2022 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312022 11

『桜田門外の変』を観た

佐藤純彌監督作品の『桜田門外の変』を観た。
封切2日目の日曜とあって、客席はそこそこ埋まっていた。
でも、お年寄りばかり(笑)。
このところ時代劇以外の作品も観ているが、やはりお年寄りが多いな。

大好きな吉村昭の原作とあって大いに期待していたが、井伊直弼の襲撃シーン以外は陳腐。
血しぶきが飛び、ちょっとやりすぎの感もあるが、実際のケースもこんなだったのだろう。
前半のクライマックスに桜田門の襲撃シーンがきて、そのあとは主人公の回想や、追っ手から逃げるシーンばかりなので、食傷気味かつ抑揚に乏しい。
回想場面も頻繁に出てくると、背景とストーリーがつながらなくなってくる。
このあたりはマイナスか。
評価は☆☆★★★…こんなところかな。

関連記事
スポンサーサイト



[ 2010/10/17 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://tsuchinoko2006.blog.fc2.com/tb.php/444-30071714