2024 031234567891011121314151617181920212223242526272829302024 05

父の終い

長らく更新を中断していました。

老父が亡くなり一週間が過ぎ、少し落ち着いてきました。

心不全が悪化し、年明けに入院した父は、ひと月近くも意識がないまま点滴だけで死の床にいました。
医師からはあと数日と、告げられても頑張り続ける父。

逝けないのはどうしてなのか?
残す思いがあるのだろうか?

そればかり考えていました。

父が息を引き取った日は、奇しくも5年前に亡くなったすぐ下の弟(叔父)の命日。
私はその日が近づくにつれ、父が亡くなる日を確信していきました。

これは偶然でもなく、父は、仲の良かった叔父が迎えに来るのを待っていたに違いありません。

父には、私がお遍路で使った白衣を着せ、傍らに金剛杖を収め、住職だった叔父の絡子を首に提げて送り出しました。

子供と孫たちだけのささやかな家族葬でしたが、良い看取りができたと思います。

頑固で見栄っ張り、決して好々爺じゃなかった父でしたが、認知が進んだ晩年は、角が取れて良い顔になっていました。

日々弱っていく姿を見ながらの在宅での介護、死の床にあっても頑張り続ける姿に、老いても最期までしっかりと生き抜くことの意味を教えてくれたような気がしてなりません。

人は死ぬために生まれてくる…池波正太郎の言葉を反芻し、悔いのない人生をどう生きるのか、改めて心に刻みたいと思います。

20240208_093854.jpg

メインサイト『琺瑯看板探検隊が行く』もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 定年オヤジへ


PVアクセスランキング にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



[ 2024/02/08 ] ▼日記 | TB(0) | CM(16)

ぽっかりと心に穴が空いたようで…
いつかは来るこういう日がと思っていたも
いざとなると心の準備ってそう簡単にはできないもので
私が母を看取った時、そして、義母を看取った時がそうでした。

「悔いのない人生をどう生きるか」
そうですね。
私も入院してから感じ初めています。
悔いのないように生きなければって
最近は、そのことを強く思い始めて日々大事に過ごしていくようにしています。

お父様のご冥福をお祈りいたします。

[ 2024/02/08 18:40 ] [ 編集 ]

お悔やみ申し上げます
[ 2024/02/08 20:30 ] [ 編集 ]

ミントさんへ

コメントありがとうございます!
心の準備ができていても、さすがにその日がくると気落ちしました。

悔いのないように生きるのは、思っていてもなかなかできません。
生まれてこのかた、日々反省で生きています。
[ 2024/02/08 21:10 ] [ 編集 ]

まかみしさんへ

ありがとうございます。
落ちついたらまた歩く予定です。
[ 2024/02/08 21:11 ] [ 編集 ]

ご冥福をお祈りいたします
[ 2024/02/08 22:05 ] [ 編集 ]

お父上のご逝去にお悔やみ申し上げます。
大変だったことでしょう。
お体にお気をつけてそのうちまた歩き旅で心を癒してください。
[ 2024/02/08 22:37 ] [ 編集 ]

御尊父様の訃報に接し、心からお悔やみを申し上げます。
[ 2024/02/09 01:39 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2024/02/09 09:57 ] [ 編集 ]

タコノアシさんへ

お気遣い、ありがとうございます。
[ 2024/02/09 10:46 ] [ 編集 ]

bamiさんへ

恐れ入ります。
この数年は歩くことにも不自由していた父ですが、父の分まで歩きたいと思います。
[ 2024/02/09 10:51 ] [ 編集 ]

ままだびょんさんへ

お気遣いありがとうございます。
しばらくの間は落ち着きませんが、体調に留意して過ごしたいと思います。
[ 2024/02/09 11:04 ] [ 編集 ]

oldboy浮雲さんへ

ご丁寧に、ありがとうございます。
[ 2024/02/09 11:08 ] [ 編集 ]

弔意

ご愁傷さまでした。
心よりご冥福をお祈り申しあげます。
[ 2024/02/09 15:57 ] [ 編集 ]

TOCCINOさんへ

ありがとうございます。
[ 2024/02/09 17:31 ] [ 編集 ]

ご冥福をお祈りします。
実は、わたしの父も3日に亡くなりまして。
こちらは・・・本当に急というか・・・急でしたねー。
最初は実家でかかりつけ医に連れて行こうと思ったくらいで。
でも、車に乗せるの大変だなーと救急車をお願いし、大きい病院へ行ったところ、「いつ死んでもおかしくないので呼べる家族がいたら呼んで」と言われ、その日は仕事だったので、実家から来た電話に慌てて病院へ向かうも間に合わず旅立ってしまいました。

ひどくないですか!!(笑)
私が到着するのを待ってくれても・・・と思ったものの、
まぁある意味マイペースの父らしく、仕方ないなと思いました。
[ 2024/02/10 09:19 ] [ 編集 ]

igaigaさんへ

お父上のご冥福をお祈りします。
実は私も、連絡があってから駆け付けたのですが臨終には間に合いませんでした。
かろうじて二人の妹が間に合えて良かったと思います。
これから大変かと思いますが、どうぞご自愛ください。
[ 2024/02/10 20:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://tsuchinoko2006.blog.fc2.com/tb.php/3040-ba9320b0