スピルバーグ版『ウエストサイドストーリー』を観た

今年初めての映画を観てきました。
スピルバーグ監督『ウエストサイドストーリー』。

1961年公開の超名作のリメイク版です。
まん延防止のコロナ禍とあって座席は一人置きでしたが、金曜の平日なのにけっこう埋まっていました。

ストーリーはオリジナル版に近いですが、何といっても1960年代のニューヨークのスラムを再現したセットが素晴らしい。
スピルバークならではの緻密な映像描写や演出もさすがである。
もちろん、歌やダンスも。

そして、ヒロイン役のマリアを演じたレイチェル・ゼグラー。
清楚で綺麗な女優さんです。

久しぶりに堪能できた映画でした。
オリジナル版も、もう一度観たくなりました。

20220219001.jpg

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ

関連記事
スポンサーサイト



[ 2022/02/19 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://tsuchinoko2006.blog.fc2.com/tb.php/2643-ccf4a8ef