2022 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312022 11

大雪と本の整理

朝から雪になって、お昼の時点ですでに15センチくらい積もりました。この冬始めての積雪です。
ちょっとうれしくて、デジカメで雪景色なんぞ写したり、カーポートの雪下ろしやったり…カミさんも「雪だるま作ろうか」なんて、はしゃいでいる…のどかな昼下がりです。
先日から始めた本の整理ですが、一向にはかどらず、床の上に積み上げたまま、腕を組んで、ぼんやりとため息ついてます(ハァ~)。
本の在庫もざっと数えた時と大幅に違っていて、山の本だけでも300冊、雑誌も300冊を超えていた。
このところヤフオクを見ながら自分なりに研究しているのですが、本のオークションはかなり厳しいですねぇ。状態が良くて、安くて、しかも人気がある本じゃないと入札がかからない。
ヤフオクに関しては未経験なんで、これから出品者として登録→入札確認→入金確認→梱包→発送→評価…。こんな面倒なことができるもんかいな、とちょっと焦っています。
出品する大変さは責任も重いし、買う立場とまったく違いますねぇ。
ヤフオクの経験がある方がいらっしゃったら、ド素人の私にぜひアドバイスをいただきたいです。待ってます。

■最近観た映画
「男はつらいよ 寅次郎心の青春」第45作 山田洋次監督 日本 1992 BS ☆☆☆☆★

これがホントの寒椿かな

なんとかしないと…

関連記事
スポンサーサイト



[ 2007/01/07 ] 日記 | TB(0) | CM(4)

本の整理

つちのこさん

alfa3と申します。突然の書き込み失礼します。

あることを調べたくてグーグルを検索していたところ、たまたま、つちのこさんの本読み虫2000というページがひっかかりました(これまた失礼)。私も本は嫌いではないので、どんな本に5星がついているのかなぁと眺め、ホームページを拝見したところ私と同じ1958年生まれということでなんとなく親近感を感じてしまいました。

それにしても、すごい蔵書ですね。
私もかつては結構な本と雑誌を溜め込んでいましたが、家族からのプレッシャーを受け、90年代の海外転勤を機にかなりの蔵書を処分してしまいました。当時すでにブックオフがあったと思いましたが、二束三文にしかならなかった記憶があります。

つちこのさんのブログを全部拝見していないので、ひょっとしたら良くご存知かもしれませんが、Amazonで古本を売ることもできますよ。写真撮影や支払に関するやりとりがない分ヤフオクよりは楽だと思います。
私は海外から帰国後も、いまある本棚に入る以上に本を増やさないことという家族からのお達しもあり、本は極力買わずに図書館で借りて読むことにしています。そうはいっても、図書館にない本や長い順番待ちの本は買うことになりますが、その分は別の本を処分することになります。
昨年からAmazonで本を処分し始めましたが、いつまでに処分しなければならないという期限がない限り、出品して待っていればよいので比較的楽チンです。ただし、梱包と発送は必ず必要ですけどね。売れた本のお金でたまに家族にプレゼントなどしておくと、梱包を手伝ってくれたりすることもありますよ。
ベストセラーなどはほとんど値段がつかないので、Amazonでの販売には不向きですが、古い本や珍しい本は意外と高値がついたりして面白いです。プロマーチャントという大口出品者に登録しない限り売れるまで手数料もかかりませんし、急がない方に適していると思います。販売手数料は結構とられますけど。

本読み虫、期待していますので、ぜひ続けてくださいね。2000年の頃に比較して、書評が少なくなっているのはお仕事がお忙しいからでしょうか。本を選ぶ際の参考にさせていただきますので、今後もよろしくお願いします。

[ 2007/01/09 17:32 ] [ 編集 ]

