2021 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312021 04

御嶽山 2014年暮れ

たくさんの犠牲者を出した御嶽山。
60キロ離れた、自宅近くの小高い丘からよく見えます。

噴煙が風に流れて、長く尾を引いています。

これまで何度もこの山に登ってきました。
1979年に有史以来の噴火をしたときは、鈴鹿山脈の頂からその様子を見ていました。
1990年以降は、未踏の沢を探しては、その頂を踏むという沢登りに夢中になりました。

渕を泳ぎ、滝を登り、たき火を囲んで幕営をし、ようやく尾根に這い上がって頂上直下の賽の河原に出ると、硫黄臭が鼻をつく。
もくもくと吹き上げる水蒸気を見ながら、この山に登った実感を味わっていました。

そんな御嶽山が、まさかとんでもない牙を剥くとは…。
あの穏やかだった御嶽山で遊んだ日々が、遠い昔に感じます。

犠牲者を哀悼するとともに、慣れ親しんだ山が、静かになる日がくることを祈っています。

20141229001.jpg

20141229002.jpg

20141228014acc.jpg
※撮影/1枚目…Canon EOS60D EF-S18-135mm F3.5-5.6IS   2014年12月28日 多治見/2枚目…冬の御嶽山頂上を目指す。2004年12月/3枚目…御嶽山の沢で 2005年7月

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

関連記事
スポンサーサイト



[ 2014/12/29 ] 登山/自転車 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://tsuchinoko2006.blog.fc2.com/tb.php/948-b8bdd9bd