb.php/2521-7e7a7be9