アドバイスありがとうございます

alfa3さん、こんばんは~
私と同じ1958年生まれということ、親近感があります。
最近、ちくま新書から布施克彦著「昭和33年」という本が出ました。自分が生まれた昭和33年という年をもっと知りたくて、読んでいます。折を見てブログに感想など書いてみたいと思います。
ところで、「本読み虫」を見てくださりありがとうございます。
「本読み虫」は1999年から3年にわたって、書評サイトとして運営しましたが、思うところがあって閉鎖しました。実際には本を読んで、読書感想を綴る苦しさがけっこう辛かったというのが本音です。
ご指摘の通り、最近は読書量も減って、好きなときに好きな本を読み、気が向いたら感想を書く…こんな感じで楽しんでます。
Amazonのマーケットプレイスの情報ありがとうございます。何度か購入はしているのですが、出品はしたことがありません。
たしかに、気長に処分していくには良い方法のようですね。
本については、一律送料が340円保証されるようですが、実際の発送では冊子小包を利用されるのでしょうか。それともメール便ですか?それ以上の重さは定形外か、宅配便なのでしょうか。発送方法については出品者の裁量で決定ができるのでしょうか。
差し支えないようでしたら、ぜひご教示ください。

※昭和33年生まれの会社の同僚と、「燦々会」という変なグループを作って、飲んでます。憂さ晴らしのささやかな楽しみです(笑)。
[ 2007/01/10 00:01 ] [ 編集 ]

Amazon

つちのこさん
「昭和33年」ぜひ読んでみたいと思います。

書評を書くって難しいですよね。Amazonのカスタマーレビューでもヘビーライターがいらっしゃいますが、感心してしまいます。私の場合は、図書館で本を借りて読むようになってから同じ本を二度借りる(同じ本を二度買うばかなことをしたこともありましたが)ことのないように、備忘録的に簡単な読後感を個人的に残すようにしているのが関の山です。

Amazonマーケットプレイスでの販売ですが、国内送料は340円となっていますが、実際にはここからAmazonの配送料に関わる手数料80円が引かれますので実質的には260円以内で送らないと足が出ることになります。その他に成約料100円+販売金額の15%が差し引かれるので、結構な金額をAmazonに払うことになります。プロマーチャントという大口契約をすれば1冊100円の成約料は免除されますが、一月4900円の固定の登録料を払うことになりますので、一月に50冊以上の本を販売されるならメリットが出てきます。Amazonの手数料についてはQ&Aなどをよーく読まないとわからないので不親切です。わざとわかりにくくしているのかもしれませんが・・。
私は厚さ2cm未満であればメール便を、それ以上であれば冊子小包で発送していますが、重い本だと260円ではおさまらないこともあります。その分はあらかじめ出品価格に上乗せしておくべきなのでしょうが、よほどの大型本ででもない限りあまり気にしていません。ヤフオクのように配送方法を指定されたこともありませんし、メール便や冊子小包で送ってクレームを受けたこともありませんので、大丈夫なのではないでしょうか。
但し、冊子小包の場合は金額が表示されますので、購入者から送料を340円払っているのにそんなにかかっていないではないかというクレームを受けることもあるようです。
また、大口で販売されている方などは、クロネコと契約して通常より安い送料を適用してもらったり、厚みが2cmを超えてもメール便で送れたりすることがあるようです。さらに、Amazonの運営が脆弱なのか、売れたのにメールで連絡が来なかったり、期日に入金しないというトラブルも時々あるようですが、私の場合は、月に数冊ポツンポツンと売れる程度なので、あまり気にしてしていません。

出品自体は簡単ですので、一度試されてみてはどうでしょうか。

では、また機会がありましたらよろしくお願いします。
[ 2007/01/11 16:50 ] [ 編集 ]

出品してみました

alfa3さん、アドバイスありがとうございます。
早速、Amazonマーケットプレイスに何点か出品してみました。
確かに送料のことを考えると、価格設定が難しいですね。驚きなのは、1円で出品しているケースが多いことです。送料稼ぎなのでしょうか。発送の手間のことを考えると、ボランティアの世界ですね。
ヤフオクについては、そのしくみを体験する必要性を感じ、まずは落札をしてみました。
出品者とのやり取りを開始しましたが、慣れたところでオークションに出品してみたいと思います。
本を捨てるのはしのび難いですが、どんな形でも再利用されれば、本にとっては本望でしょうね。
面白い本がありましたら、ぜひ情報をください。
今後ともよろしくお願いします。
[ 2007/01/11 22:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://tsuchinoko2006.blog.fc2.com/tb.php/73-dd39d79c