甦るか、往年の愛車

整体治療から一晩経ったが、いつもより強い鈍痛が腰を走っている(悲)。
こうして治っていくのだろうか…まぁ、気長にやるしかない。

朝から、会社の先輩が我が家に遊びにきた。
近くの酒蔵開きに寄るついでだが、こちらも“そのついで”をいいことに、
昔使っていた、自転車を預けることにした。
何を隠そう、彼は自転車乗りである。
岐阜県のサイクリング愛好会の顧問をしており、自転車のことはめっぽう詳しい。
僕の愛車は、27年も前に乗っていたランドナー(ミヤタ・ルマン)と呼ばれるツーリングタイプである。
当時、ボーナスを全部はたいて買ったほどだから、けっこうな買い物だった。
週末になると、北陸や京都、信州などこれを担いでずいぶんと輪行をした。
その当時は独身だったし、登山やアウトドアにけっこう嵌まっていたから、
これで日本一周なんぞできたら最高だと、漠然とした夢を持っていた。
その愛車が20数年も物置のコヤシになっていたわけである。
今回、ひょんなことから、社内で自転車の話になったときに、
彼がメンテナンスを買って出てくれたわけである。

ボロボロになった輪行袋から愛車を引っ張り出してみると、
思わず、二人で「ひぇ~」…だった(笑)。
ハンドルやサドルのゴム部分は熱で溶け、タイヤもぺしゃんこだった。
しかし、変速機やブレーキパーツは錆もなくピカピカで、充分使えるシロモノだった。
メンテナンスはタイヤやパーツを交換し、組み立ててみるという。

もうすっかり組み立て方や、パンク修理の方法も忘れてしまったが、
甦った愛車にまたがり、走ってみるのが今から楽しみになってきた。
5月にはサイクリングで酒蔵巡りをしようや、という話にもなったし、
春に向かって、これからが楽しくなりそうだ。
おっと、その前に腰を治さなくちゃぁ…。

自転車
関連記事
スポンサーサイト



[ 2010/03/28 ] 登山/自転車 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://tsuchinoko2006.blog.fc2.com/tb.php/387-5f800b0e