2024 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312024 04

下街道を歩く③ 神領~名古屋

春日井市の神領で中断した前回の旅から5日。
名古屋という大都市へ向かう街道歩きに魅力を感じない理由から打ち止めにしたのに、やはりウォーキングの虫が疼いてしまう。

気まぐれ、優柔不断の性格は治しようがない。
結局、終点(起点)の名古屋を目指して歩くことにした。

9時30分にJR中央西線神領駅を出発。
前回中断した下街道の合流点に向かう。

下街道は国道19号線に沿って、絶妙な感覚を保って名古屋に向かっている。
それにしても豪邸が多い。
財を成した人が住んだのだろうか。
古い家屋や商店の名残はわずかしかないが、建て替えられた家屋は土地も広く豪邸揃いである。
春日井市の鳥居松まではそんな風景に驚きながら歩いた。

JR勝川駅を抜け、国道19号線に出て庄内川を渡り、名古屋市に突入。
ここから大曽根までは住宅街を縫うように続く道を歩くが、単調で面白味はなかった。

大曽根商店街を抜け、代官町の交差点に出ると、善光寺街道の起点道標があった。
下街道はそのまま西に向かって続いているので、そのままずんずん歩いていく。

テレビ塔が見える久屋通りを横断し、今や京町通と名を変えた下街道は、本町通りと交差。
善光寺道の道標があり、そこから南下し、桜通りを横切るとモニュメントがある伝馬会所札の辻まではすぐだった。
(最後の最後に、モニュメントを撮り忘れるというヘマをやった)

恵那の起点から三日をかけて歩いた下街道だったが、やはりというか、山里を歩く郊外のほうが格段に面白かったように思う。
名古屋の札の辻にゴールした時は、サラリーマン時代に勤めていた会社のビルがすぐ近くで、更に驚いてしまった。

知らないということは恐ろしい。

帰路は、そのまま栄にあるモンベルに訪店し、トレールランニング用のシューズを購入。
今年の歩き旅が楽しみである。

■歩いた距離17.16㎞
■歩数 26411歩

20230209_094558.jpg
※四季桜が咲く下街道を行く(春日井)

20230209_100850.jpg
※石仏が安置された祠があった(春日井)

20230209_101436.jpg
※観音堂(春日井)

20230209_101445.jpg
※観音堂に安置された石仏

20230209_101815.jpg
※同上。下街道双六が貼られていた。なかなか素晴らしいデザインです

20230209_102050.jpg
※明治天皇休憩所の碑と春日井市立郷土館(春日井)

20230209_102151.jpg
※古い建物がぽつりぽつりと出てきた(春日井)

20230209_102225.jpg
※町起こしだろうか、鳥居松商店街の店のシャッターに児童たちが書いた絵や書が貼られていた(春日井)

20230209_102633.jpg
※下街道は道幅も広く、クルマも通らないので歩きやすい(春日井)

20230209_102639.jpg
※秋葉山常夜燈(春日井)

20230209_103750.jpg
※鳥居松から勝川に向かう途中にあった石仏(春日井)

20230209_104824.jpg
※同上

20230209_112533.jpg
※本日のランチ(勝川・きしめん茶屋890円)

20230209_115136_01.jpg
※愛宕神社(春日井)

20230209_115546.jpg
※勝川にある旅籠。長谷川邸(屋号住吉屋)(春日井)

20230209_120314.jpg
※庄内川を渡り名古屋市に突入

20230209_120752.jpg
※庄内橋から下街道を見る(名古屋市)

20230209_122646.jpg
※矢田川を渡る(名古屋市)

20230209_125923.jpg
※下街道は大曽根商店街を通っていた(名古屋市)

20230209_133439.jpg
※代官町の交差点に出ると、善光寺街道の起点道標があった(名古屋市)

20230209_133708.jpg
※円明寺境内にある石鐘(名古屋市)

20230209_134145.jpg
※1948(昭和23)年創業の澤井コーヒー本店(名古屋市)

20230209_140153.jpg
※テレビ塔を横目に久屋公園を横切った(名古屋市)

20230209_141523.jpg
※善光寺道の道標(名古屋市)

20230209_141532.jpg
※同上(名古屋市)

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ


PVアクセスランキング にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://tsuchinoko2006.blog.fc2.com/tb.php/2862-33c0726d