2021 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312021 04

モノクロが似合う町、小樽を歩く その5

いよいよ小樽の白眉、運河まで来ました。

観光客で溢れかえる人臭い運河方面を避けて、南小樽から歩き出した歩数計の表示は、20000歩を超えました。

さて、小樽運河。
人生何度目かの訪問です。

撮影に夢中になっている僕を、一人だとみた中国人?観光客のカップルが、「撮ってほしい」とカメラを差し出します。
しばらく歩くと、今度は南方系?の方が、スマホを。

こんな感じで、にわかグローバル化したおとっあんは、夕暮れが迫る小雪がちらつく石畳の道を小樽駅に戻ります。


20141205002130.jpg

20141205002141.jpg

20141205002134.jpg

20141205002131.jpg
※撮影 Canon PowerShot G9  2014年11月30日


★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

関連記事
スポンサーサイト




No title

モノクロが似合う街並みですね。
1度だけ行ったことがあり
懐かしく写真を拝見しました。
いくら丼が美味しかった記憶が…。
素敵な写真に
応援ポチしました。
[ 2014/12/11 01:10 ] [ 編集 ]

小樽運河

今日は。

冬の小樽運河はモノクロが似合いますね。
寂しげです。

私は10回位は訪れていますが、何時も夏。

大勢の観光客で。。明るい雰囲気でした。

PPP。
[ 2014/12/11 17:13 ] [ 編集 ]

No title

kikilalacafeさん、こんばんは~
冬の景色は寒そうでモノクロの世界だと思います。
イクラ丼、小樽で食べると一層おいしく感じるのでは?
改めて小樽は良い町だと思います。
[ 2014/12/11 23:17 ] [ 編集 ]

No title

ijinさん、こんばんは~
夏の小樽、私も尋ねましたが、明るくて、冬とは対照的です。
季節を変えて訪ねると、通いなれた街並みも違ったものに思えてきますね。
[ 2014/12/11 23:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://tsuchinoko2006.blog.fc2.com/tb.php/928-da52b93e