2021 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312021 08

マイケル・ボーンスタイン著『4歳の僕はこうしてアウシュヴィッツから生還した』を読む

一週間近く降り続いた雨がようやく上がりました。
私の体調は天候に影響するのか、低気圧が近づくと体の節々が痛み、筋肉痛に悩まされます。
ここ数日は五十肩の痛みにプラスして体が悲鳴を上げていたので、正直、雨は勘弁してほしいですね。

薄曇りになった今日、気になっていた花壇の植え替作業をしました。
ホームセンターで日日草とマリーゴールドを購入し、今まで頑張ってくれたビオラと交換です。
プランターには昨年収穫した朝顔のタネを撒きました。
ついでに購入したミニトマトの苗も植えたので、これからの成長が楽しみ…と思って、作業が終わってカミさんと一息ついていたら、申し合わせたように雨がパラパラ。
どおりで、腰や肩が痛み出したわけです。

さて、話題を変えて…
このところ集中力が低下したこともあり、読書のペースが落ちていますが、ようやく一冊読了。

マイケル・ボーンスタイン著『4歳の僕はこうしてアウシュヴィッツから生還した』の感想を。
アウシュヴィッツで生還した最年少の子供となった著者のノンフィクションです。

幼いころの記憶はどこまで遡ることができるのだろう?
自身を振り返ってみても断片的な記憶でさえほとんど浮かびませんが、死の収容所といわれたアウシュヴィッツで体験したホロコーストの恐怖は、4歳の少年にとって一生忘れることができない記憶として残ったようです。

また、著者を取り巻く家族の証言や情報を手繰り寄せ、収容されてからソ連軍に解放されるまでの状況も克明に描いていきます。
ゲットーから脱出して捕まったユダヤ人を冷酷に殺害するナチスSSや、ユダヤ人に対するポーランド人の執拗な差別は戦時下ならではといえ、その異常性に驚くばかりです。
この物語は収容所から解放された後のことも詳しく書かれていますが、戦後を力強く生き延びたマイケル少年と、その一族の苦難の歴史をノンフィクションとして再現した努力に敬意を表したいと思います。

生還者が減少し、年々風化していくホロコーストの事実を知る上で、後世に残る貴重な資料になったと思います。

20210521001ytre.jpg

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ

関連記事
スポンサーサイト



[ 2021/05/22 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://tsuchinoko2006.blog.fc2.com/tb.php/2552-89fcc887