2023 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312024 01

瑞浪『かま濃』味噌カツ丼セット&味噌煮込みうどん

昨日、劇団四季の『キャッツ』名古屋公演のチケットを取りました。
少しでも良い席をと思うのは皆同じみたいで、ネット予約の10時のスタートと同時にみるみる埋まっていく。
良い席は会員優先ですでに空席はなく、6月のスケジュールまでS席の前方の席はほとんど残っていませんでした。
私のような一般予約では、厳しいところです。

ようやく確保できたのは、6月後半の平日のチケット。
中央11列目をゲットすることができました。
同じ12000円を払うならもう少し前の席で観たかったですが、まぁ仕方がないですね。

『キャッツ』は25年くらい前にニューヨークのブロードウェイで観ましたが、客席数も少なく、それこそ“かぶりつき”のような席で観ることができました。
当日発売のディスカウントチケットでしたが、猫のメークの毛一本一本まで見えるパフォーマンスでした。
日本のように1200席もあると、後方ではよく見えません。
数年前に観た『オペラ座の怪人』も同様で、S席でしたがステージは遥か遠く、金をドブに捨てたような気分になりました。
映画と違って、ミュージカルは客席数が多すぎるのはいただけませんね。

…ということで、実は今回のチケットを予約する前、知多半島のふぐ料理を紹介する番組をカミさんと観ていました。
タレントが頬張る、ふぐ料理の美味しそうなこと。
ヨダレが出てきます。

フルコースの料金は二人で24000円。
そんな時、新聞で知ったのがキャッツのネット予約の記事。

料金は偶然にも同じです。
年金暮らしの年寄りには大金です。
両方とも楽しむのは無理なんです。
天秤にかけましたね(笑)。

未練たらたらですが、ふぐのフルコースはぐっと我慢して、キャッツになった次第です。

さて、前置きが長くなりましたが、いつものように食レポを。
今回は、岐阜県瑞浪市の『かま濃本店』さん。
道の駅『きなーた』に隣接しています。

この店の一番人気のメニューはデミグラスソースをかけたオムライス。
うどん屋さんなのに、オムライスとは。

ちょっばかしそそられましたが、初訪店なので、カミさんは看板メニューの味噌煮込みうどん(819円)、私は味噌カツ丼セット(1146円)を。

味噌煮込みうどんは、うどんはかなり固め。
弾力があってアゴが疲れる固さですが、名古屋の山本屋系列を彷彿とさせます。
味噌もコクがあって美味いです。
岐阜県でこのレベルの味噌煮込みはなかなかありません。

そして、味噌カツ丼ですが、一口食べて、鼻にツーンとくるようなアルコール臭にやられました。
味噌タレにはかなり酒を使っているかもしれません。

分厚く重量感がある豚肉は柔らかく、衣はカリカリ感があって揚げ方が抜群です。
酔っぱらうんじゃないかと思うくらい酒の匂いをかみしめながら、温玉をかきまぜて完食しました。
モチモチ感とコシがあるミニうどんも、優しいだし汁によくなじんでいました。

『かま濃』さんは多治見市周辺にも支店がいくつかあるようなので、次回は人気メニューのオムライスにチャレンジしたいと思います。

20221221_114412.jpg

20221221_114446.jpg

20221221_114455.jpg

20221221_114357.jpg

20221221_113529.jpg

20221221_113544.jpg

20221221_113516.jpg

20221221_113445.jpg
※『かま濃瑞浪本店』岐阜県瑞浪市土岐町6082-1 水休

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ


PVアクセスランキング にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://tsuchinoko2006.blog.fc2.com/tb.php/2854-f0b29bed